.. TOP ... 情報1 ... 株とか ... ケチ術 ... 驚き ... 笑い1 ... 笑い2 ... 掲示板 ... メール ... リンク ...


OpenOfficeのLibreのほうとApacheのほうの両方のインストール手順のページを作りました。2013-09-29。こちらのリンク先(同一ウインドウで開きます)です。







----------下記はもはや古いです。上記をお読みください。ーーーーー



LibreOffice Windows, version 3.6.3日本語版をインストールしてみた。
  ( スーパーポータル > 情報1 > 当ページ )

概要および環境:
インストールの画像付き。LibreOffice Windows, version 3.6.3, Japanese.
(LibreOfficeのWindows版で インストール後にバージョンを見たらversion 3.6.3.2というもので、日本語版)
おいらのパソコンはWindows7のprofessionalで32bt版でSP1で、CPUがpentiumのdual-coreの3.20GHzでハードディスク空き容量は十分にある。メインメモリーも実質4GB。

では、本題です:

IE9で開いた。(ネット閲覧時はいつもはクロームだが)

http://ja.libreoffice.org/download/?type=win-x86&lang=ja&version=3.6.3

を開くと、

という画面が出た。

拡大すると、
 

「Main installer」 というリンク元をクリックした。(そのリンク元のすぐ下に 「204 MB (Torrent, Info)」 っていうリンク元があるけど、それではありません。)


そしたら、ほんの2秒ぐらいして、以下のようなボタンを押せっていう画面が出た。
ところで、マックとかWindowsとかLinuxとかの選択はなかった。結果的に、自動でおいらの場合のWindows用がダウンロード及びインストールされた。なお、この画像の時点では、ダウンロードさえしていない段階である。



その、下の部分を拡大すると、

実行 保存 キャンセル のうち、実行を押した。(保存というのは、通常は、他のパソコンにインストールするときに押して、保存してそれを、他のパソコンなどに入れてインストールするためのものです)
そしたら、ダウンロードが始まったのだが、ADSL40メガの環境でで3分ぐらいかかった。

ところで、ダウンロードとインストールの違いについて、洗濯機の購入・設置の場合にたとえて、説明しよう。ダウンロードは、洗濯機を家に梱包したまま運んで、家の玄関あたりに置いたのと同じことです。インストールは洗濯機を梱包から出して、設置場所に移動し、水道で水が入るように配管し、排水もうまく出来るようにし、アースをして、電源もちゃんと安全に電気が行くようにするってことです。
なので、ダウンロードに加えて、インストールも必要だってことです。



先ほど書いたとおり、実行を押したら、ダウンロードが始まった。3分ぐらいして、以下の画面になった。次へを押した




以下の画面のとおり、通常とカスタムがあるのだが、おいらは、上の方の通常をチェックして次へを押した。
(このソフトは、おいらは、ちゃんとしているソフトだと思ったので、ためらいなく、「通常」を押した。でも、ソフトの中にはカスタムを押してみないと安心できない場合がある。たとえば、通常を押したら、不要なツールバーまでインストールされる、っていうことがある。そういう不安がある場合はカスタムを押してみたほうが良い。カスタムっていう名前でなく他の用語の場合もある。で、このlibreofficeの場合は、おいらがインストールして結果の感想では、そのようなことが無いようである。)




すると、同じような画面が出た。でも今度のは、3つのうち、必要なのを複数でもいいから選択しろっていうやつ。




よく見えないので以下のとおり拡大画像を貼ります。

一番上はデスクトップにリンク元を作るっていうやつで、よくあるやつですね。
真ん中のは、「ユーザー補助ツールを有効にする」って書いてある。よくわからないけど、ヘルプが充実しているのか?お年寄りでも拡大とかで見やすくなるのか?よくわからないけど、チェックを入れて損はないと思ってチェックを入れました。
一番下のもよくわからないけど、たぶん、Windowsを起動するだけで、何もしなくても常駐されるってことだろう。常駐っていうのは、すぐにLibreofficeを立ち上げれるようにスタンバイされているってことです。たしかに、すぐに立ち上がって、便利なのだが、メインメモリーを消費するので、Windows全体の動作が鈍くなるという欠点がある。なので、おいらは、チェックを外した。すぐにといっても、たぶん、ほんの10秒ぐらいの違い(環境による)だと思いますし。

