Sony Style(ソニースタイル)-
.. TOP ... 情報1 ... 株とか ... ケチ術 ... 驚き ... 笑い1 ... 笑い2 ... 掲示板 ... メール ... リンク ...

●●●年齢・干支の早見表
●●●年齢・学年の早見表
  

  
●●●言語矛盾の事典
●●●宇宙 時間 空間 の QアンドA
●●●英語のドラマでリスニング
●(英会話単語帳)   
●英会話
映画で英会話(リンク集)
●新しい言葉の辞書
●●●なぜ、アナウンサーは原稿をまったく見ない
●●●オープンオフィスのダウンロードインストールの仕方
●MDレコーダー(SJ-MR50)を買って使った報告
●掲示板
●MDレコーダー(SJ-MR50)を買って使った報告パート2
●●●ホームページの印刷で右端が途切れなくする方法etc
●●●ホームページ画像を拡大する方法(追加ソフト不要)
●パソコン画面に目印を付ける方法(追加ソフト不要)
●●●お気に入りを別ウインドウで開く方法
●●●バナー広告の動画を簡単に止める方法
●●●常に日本語入力ONにする方法(OFFも)
●●●ホームページビルダーで細線の枠を作る方法
●●●WILLCOM03の電池を使った充電器

当サイト名:スーパーポータル

Yahoo!ショッピング



Yahoo!ショッピング
















 ↓広告

合宿免許の総合ポータル免許取るネット!教習所や格安プランをご紹介。




OpenOfficeのLibreのほうとApacheのほうの両方のインストール手順のページを作りました。2013-09-29。こちらのリンク先(同一ウインドウで開きます)です。



 新ページができました。 ←もはや古い
LibreOffice Windows, version 3.6.3日本語版をインストールしてみた。インストールの画像付き。
ができました。こちらです。2012-11-12




下記すべては前身のオープンオフィスで、更新は停止しました。なので、もはや見ても無意味です。





注意: 当ページ(ver.3.1.1)はやや古いです。
    ↓↓↓
新しいページのオープンオフィスver.3.2.0およびver.3.2.1は こちら です。

最近および今後のバージョン履歴
ver. リリース日
3.1 2009年5月7日
3.1.1 2009年8月31日
3.2 2010年2月11日
    現在
3.3 今後(2010年内)にリリースを予定 ←この情報の抜粋元はこちら







なお、以下はすべて旧バージョンです。削除しても良いのですが、とりあえず残して置きました。

===========================

open office 3.1.1のダウンロードとインストール
の記録。

(これは私がインストールした記録です。誠実に記録しましたが、これを元に万一不具合やトラブルがあっても、当方は一切責任を負いません。自己責任でお願いします。)
言葉の整理: 洗濯機を自宅に設置することに例えると、洗濯機を宅配便が家に配達するのがダウンロードで、洗濯機に給水や排水や給電やアースをうまく施して使える状態にして設置することがインストールである
環境: Windows XP home edition sp3、 celeron CPU 3.06GHz(クロック周波数)、1GB RAM(メモリー)、HDD空き容量70GB(全150GBの内) ADSL40Mbps

リンク: 動画でオープンオフィスの使い方を見る JREのアップデートについて

まず、Google
に「オープンオフィス」と入力

検索ボタンを押すと、検索結果の上のほうに「ja: OpenOffice.org日本語プロジェクト」というサイトへのリンクがでるのでそれをクリック
すると、そのページが以下のように開く。

左のメニューの「最新版(3.1.1)ダウンロード」というところをクリックすると、この画面になる。

ページのやや下のほうへスクロールして

Windows
(146MB)
JRE付き
Windows 2000 SP2
以降, XP, Vista, 2003

というリンク元があったら、それをクリック(JREというのはJavaのことで、わたしのパソコンにはすでにジャバは入っているけど、構わずこれを押した)

すると、こういう小ウインドウが出る。

ところで、今後のウイザード(小ウインドウが出て、選択とかをして、次へとかを押すだけでいつの間にか完了するっていう方式)にはバージョン名が3.1になっていますが、3.1.1の意味のようです。3.1に属しているからかな?ウイザードの使い回し? ともかく、おいらが、このインストールを完了して、バージョンをチェックしたら、ちゃんと3.1.1になっていました.

