.. TOP ... 情報1 ... 株とか ... 買う技 ... リンク ... 笑い1 ... 笑い2 ... 掲示板 ... メール ... ...

●●●年齢・干支の早見表
●●●年齢・学年の早見表





●●●言語矛盾の事典
●●●宇宙 時間 空間 の QアンドA
●●●英語のドラマでリスニング
●(英会話単語帳)   
●英会話
映画で英会話(リンク集)
●新しい言葉の辞書
●●●なぜ、アナウンサーは原稿をまったく見ない
●●●オープンオフィスのダウンロードインストールの仕方
●MDレコーダー(SJ-MR50)を買って使った報告
●掲示板
●MDレコーダー(SJ-MR50)を買って使った報告パート2
●●●ホームページの印刷で右端が途切れなくする方法etc
●●●ホームページ画像を拡大する方法(追加ソフト不要)
●パソコン画面に目印を付ける方法(追加ソフト不要)
●●●お気に入りを別ウインドウで開く方法
●●●バナー広告の動画を簡単に止める方法
●●●常に日本語入力ONにする方法(OFFも)
●●●ホームページビルダーで細線の枠を作る方法
●●●WILLCOM03の電池を使った充電器

当サイト名:スーパーポータル





 ↓広告

ホテル、旅館を予約するなら、旅行情報総合サイト「トラベルコちゃん」

常に日本語入力をONにする方法(OFFも)(いつも日本語入力状態にする方法(OFFも)):

要約:
このページの表題は、「常に日本語入力・・・」ですが、もっと実用的な、「長押しするだけでON・OFF切り替え」がお勧めです。すなわち、

ソフト名:Dさんの長押しIME起動2。バージョン:2.5.0。
公式ページ:http://dsan.blog74.fc2.com/blog-category-6.html
ソフト紹介サイトのvecterでのダウンロードページ:http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/util/se410793.html

で大丈夫です。
このフリーソフトの作成者の公式発表では対応OSはWindows XP/2000です。
でも、私が実際に使った経験で言うと WindowsXP、Windows7(32bit,64bit)、Windows10 Professional(64bit)が使えます。 なので、この流れではたぶんXP以後から10までのすべてのWindows系のOSで使えると思います。
長押し時間も変えれる。

追記(2016-12-31):
このソフトはlzhファイルなので、当然、解凍が必要です。解凍方法を知らない方は「lzh 解凍方法」などで検索してください。

┃スポンサードリンク


詳細説明 や 経緯 や 日本語入力関連のその他の情報 について:
長押しするだけで、日本語ON(または、OFF)にできるフリーソフト
 Dさんの長押しIME起動2 Ver.2.5.0 (32.6KB) (こちらのリンクでもOK)

「「「 (途中ですが追記です。2016-12-14時点)
上記のリンク先がだめな場合は
http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/util/se410793.html
で大丈夫です。ウインドウズ10でも使えました。
」」」 (追記はここまでです。)

WindowsXPはもちろんですが、Windows7でも確認済みです。っていうか、いつも私はWindows7で使っていて大変重宝しています。また、Windows8もWindows7と同系列なので、使えるはずです(私個人としては、未確認ですが)。

コメントが有りましたら、こちらのブログページのコメント欄にご記入願います(例えば、「Windows8やWindows10でも使えたよ」とか)(ただしWindows10は2015年後半にリリース)

追記(2015-06-01)(人によってはかなり重要):

