.. TOP ... 情報1 ... 株とか ... ケチ術 ... 驚き ... 笑い1 ... 笑い2 ... 掲示板 ... メール ... リンク ...



●●●年齢・干支の早見表
●●●年齢・学年の早見表
●●●言語矛盾の事典
●●●宇宙 時間 空間 の QアンドA
●●●英語のドラマでリスニング
●(英会話単語帳)   
●英会話
映画で英会話(リンク集)
●新しい言葉の辞書
●●●なぜ、アナウンサーは原稿をまったく見ない
●●●オープンオフィスのダウンロードインストールの仕方
●MDレコーダー(SJ-MR50)を買って使った報告
●掲示板
●MDレコーダー(SJ-MR50)を買って使った報告パート2
●●●ホームページの印刷で右端が途切れなくする方法etc
●●●ホームページ画像を拡大する方法(追加ソフト不要)
●パソコン画面に目印を付ける方法(追加ソフト不要)
●●●お気に入りを別ウインドウで開く方法
●●●バナー広告の動画を簡単に止める方法
●●●常に日本語入力ONにする方法(OFFも)
●●●ホームページビルダーで細線の枠を作る方法
●●●WILLCOM03の電池を使った充電器

当サイト名:スーパーポータル





 ↓広告

ホテル、旅館を予約するなら、旅行情報総合サイト「トラベルコちゃん」











   2010年4月29日に更新し、やり方が全部で8通りになりました)
バナー広告の動画を簡単に止める方法 (邪魔な動く広告を止める・隠す方法)

QアンドAの形で説明します。
Q.
ホームページの中にはフラッシュやアニメーションGIFや流れる文字などを使ってチカチカさせたり、ギラギラさせたり、キャラクターが動き回ったりする広告があるんですが、動きを止めるとか、消すとかはできませんか?
A.
画期的な方法を4つ見つけました。(更にもう4つ見つけました-合計で8つ-)

1.インターネットエクスプローラの右上にある「最小化」「元に戻す」「最大化ボタン」「閉じる」などのいずれかのボタンをクリックしたまま、任意の場所にドラッグし、クリックを放さないでいれば、動きが止まります。
流れる文字も止められます。
クリックを放せば、今までどおり動きが再開します。
(IE8ではできなくなりました。IE6ではできたのに。おそらく、WEBは広告で成り立っているから、簡単に止めてはまずいのでしょう。)

2.インターネットエクスプローラの一番上の部分を右クリックし、右クリックを放さないままでいる。それで止まる。再度動かしたい場合は、右クリックを放せばいい。その場合、右クリックのメニューが出てしまう。それを避けるには右クリックをしたままドラッグして右クリックを放す。
この方法もIE8では不可になりました

3.エスケープキーを押すと止まるものがあります。でも、止まらないものもあります。再度、動かしたい場合はインターネットエクスプローラの更新(再読み込み)のボタンを押してください。

4.印刷プレビューを利用する。 インターネットエクスプローラのファイルというプルダウンメニュー ⇒ 印刷プレビュー でフラッシュが止まる。右端が切れる場合は、インターネットエクスプローラのファイルというプルダウンメニュー ⇒ ページ設定 ⇒ 印刷の向き: 横 ⇒ OK ⇒ 再び、インターネットエクスプローラのファイルというプルダウンメニュー ⇒ 印刷プレビュー。
おまけとして、印刷プレビューには拡大・縮小やページ最下への瞬間移動ができる機能がある(上部に操作ボタンがある)。また、縮小機能で最小か最小から2番目ぐらいを選択するとページの全体像が見れる。(少なくともインターネットエクスプローラ6.0で可能)

5.常に前面にでるソフトで隠す。
例として、ウインドウズメディアプレーヤーを活用してみましょう: 
スタート → すべてのプログラム → アクセサリー → エンターテイメント → ウインドウズメディアプレイヤー → ツール → オプション → プレーヤー → 「プレーヤーを他のウインドウより手前に表示する」にチェックを入れる → OK → このウインドウズメディアプレイヤーは右下にマウスポインターを持っていくと、マウスポインターが斜めの「←→」なり、そこでドラッグをすることで、ウインドウズメディアプレイヤーの大きさを変えられる(もしできなければ、右上の「×」印のとなりの四角が2つ重なったマークをクリックすればできるようになる) →  邪魔なバナーの上にこのウインドウズメディアプレイヤーを移動させる → これで邪魔なバナーが見えなくなる。なお、今すぐつかえるという状態にするために、ショートカットを作っておけば、次回からは簡単に起動する。または、そのソフトを最小化させておいて、必要なときに画面に出す。または、画面の端に移動させておいて、必要なときに邪魔なバナーの上におく。