それから、もうひとつ重要なことがあります.

おいらの場合のインストールは旧バージョンの設定を引き継ぐ形でインストールしたので、オープンオフィスを初めてインストールするパソコンの場合はやや違うかもしれない。しかし、ほとんどは同じだし、インストールまでは同じで、後の設定がやや異なるというだけだと思う。たとえば、MSoffceなどの他のオフィス製品より優先させてドキュメントを開きますか?というようなダイアログが出るかもしれません。

実行を押す。(保存を押した方がノイズみたいなバグみたいなのが入らないということを聞いたことがあるが、オープンオフィスの場合はいったんダウンロードしてからインストールするので、同じことだと思う。なので、実行を押した。まあ、ダウンロードしたファイルを他のパソコンにインストールするなら、保存を押すんですけどね。)

ダウンロードに5分ほどかかった(ADSL40Mの場合)。

このような小ウインドウが出る。

とりあえず他のプログラムを閉じ、ネットも切った方が良い。特に、セキュリティソフトを使用状態にしている場合、偶然、セキュリティソフトの自動インストールがあることもあるし。でも私はかまわず、実行するを押したけどね。

するとこの小ウインドウが出る。

次へを押す。すると、こういう小ウインドウが出る。

デスクトップに保存されるようだ。多分、保存してインストールした後は、この保存したものは不要になるから、デスクトップという、削除したくなる場所に指定したのかも。←後でわかったことだが、どうやら、自動的に削除してくれるようだ。 自動的に削除されたのかとばかり思っていた。でも、あとで、デスクトップをよく見たら、デスクトップに「OpenOffice.org 3.1 (ja) Installation Files 155 MB」という比較的巨大なフォルダーがあった。ゴミ箱へいれるという形で削除した(1ヶ月後あたりに、他のごみ箱内のファイルと共に完全削除の予定)。

展開 をクリック。すると、2つぐらい小ウインドウが出たが消えて、この小ウインドウが出た。

次へ を押した。

そしたら、この小ウインドウが出た。

おいらのこのパソコンは個人で使っているので、かまわず 次へ を押した。

すると、この小ウインドウが出た。

すべて (すでに選択されている)を選択して、次へ を押す。

すると、こういう小ウインドウが出る。

古い製品バージョンを削除して構わないし、デスクトップにショートカットを作っても良いので インストール を押した。

インストールの途中でこういう小ウインドウが出た。WORDを開いていたので閉じろってことです。同じオフィス製品だからか。

だから、WORDを閉じて、再試行のボタン(次へ と同じ意味)を押した。

約5分以上かけてインストールが完了した。

完了ボタンを押した。

なお、完了ボタンを押しても10秒近くは無反応なので、2度押しする必要はない。

ウイザードが消える(通常はデスクトップ画面だけになる)。
デスクトップのショートカットを押した。すると、こういう小ウインドウが出た。次へ を押した。

すると、こういう小ウインドウが出た。
なお、オープンオフィスをパソコンに初めてインストールする場合はこのダイアログは出ないはず。

オープンオフィス上の個人データは以前のバージョンと同じなので、そのまま次へを押した。

会社とかで使っているわけではないので、構わず、そのまま、次へを押した。

次の画面。自動的に更新をチェックした方が、ウイルス対策のバージョンアップの場合は安全なので、このチェックを入れたまま 次へ。

次の画面。おいらは登録しないにチェックを入れて次へを押して、完了ボタンを押した。でも、お世話になっているオープンオフィスに登録して、今後の自分のためにも少しでも、オープンオフィスに協力したいという方も多いでしょう。