今すぐにでも出来る方法(意外と簡単でしかもキーボードを見なくてもできる方法):
通常はキーボードの左上端から2番めに「半角/全角 漢字」というキーがあるはずです。それを押すだけで、ひらがな入力(ローマ字で入力してSpaceキーで変換する入力方法)になります。もう一度押すと直接入力(アルファベット入力)になります。つまり、一回押すごとにひらがな入力と直接入力が交互に変わります。
実に簡単な事です。しかも、「半角/全角 漢字」というキーはキーボードの端 または ほぼ端にあるので、今すぐにでも、キーボードを見ないでもこの切り替えができるようになれます。(もし無反応の場合は、適当な場所に適当な1文字を入力してください。それだけで反応します)
この方法は、割りと当り前のことなのですが、多くの人がわざわざ面倒なことをやっています。面倒なこととは、@わざわざマウスを手にとって、AIME言語バーにマウスポインターを持って行き、Bひらがな入力か直接入力かを選ぶためのメニューの部分をクリックし、Cひらがな入力(または直接入力)をクリックすることで決定することです。 

以上が要約です。以下は詳細です。
(ここより上は2015-05-07に追記しました)


●仕組みについて
パソコンというものは、おおまかに言うと、もともとアルファベット入力に戻ってしまう仕組みになっています。たとえ、日本語入力に切り替えても、いつの間にかアルファベット入力になるようにできています。(これはおおまかな説明ですので、詳しくは後述で)

●常に日本語入力ONにする方法
 TrayIME (こちらのリンクでもOK) というフリーソフトをインストールすればOK。

また、上記のソフトも便利のようですが、私は下記のソフトを使っています。パソコンの使用のパターンによってはこちら(下記)のほうが便利という人も多いです。

●長押しするだけで、日本語ON(または、OFF)にできるフリーソフト
 Dさんの長押しIME起動2 Ver.2.5.0 (32.6KB) (こちらのリンクでもOK)(フリーソフト。対応OS: Windows2000、XP) というフリーソフトをインストールすればOK。
(追記2012-02-09木曜日: 私は、Windows 7でも実際に使っている))
すなわち、常に日本語入力 ではなく 長押しするだけで日本語入力ON(再度、長押しをすればOFF)ということです。たとえば、「suzuki自動車」という単語を入力する場合は → 「i」の次に「j」を長押しすればいい。
追記(09年12月16日 水曜): google日本語入力というIMEが最近リリースされましたが、この長押しIME起動2にも対応していることを確認しました。すなわち、長押しIME起動2をはじめっから使っている状態でgoogle日本語入力をインストールしただけなのに、google日本語入力で入力しながら長押しで日本語入力に切り替えたり、その逆の切り替えをしたりできました。で、現に私はこれら(google日本語入力と長押しIME起動2)を利用しています。
追記(2013-04-30): このDさんの長押しIME起動2をずーっと使っているけど、ものすごく便利。なんといっても、切り替えるにはキーボードを長押しするだけなのだから。長押し時間とか禁止キーとかも設定できるし。

あくまで私事ですが、このソフト2つの各々のリンク先ページを見て、後者が私の希望に近いので私は後者使っています。でも、前者の方が自分に合っているという人もいるでしょう。

●注意:
以前は 「Dさんの日本語じゃなきゃイヤン」がありました。でも、時代の流れには勝てず、欠点が生じたためか理由はわかりませんが、配布を停止したようです。欠点とは: Dさんの日本語じゃなきゃイヤンは、 IE7には対応していないようです。FIREFOXにも対応していないようです。現在、ネットでは配布していません。2008年7月13日 日曜日現在。