その他の例として、WINDOWSに標準でついているソフトキーボードを例にとって説明します:
スタート → すべてのプログラム → アクセサリー → ユーザー補助 → スクリーンキーボード → スクリーンキーボードが起動する → 設定 → 「常に手前に表示」にチェックを入れる → 邪魔なバナーの上にこのスクリーンキーボードを移動させる。
なお、今すぐつかえるという状態にするために、ショートカットを作っておけば、次回からは簡単に起動する。または、そのソフトを最小化させておいて、必要なときに画面に出す。または、画面の端に移動させておいて、必要なときに邪魔なバナーの上におく。
このスクリーンキーボードは細長いので横長のバナーにも有効です。また、ネット閲覧をしている時にスクリーンキーボード本来の機能を使うこともできる。
でも、スクリーンキーボードは大きさをドラッグ等で変更できないので、他のソフトをつかうという手もある。どんなソフトが有るかというと、今思いついたのでいうと、keyholeTVというテレビのフリーソフト

6.前述の「5」と考え方は同じなんだが、任意のソフトを常に手前に表示するフリーソフトがあるので、それを使う:
常に手前に表示することのできるフリーソフト もしページが表示しないなら、vecterというフリーソフトの検索サイトに「常に手前」というキーワード検索すれば良い。

7.ページ全体を拡大させて、見たい部分は見えて邪魔な動く部分は見えない拡大率にする。

8.IEなどのウインドウになっているブラウザを縮小させる(最大化でなくする)(ウインドウの右上の×印のとなりの「元に戻す(縮小)」を押す → ウインドウの右下にマウスポインターを持っていくと、マウスポインターが斜めの「←→」なる → ウインドウの大きさが変わるので、邪魔な広告が隠れてしかも見たい部分が見れるように、ウインドウの大きさを買える。




この動く文字列を止めるには、インターネットエクスプローラの右上の端のいずれかのボタンを押したままにしていてください。



=======下記は別の方法ですが上記の方法で十分だと思います。========
A.
見た目上、最大化と同じ大きさにさせたインターネットエクスプローラ全体をドラッグさせて煩わしい広告を隠せばいいのです。で、それを簡単で使いやすく行う方法をこれから説明します。

その方法を教えて!

では手順を記します。この方法はフラッシュ以外にも使えます。
先ず設定の説明です。
新たにインターネットエクスプローラを起動させる ⇒ 起動させたばかりのインターネットエクスプローラの右下のカドにマウスポインターをもって行く ⇒ そこでドラッグをすると、インターネットエクスプローラを拡大できるので右下のカドに持っていって拡大させる。左上も同様なので、同様にドラッグさせて、全体を最大化させたのと同じ大きさにさせます。 ⇒ そのインターネットエクスプローラのファイルを閉じる。 ⇒ 新たにインターネットエクスプローラを起動させる。すると先ほどと同じ大きさ(最大化と同じ大きさ)のインターネットエクスプローラが現れる ⇒ これで起動するたびに最大化と同じ大きさで開きます。別ウインドウで開いても同じです。 ⇒ 以上で設定は終わりです。
今度は使い方です。
新たにインターネットエクスプローラを起動 ⇒ ネットサーフィンみたいにページを換えているうちに右端や左端に煩わしい広告が出たら ⇒ インターネットエクスプローラの上端の青い細長い部分にマウス(マウスポインター)を置いて、インターネットエクスプローラ全体をドラッグさせて、フラッシュ動画が見えない位置に持っていく。 ⇒ これで完了です。


なるほど、これは簡単ですね。でも、ページの下の方を見たいんだけどどうやって下にスクロールさせるんですか

「↓」の印のキーを押せば下にスクロールし、「↑」のキーを押せば上にスクロールします。ホイール付きのマウスならホイールを回せばスクロールできます。


では、他の部分にフラッシュ動画があったらどうするんですか?

上にフラッシュ動画があったらページを下にスクロールさせれば見えなくなります。下にフラッシュ動画があれば上にスクロールさせれば見えなくなります。
下や上にスクロールできないほどの小さなページならば、インターネットエクスプローラを先ほどの方法で端にマウスを置いてドラッグさせてウインドウを小さくさせれば、スクロールできます。


ページの真ん中にフラッシュ動画があったら、どうするんですか?

前述の方法で上か下に隠してください。