なお、完了ボタンを押しても10秒近くは無反応なので、2度押しする必要はない。

すると、このようなメニューみたいのが出た。




ヘルプ→open office.org情報というところを押すと、バージョンが出ていて、3.1.1になっていた。

ウインドウズのスタート→ファイル名を指定して実行→msconfigOK→スタートアップ

この常駐ソフト一覧を見たら、今インストールした       open office 3.1というのがあってチェックが入っていた。常駐していると、open officeが早く立ち上がるという利点があるが、ウインドウズ全体の速度を遅くするという欠点もでる。どちらを優先させるかは、パソコンの使い方や方針で違うが、おいらは、あんまし頻繁にopen officeを使わないのでチェックを外した。注意: このmsconfigはパソコン初心者向けではないので、いい加減な操作はしないようにしてください。msconfigの専門知識のない方はいじらないでください。

とりあえず、PCを再起動した。

そして、スタート→すべてのプログラム→          open office org.3.1writer で開いた。

最初の起動だからか、起動に1分ぐらいかかった。

すると、品質向上のためのプログラムに参加しますかって出ていた。おいらは参加しない方を選んでOKを押した。

すると、writerが起動した。おいらは今までバージョン2.4を使っていたのだが、右下にスライドズームが出来ていた。これは便利だ。

以上でおいらのインストール報告は終わります。


おすすめリンク: 動画でオープンオフィスの使い方を見る



その後の状況について:
ぜいたくを言えば、起動がやや遅いですね。一般にどんなソフトもOS起動後初めての起動は常駐していない場合は遅い。しかし、2回目以降の起動は常駐しているのと同じ(たぶん)なので、かなり速くなる。
以下の表は私のパソコンでの記録です。オープンオフィスのwriterというワープロソフトの起動時間とMS word 2007の起動時間を比較した。PC環境は当ページの冒頭に記したとおり。また、20行ほど上に書いたとおり、常駐を外す設定をしている。

環境 OS再起動後最初の起動 2回目以降の起動
open office 3.1.1wirter 常駐なし 65秒 20秒
MS offce word 2007 常駐なし 20秒 7秒

2日後に試しに同じことをしたら、嬉しいことに、以下のとおり早くなっていた。なぜなのか?おそらく、前回の計測はOSを起動させてすぐに両ソフトを起動させたのだが、まだ、OS起動をさせてまもないので、裏でまだ動いていたのかも。すなわち、OS自身やセキュリティソフトや他の常駐ソフトが起動を完了していなかったのかも。
環境 OS再起動後最初の起動 2回目以降の起動
open office 3.1.1writer 常駐なし 45秒 10秒
MS offce word 2007 常駐なし 10秒 4秒

3日目も計測した。今度は、回数を増やしたので、簡単に書いた。オープンオフィスの初回起動は割と早かった。その他は、おおむね前日と同じ値ですね。
初回
ooo3.1.1writer 31 14 12 11 11 11
word2007 9 4 3.5 3.5 3.5 4

2週間後も計測してみた。
初回 5
ooo3.1.1writer 30.5 11 11 11 10.3
word2007 12.5 4 3.5 3.5 3.4

ということで、平均(厳密にいうと最頻値)は以下のとおりです。
初回 2回目以降
ooo3.1.1writer 31 11
word2007 12.5 3.5
・・・
           動画でオープンオフィスの使い方を見る


重要なこと:
正規サイトの改ざん、「JRE」の脆弱性も攻撃対象 - JPCERTが注意喚起 2009/12/25 という記事があるので更新を試みるために → スタート → コントロールパネル → java → アップデート(タブ) → ついでに言うが、「アップデートを自動的にチェック」にチェックを入れてなかったら入れる → 今すぐアップデート →  「このシステムはすでに最新のjava(TM)プラットフォームになっています。」というダイアログが出たいたので、安心した 

なお、このウイルス対策はおそらくセキュリティソフトではカバーしていないと思う(だから、このアップデートは重要っていうことです)。











以下は今回のページ更新前の内容です。削除しても良かったのですが、とりあえず下記に残しました。







オープンオフィスのダウンロードインストールの仕方
2005年11月16日(水)に大幅更新(その後、数回、小更新。

オープンオフィスのバージョン2正式版がリリースされたので、当ページを2005年11月16日(水)に更新しました。(注意: このページは私のインストール体験を書いたものに過ぎないので、インストール等についてはすべて自己責任でお願いします。)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
環境: WindowsXP home sp2

openoffice.org.2.0正式版のダウンロードインストールの例はこちら

ジャバのインストールについて
最近の方法
従来の方法(参考)

openoffice.org.2.0ベータの削除について

オープンオフィスのバージョン2のベータ版のインストールの記録はこちら(注意: ベータ版なのでもはや不要のはず)