●QアンドA:
質問: なぜ、パソコンというものはアルファベット入力に戻ってしまうのですか?
解答: まず、質問内容が適切でないので、適切な質問に言い換えさせてください。・・・・・「ウインドウズに日本語入力ソフトを常駐させて、WORDやEXCELやインターネットエクスプローラなどを使うことが多いと思います。その場合、たとえば、WORDを起動させて文字を入力するとアルファベット入力になってしまい、日本語入力はできません。<<<ここで言葉の整理をしなければなりません。すなわち、 半角英数入力=直接入力=アルファベット入力=日本語OFF です。>>> だから、日本語を入力するために 半角/全角漢字 というキーを押して、日本語に入力に切り替えます(またはIMEバーをクリックして切り替えます)。これで、WORDに日本語を入力できます。ところが、次にEXCELやインターネットエクスプローラを起動して、そこに日本語を入力しようとするとまたアルファベットの入力モードになってしまいます。他のアプリケーションやウインドウを開いても日本語入力のままになるようにしたいです(以後は便宜上「日本語入力固定」という表現にします)。でも、日本語入力ソフトのMS-IMEやATOKの設定を変えたりして日本語入力のままになるようにいろいろと試みましたが、どうしてもできません。どうすればできますか?できないなら、どういう動機があって、日本語入力固定という機能を付けなかったのですか?」
これが適切な質問内容でしょう。
まず、どうすれば日本語入力固定ができますか?についてですが、結論を言うと「できません」です。でも、冒頭に記したフリーソフトを使えばできます。
つぎに、どういう動機があって、日本語入力固定という機能を付けなかったのか?ということですが、
結論から言うと、「わかりません」です。でも、それでは気が収まらない人がいるかもしれないので、私の想像で答えましょう。→ たぶん、ウィンドウズはまず英語版を作ってそれに付加するという形で日本語版ウインドウズができている(あるいは日本語入力ソフトを常駐させている)からかも。あるいは、ソフトの製作で使うコンピュータ言語はアルファベットを使うからかも。あるいは、別のソフトウエアーに切り替えたなら、言語入力方式は初期に戻すのが昔からのやり方だからかも(つまり伝統というか歴史的事情)。  あらためて申しますが、私は理由がわかりません。(これでは、解答になっていませんが、実用上はどうでもいいことなので、強引ながら、説明はこれで終わりたいと思います。)



●かなり関連する情報。Q&Aで説明します。    2011-08-31追加
質問: 日本語入力ソフトを変更できません。すぐにもとに戻ってしまいます。

質問の詳細(具体例で説明):
私は普段はgoogle日本語入力という日本語入力ソフトを使っているんですが、一時的にMS-IMEを使う必要が出てきました。で、MS-IMEに切り替えたんですが、知らぬ間にすぐにgoogle日本語入力に戻ってしまうんです。どうすれば、MS-IMEを使えますか?なお、google日本語入力の代わりにatokでも同じです

  ↓↓↓  (他サイトの情報ですので次のURLを御覧ください。)

http://dejitaruanarogu.blog.fc2.com/blog-entry-25.html


●関連質問をもう一つ。 
質問: google日本語入力でATOKのように↓キーを押して変換する方法

質問の詳細:
私は、google日本語入力を使っているんですが、長い文を一気に変換する際に、ATOKならば「↓」を押すと右隣の文字列の変換作業に移れますよねー。私が使っているgoogle日本語入力でそのようにキーボード操作ができるように設定したいのですが。

  ↓↓↓  (他サイトの情報ですので次のURLを御覧ください。)

http://dejitaruanarogu.blog.fc2.com/blog-entry-86.html


追記(2016-11-30):

Q&A形式で書きます。

質問:
多くの人がやっているやり方で、ローマ字入力でひらがなを入力するやり方がありますよね。で、ある時、知らぬ間に(たぶん気がつかないで誤操作)ひらがなに変換できなくなることがあります。 
具体的にいうと、
例えば、「時計」を入力したい時は、キーボードに「tokei」と打つと、まず、「とけい」と表示され、次にスペースキーを押すと「時計」と表示され、最後に「Enter」キーで表示が決定されます。
でも、そうならないで、キーボードに「tokei」と打っても、変換しないで「tokei」と表示され、スペースキーを押しても「tokei」のままなんです。
じゃあ、キーボードの左上のあたりにある「半角/全角」を押せば普通は直るので、それを押してみます。でも、それでも直らないことがあるんです。なお、「Dさんの長押しIME起動2 」を使っているなら、任意のキーを長押ししてみればいいのですが、それでも直らないんです。
どうすれば直るのか教えて下さい。