で、このようにおいらの想像を書いたのだが、インストール及び使用を行った結果、どうやら、その想像通りのようである。



で、インストールというボタンを押したら、以下のようにインストールが始まった。たしか、5分ぐらいかかった。インストール中に以下の様な説明が1,2行で出る。たとえば「今、・・・をインストール中だよ」っていうような旨の文である。インストールの段階に応じてその文の内容が変わる。



で、先ほども書いたが、インストールに5分ぐらいかかって、インストールが完了した。インストールボタンを押した後はなにもしないで5分ほど待つだけで、自動的に次に示す画面になる。



よく見えないので拡大した。インストールが完了したので、完了ボタンを押してウイザードを完了してください、って書いてある。
ところで、ウイザードとは、初心者でも簡単にインストールできるように、選択や確認をして→次へボタンを押し → さらに選択や確認をして→次へボタンを押し っていう感じで簡単にインストールなどができる方式のことです。



デスクトップを見たら、ちゃんと起動のためのリンクができていた。(実際は左上にできていたが、理解しやすいように、この位置においらが移動して、撮影した)(余談だが、おいらはWindowsのクラシックモードとかにしているので、スタートボタンがこういう形になっている))



それをクリックしたら、このようなメニューが出てきた。

このメニューの前半の6つのリンク元のうちのどれかひとつを押すと、当然、なにも入力されていないファイルが出る。

ためしに、このソフトの前身のオープンオフィス3.3で作ったファイル(すでに作ったファイル)のアイコンをクリックしたら、クリックしただけで、なにも設定をしていないのに、そのファイルが立ち上がった。自動でLibreofficeを優先的に起動するように設定されたということである。
このことで、次に示す@とAという点で注意したいことがある。
@ドキュメント(マイドキュメント)からの旧オープンオフィスのファイルのリンクは自動でlibreofficeで開く。ただし、スタートメニューに今まであった旧オープンオフィスのファイルは引き続き旧オープンオフィスで開いてしまう。
Aワードパッドもlibreofficeで開いてしまう。でも、おいらの場合は、ワードパッドのファイルはワードパッドのままにしておきたい。なので、ワードパッドだったファイルは引きつづき、ワードパッドで開くように設定を戻したい。その方法を書きます(windows7の場合です)・・・・→ スタートボタン→規定のプログラム→ファイルの酒類またはプロトコルのプログラムへの関連付け→一覧の中からワードパッドの拡張子である「.rtf」をクリックして反転→プログラムの変更というボタン→ワードパッドをクリックして反転→OK→閉じる。

話がそれたので、話を元に戻します。
上のメニュー画面の 「ヘルプ」 → 「libreofficeについて」 をクリックしたら、以下の画面が出た。
冒頭でも書いたが、
LibreOffice Windows, version 3.6.3, Japanese.をインストールしたら、結果として、このように、もっと詳細なバージョン名が表示された。すなわち、
LibreOfficeのWindows版で インストール後にバージョンを見たらversion 3.6.3.2という表示になっていた。まあ、詳細なバージョン番号が見れたってことですね。

うまくインストールできた。
まだ使い慣れていないけど、かなり便利そうです。



追記:
オープンオフィス3.3を以前から使っていました。
で、上記のように、libreOfficeもインストールしました。
で、2012-11-22にApache Open Office 3 (正式名 OpenOfficeorg 3.4.1)もインストールしました。
いかに詳細を書きます。

で、2012-11-22なんだけど、
今まで使っていた、オープンオフィス3.3のヘルプを見ると、バージョンアップできます、とかいうリンクがあった。で、バージョンアップしてみました。そしたら、
Apache Open Office 3 (正式名 OpenOfficeorg 3.4.1)というものがインストールされました。
どちらも、同一パソコンにインストールでき、同居させることができることを確認しました。

で、感想を書きます。とは言っても、まだ、2日間さえ使っていないのだが。
・Apacheのほうはツールボタンがいままでのopenのと同じなので、なじみやすい。特によく使う 保存(上書き保存の意味)ボタン がopenのと同じなので、そういう点ではApacheが使いやすい。
libreのほうのは よく使う 保存(上書き保存の意味)ボタンは A というマークなので、まだ慣れない。フォントの色 文字の背景 背景色 のボタンもまだ慣れない。まあ、ソフトが違うので、まだ慣れないのは当たり前だけど。
とりあえず、1ヶ月ぐらい、両方を使って、使いやすいほうがはっきりしたら、そっちの方を、通常使うソフトに設定します(上記の、「ワードパッドもlibreofficeで開いてしまう」というところを参照)。
┃..┃