▼ダウンロード 2.0正式版▼

先ずjavaのダウンロードについては http://www.java.com/ja/ のページで親切に書いてあるようなので利用するといいと思います。


さて、オープンオフィス2.0のダウンロードインストールについて:
2005年11月16日(水)にオープンオフィス2の正式版をインストールした際の記録。私はこのようにして、インストールできました。

openoffice.org.2.0のインストールが成功した例

http://ja.openoffice.org/download/2.0/index.html#download_application のページの
Windows 76.1 MB d85a7fba06498d7cac49db3d7165c262 の右に書いてある 「KDDI Lab、」 をクリック 
ファイルのダウンロード セキュリティーの警告 という小ウインドウが出る。
保存 をクリック
保存のための小ウインドウが出る。
保存する場所を指定するのだが、とりあえず、マイドキュメントにする。
マイドキュメント内の一覧が示される。
その一覧の空いているところで右クリック。
新規作成
フォルダー
新しいフォルダーという名前を「オープンオフィスのバージョン2.0」とかの名前に変更。
変更されてできたそのフォルダーをクリック。
フォルダー内のファイル名が自動的に OOo_2.0.0_Win32Intel_install_ja.exe になっていた。
保存、という名のボタン
すぐに(ほんの数秒(ADSLの場合))ダウンロードが完了する。
さて、これからがインストールです。
実行 というボタンを押す
たしか、もう一度 実行というボタンが出たのでその実行ボタンを押す。
たしか、さらにまた、別の形の 実行 というボタンが出たので実行というボタンを押す。

openoffice.org.2.0をダウンロードしていただき、ありがとうございます、という小ウインドウが出る。
次へ
出力先フォルダーを示した小ウインドウが出る。
展開というボタン
openoffice.org.2.0のinstallation wizardへようこそ
次へ
ライセンス条項の小ウインドウ
条項を読んで承諾したので、使用許諾契約の条項に同意します(A)を選択
次へ
ユーザ情報の小ウインドウ
おいらは何も入力しなかった。
このコンピュータを使用するすべてのユーザ を選択。
次へ
セットアップの種類の小ウインドウが出る。
すべて を選択
次へ
openoffice.org.2.0は自動的に次の種類のファイルを開きます、という所で、MSワード、エクセル、パワーポイントの選択が出る。これはどういう意味かというと、たとえば、docというファイルをクリックすると、MSワードではなくオープンオフィスのWriterで開きますよ、ということです。
おいらの場合は、自動的にそうして欲しいので3つともチェックを入れる。
次へ
インストール をクリック
インストールされる(15分ぐらいかかった)
installウィザードを完了しました、という小ウインドウ
完了ボタン。

さあ、インストールしたopenoffice.org.2.0を開いてみよう。
ウインドウズのスタートボタン
すべてのプログラム
openoffice.org.2.0というフォルダー
writerとかcalcとかいろいろなアプリケーションができている。
とりあえずwriterをクリック
最初の起動のためか、起動に1分25秒かかった。最初の40秒は何の反応もないので不安になるが、そういうものなのだろうからしょうがない。
openoffice.org.2.0へようこそ
英語のライセンス条項が出るので納得しながら、下へスクロール。
同意する
openoffice.org.1.1.0からの個人データの移行についての質問が出た。
おいらはそうして欲しいので、チェックを入れる。
次へ
ユーザーのフルネームとイニシャルを入力する小ウインドウが出る。
おいらは何も入力せずに
次へ
ユーザー登録についての小ウインドウがでる。
おいらは 登録しないをチェック
完了ボタン
数秒してwriterが出る。

OpenOfficeorg 2.0 Installation Files というフォルダーがデスクトップに残った。たぶん、ダウンロードの際に保存のボタンの方を押したからだろう。他のパソコンでも使う予定がないので削除した。必要になったら、またダウンロードすればいいのだし。