回答:
これは簡単に直ります。言語バーを見ると「 a」または「 A」になっているはずです。まず → 言語バーのその「 a」または「 A」をクリック → プルダウンメニューが出るので「あ」をクリック。 → これで直ります。
原因:
原因ははっきし言って、わかりません。まあ、そういう不具合がある前後の様子をよく観察していれば、原因はわかるのだろうが、いつ起こるかわからない現象だし、多分原因がわかったところで、改善は何となく無理なんじゃないかと思うからです(なんとなくです)。回答のところで書いた方法なら、その場しのぎではあるが、実に簡単に直せるので、おいら的には「まっ、これでもいいか」って思っています。







以下は昔のページ内容です。参考のためにページ内容を残しました。


常に日本語入力ONにする方法(OFFも)

QアンドAの形で説明します。

Q.
私のパソコンは日本語で入力したいのに勝手に自動的に半角英数入力(=直接入力=アルファベット入力=日本語OFF)に切り替わってしまいます。で、日本語モードに手動で(クリックなどで)切り換えるとそのウインドウは日本語で入力できるようになるんですけど、別のウインドウやソフトを使おうとすると、また半角英数入力になってしまいます。ですから、再度、日本語に手動で切り換えなくてはなりません。たいへん不便です。いつも日本語にする方法を教えて。

A.
あなたのパソコンだけではありません。誰のパソコンでもそうなります(もちろん例外あり)。それが標準的な機能なんですから。では、本題に入ります。
その解決方法として、わたしはIMEソフト(私の場合はATOK16)の設定を変えたりアップデートしたりしてみました。でも、少なくとも私の場合は、解決できませんでした。
でも良いフリーソフトがあります。それは
Dさんの日本語じゃなきゃイヤン。
という名のソフトです。
その紹介ページ(上記リンク)にはWindows95-98-Me対応と書いてあるけど、私のWindows XP sp2 (ATOK16を使用) で問題なくインストールでき、たいへん快適に利用しています。私はMSIMEはまだ試していませんが、このリンクの説明やreadmeファイルを見た限りでは、大丈夫です(少なくともWindows95-98-Me使用時)。
今までの切り換え作業は何だったんだろうと思うくらい便利です。

Q
使い方を教えて

A
説明する前に言っておきますが、以下のことはたいへんめんどくさい感じがしますが、実際やってみると、たいした作業ではないし、慣れればほぼ無意識にできてしまう。くどいようだけど、もう一度言います。以下のことは慣れればほぼ無意識にできます。
場合分けして説明します。

●日本語を常にONにする場合:
このソフトを起動してOKを押す。
●日本語を常にOFFにする場合:
このソフトを起動しない。すでに起動してONにしていたなら、タスクバーにあるこのソフトのアイコンをクリックして終了を押し、半角/英数というキーを押す。
●とりあえず常に日本語ONにしておいて、必要なときだけOFFにする場合:
前もって言っておきますが、この作業はこのソフトを使っていないパソコンでも同じです。さて、
英単語をほんの少しだけ打ちたいときは、タイプで打ち、変換待ちの状態で,F10キーを1回押す。F10キーを2回押すと大文字になる。三回押すと最初の文字だけ大文字なる。
英単語をもっと多く連続して打つ場合(たとえば、英語の文を打つとか)は、半角/英数というキーを押す。元に戻す場合はもう一度、半角/英数というキーを押せばいい。
●とりあえず常に日本語OFFにしておいて、必要なときだけONにする場合:
このソフトを起動しない。すでに起動していたなら、終了させる。そして、このソフトをインストールする前と同様に使用する。当たり前のことですね。

Q
なぜ、IMEソフトはこんな面倒な風になっているんですか?

A
私もわかりません。謎です。
もしかすると、英語を優先させたいという日本人の国民性が原因かな。それとも、ソフト開発者にとってはこの方が便利だからとか。うーん、わかんないです。


■■