モニター画面の右下のタスクバーでオープンオフィスのアイコン(常駐ソフトの常駐を示すアイコン)があった。常駐をさせると、ウインドウズの起動後の最初のオープンオフィスの起動が速くなるという利点とひきかえに、ウインドウズ全体の動作が遅くなるという欠点が現れる。おいらはオープンオフィスをさほど頻繁に使わないので、スタートアップタブの中のチェックを外して常駐から除外した。(この作業はほんのちょっと高等なので、 http://www.nextftp.com/me_kaiteki/naiyou/startup-seiri.html を参照する。)

これですべて完了。

openoffice.org.2.0ベータの削除の例
では、バージョン2のベータ版の削除作業をしよう。

ウインドウズのスタートボタン
すべてのプログラム
ここにバージョン2のベータ版のフォルダーがあったが、アプリケーションの削除のプログラムが見つからなかった。
仕方ないので、
スタートボタン
コントロールパネル
プログラムの追加と削除
openoffice.org 1.9.79
削除ボタン
・・・を削除しますか?
はい
インストールを実行させるためにはこのアプリケーションを終了する必要があります。ja ; openoffice.org 2.0 ダウンロード IE(このアプリケーションはインターネットエクスプローラで開いていた某ページです。だから、状況によっては他の名前が出る。)
その名前のインターネットエクスプローラを閉じる
インターネットエクスプローラ他のウインドウも同様に閉じる。
再試行ボタン
処理が進む(3から4分ぐらい)
プログラムの追加と削除の小ウインドウ内で openoffice.org 1.9.79 が消える。
どうやら削除が完了したようだ。








====以下は以前のページの内容です。参考のために残しておきました。=======================
オープンオフィスは無料のオフィスソフトですが、ダウンロードとインストールは慣れていないと戸惑います。
とくにバージョン1.1.0からはジャバのランタイムを使った機能がありますが、この機能を使いたい人や中途半端なインストールがいやな方はこのジャバのランタイムをインストールする必要があります。しかし、このインストールは慣れない人は戸惑います。
このページではそのジャバのランタイムのダウンロードインストールを特に詳しく説明しています。

関連サイト→ OpenOffice.org 日本ユーザー会 マスコミの関連記事 

注意1: 以下のいくつかのURL表記は既にリンク切れとなっているものがあります。しかし、そのサイトのサイト内検索等を使えば、目的のページに行けると思います。なぜこんなややこしい解説を当ページでおこなっているかといいますと;
○少し前までは完璧なURLでした。でも、URLが変更されたのです。また、今後も頻繁に変わる恐れがあります。
○管理者はその都度修正できない。URLを修正するだけなら簡単ですが、本当にダウンロードできるかとか、契約条件を満たせるかとかで検討する必要がある。
○ならば、こんないい加減な説明はしなければいいじゃないかと思われますが、他の解説ページは日本語では存在しません(少なくとも03年時点では)。
○面倒だけれど、重要で唯一の手がかりなのでここで解説する責務があると信じている。
注意2: 自己責任でインストールしてください。私はこの方法で正常にインストールできました。〜〜

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ランタイム関連 始め~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
まえもってjava runtime をインストールする。

このjava runtimeをインストールしておくとオープンオフィスのソフトの中の機能のjavaの機能が使える

そのために以下のとおりインストールをする。
『https://jsecom16.sun.com/ECom/EComActionSer
vlet/LegalPage:~:com.sun.sunit.sdlc.content.LegalWe
bPageInfo;jsessionid=jsecom16.sun.com-109dd%3A3
fc5e571%3Ab12867e6278fef2』
のページを開き(このURLを開こうとしても
http://jsecom16.sun.com/ECom/EComActionServle
t;jsessionid=jsecom16.sun.com-10b20%3A3fc5f22d%
3Aa6f366263ed331bが開いてしまうはず。でも、そのページからページ内の該当しそうなリンクをたどっていけばたどり着けるはず。えーい、おいらが手取り足取り教えてやろう。まずこのページの右上の検索欄に Java(TM) 2 Runtime Environment を貼り付けて検索してください。それで出てきたページにページ内検索でJ2SE 1.4.1 SDKというリンク元を探し、それをクリックする。すると、新しいページが出てその中に 
Download J2SE v 1.4.1_
32-bit for Windows/Linux/Solaris SPARC/Solaris x86
64-bit for Solaris SPARC
というところがありJREと書いてあるところのすぐしたの DOWNLOADというところをクリックする。すると契約書みたいのがでる。その下にacceptというラジオボタンがあるから承諾できるならクリックして・の印を付け、すぐ下のcontinueとクリック。すると、新しいページが出てきて)<←この括弧は十数行に渡っているよ。>

そのページの中の

【 Java(TM) 2 Runtime Environment, Standard Edition 1.4.1_06 Click below to download
Windows Platform
Windows (U.S. English only), English (j2re-1_4_1_06-windows-i586.exe, 7.88 MB)
Windows (all languages, including English), English (j2re-1_4_1_06-windows-i586-i.exe, 9.76 MB) 】

の中ののうち
all languages, including Englishの方をクリック
注意:1_4_1_06 でなく1_4_1_0x (xは数字)の場合でも良い。

それでランタイムのダウンロードインストールを完了する。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ランタイム関連 終わり~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


さて、準備ができたのでオープンオフィスをダウンロードインストールしよう。

この場合ダウンロードされるソフトはオープンオフィス版のWord、Excel、FrontPage、PowerPointR、Paint、その他 である。

http://oooug.jp/mirror/download/mirrors.htmlへアクセス
慶応大学のリンクをクリック
OOo_1.0.3.1_Win32Intel_install_ja.zip のファイルをクリック
ダウンロードの準備のウインドウが出るので保存をクリック(フォルダーを作ってそこに保存してもよい)
ファイルがたくさんダウンロードされる。
…………zipというファイルができるのでそれをダブルクリック
…………install.jaとかいうファイルに変わる
いっぱいファイルができる
その中にReadMeファイルがある。それを見ればセットアップの仕方が詳しくでてる。
それを見るとどうやら旧バージョンをアンインストールしたあとこれをインストールした方が良さそうだ。共有ファイルがどうのこうのとか書いてあるから。でも、旧バージョンと同居はできるようです。
他にsetup.exeというファイルもある。それをクリック
インストールが始まる。
途中で、マイクロソフトのword・excel・powerpointと書いてあって、おのおのの左にチェックが入っ
ているが、該当のソフトがすでに入っていて、すでに入っているほうを優先<以前のまま>させたい場
合はチェックを外す。たとえば、マイクロソフトwordがすでにインストールされていて、従来どおり
マイクロソフトwordをオープンオフィスよりも優先して使いたい場合はwordの左のチェックを外す。
優先とはこの場合、文書ファイルを開きたいとき自動的にオープンオフィスのソフトで開かないで、
マイクロソフトwordで自動的に開くことを言う。
インストール後、登録とかあるけど、無視して次へをクリックしてよい。

PS javaの機能の確認はまだしていません。javaを使えるほど知識がないもんで。


―――――――――――――――以上は最新バージョンのマニュアル。以下は旧バージョンのマニュアル。――――――――――――――――――

2003年の春ごろの情報です。だから、リンク先などの内容が変更されている場合があります。

オープンオフィスのダウンロードインストールの仕方

この場合ダウンロードされるソフトはオープンオフィス版のWord、Excel、FrontPage、PowerPointR、
Access、Paint、その他 である。

http://oooug.jp/mirror/download/mirrors.htmlへアクセス
慶応大学のリンクをクリック
OOo_1.0.3.1_Win32Intel_install_ja.zip のファイルをクリック
ダウンロードの準備のウインドウが出るので保存をクリック(フォルダーを作ってそこに保存してもよい)
ファイルがたくさんダウンロードされる。
その中のsetup.exe(たぶん)をクリック
インストールが始まる。
途中で、マイクロソフトのword・excel・powerpointと書いてあって、おのおのの左にチェックが入っ
ているが、該当のソフトがすでに入っていて、すでに入っているほうを優先<以前のまま>させたい場
合はチェックを外す。たとえば、マイクロソフトwordがすでにインストールされていて、従来どおり
マイクロソフトwordをオープンオフィスよりも優先して使いたい場合はwordの左のチェックを外す。
優先とはこの場合、wordファイルを開きたいとき自動的にオープンオフィスのソフトで開かないで、
マイクロソフトwordで自動的に開くことを言う。
インストール後、登録とかあるけど、無視して次へをクリックしてよい。
▼ダウンロード 2.0ベータ版▼
2005年5月11日(水)にオープンオフィス2のベータ版をインストールした際の記録。私はこのようにして、インストールできました。
プロローグ ●オープンオフィスのバージョン2のベータ版をダウンロードインストールした記録を以下に記します。ジャバランタイムはすでにインストール済み(ジャバランタイム関連は上記に出ています)。念のために今まで使っていたインストール済みのバージョンは削除しませんでした。
●環境: WindowsXP home sp2 ジャバランタイムインストール済み 1.1.0のバージョンがインストール済みで、しかも、削除してないし、今後も削除しない予定
●下記の内容は私がインストールするときにメモをしたものを転記した事項です。ですので、たとえば、「次へ」は次へと書いてあるボタンを押す、という感じで、表現しようとしている内容を汲み取って読んでください。また、下記の手順の表記で、改行がある場合は、「次のステップへ移るよ」という意味です。
  http://oooug.jp/mirror/download/mirrors.html のページを出す。
慶応大学
OOo_2.0beta_Win32Intel_install_ja.zip
開く
ダウンロードされる
setup.exe
発行元を確認できませんでした。このソフトを実行しますか?
実行
同意する
次へ
次へ
次へ
ワードやエクセルのファイルを・・・・と書いてあるがチェックを入れない。
インストール を押す
5分くらい待つ(そのくらいインストールに時間がかかる。)
完了をクリック
再起動は要求していないが、再起動させる。
スタート
すべてのプログラム
オープンオフィス
Base(writerでもナンでもいい)
起動し始める。しかし、初めての起動のせいか、かなり時間がかかる。(1から2分)
初めての起動のせいなのか、ウイザードが出る。
welcome
次へ
scroll down
accept
入力枠が出るが何も入力しないで、次へ
I do not want to resister にチェック
finish
Baseのソフトが起動
他のソフトも順調に起動
エピローグ 念のためにもう一度ウインドウズを再起動して、このオープンのフィースを立ち上げたら、こんどは割と速く立ち上がった。
タスクバーにオープンオフィスのアイコンがいつも出ているので、常駐しているということだ。おいらは、常駐させたくないので(常駐させると、ウインドウズが若干重くなる)後でmsconfig⇒スタートアップ等で、このソフトのチェックを外すした。以下はそのときの起動時間の記録

常駐させる設定のまま、再起動し、wiriterを起動した ⇒ 18秒かかった。
それを閉じて、再びwriterを起動した。 ⇒ 1秒かかった
今度はmsconfig⇒スタートアップ等で常駐を外した。再起動後にwriterを起動した。 ⇒ 30秒かかった。
それを閉じて、再び起動した。 ⇒ 3秒かかった。
結論: 大差ない。オープンオフィースの起動が速いが、Windowsが若干重くなるより、オープンのフィースの起動が若干遅いが、Windowsが重くならないほうが、おいら個人としてはいいので、後者を採用した。

ところで、インストールするとき、偶然、自動のウインドウズアップデートになってしまった。でも、上記の通り、インストールできた。何が言いたいかというと、そのような環境でもインストールできたということです。
念のために申しますが、これは私がインストールした際の記録に過ぎません。でも、少しはみなさんの参考になると思うので記しました。
 



追記

このソフトは起動が遅いと感じる人が多いだろう。しかし、これは常駐させていない場合の話。常駐させておけばMSオフィスと同じくらい起動が早い。常駐させなくても、OSの起動後、オープンオフィスを一度起動させれば、閉じたあとは次回から(すなわち、2回目のオープンオフィスの起動)は常駐させているのと同じで起動が早い。
■..■■