1


2



3



買い物術(最安値で、楽しく、気楽に買える)

●では、さっそくその買い物術を披露します。
@たとえば、テレビを買いたいとしよう
A店に行って買いたいテレビを実際に見て触って店員に聞いて探す(探すだけで買わない)
B家に帰ってネットで最安値のその商品を注文
C自宅に届けられる
D使用する
注意: 店では絶対に買わない。

●利点: 
・最安値で買える 
・重いものを買って持ち帰るのは重労働だし、電車やバスだとラッシュの場合は嫌になる。
・よく最安値の店を探すためにあちこちの店を飛び回る人がいるが、その必要がなく、大型店1店に行けば済む 
・店に行って帰るとき手ぶらなので、帰りは居酒屋とかパチンコ屋とかで遊んで帰れる 
・街に出てショッピングを楽しみたい人もショッピング(ネットでない)を楽しめる(もちろん買わない)。
・買おうか買うまいか迷っていたら買わずにいて、買う気になったらネットなので深夜でも買える 
・買うものを特定するためにわざわざ店に行かなくても、会社や学校の帰りに寄り道しても良いし、そもそも外出しなくても、ネットだけで完結するし、ネットの情報サイトや掲示板やQ&Aサイトのほうを頼った方が実際に使った情報とか詳細な情報をえられる。
・ネット振込(ネットバンキング)やカードを使えば、銀行から大金を下ろさないので悪人にあとをつかれて襲われることがない 
・支払いはカードや振り込みなので簡単。不安なら信頼できるサイトを使えばいいし、代引きも利用できる。
・最安値はネットで簡単に見つかる(楽天でもyahooショッピングでもamazonでも安い順に表示できる) 
・受け取れる日時を指定できる。たとえば、今度の水曜の夜20時〜21時の間に送ってもらう。宅配業者別時間指定一覧

●欠点:
ネットで買うので宅配に日数がかかる(しかし、実店舗で買って宅配してもらったと思えば同じことだし、最近は宅配は早い)

●コメント:
大型の実店舗に行って、見て触って聞いて、買わずに家に帰って、ネットで買うのは大型の実店舗に申し訳ないと思う人がいるでしょう。でも大丈夫。その大型店もネットショップをやっているのです。自分もやっているので文句は言えないはずです。








買って使った人の感想が見れる 質問もできる。
実際に買って使った人の感想をネットで見て、自分に適した品物を選ぶとよい。そのような感想が出ているサイトを以下に示します。
カカクコム → 検索などで商品を特定してクリック → クチコミ というところをクリック → これで感想などが見れる
アマゾン → 検索などで商品を特定してクリック → 下のほうにカスタマーレビューというところがあり、感想が出ている
・2ちゃんねる → こちらに商品の種類や商品名を入力してボタンを押す → その関連のスレッドが見つかるのでクリック → すると、その商品について、かなり詳しく出ている。質問をすると、すぐに答えてくれる場合が多い。2ちゃんねるをバカにしているひとが多いが、意外と役立ちます。また、投稿の1番のところに案内があり、そこにその商品についてのまとめが書いてあることがあり、そのまとめは経験に基づいているので、かなり役立ちます。

追加事項  (2010年3月5日に追加)
値段は季節によって違う。また、次回のマイナーチェンジの頃になると値段が安くなる。この値段のグラフが見れるサイトが有る。以下の通り
ベストゲート → 検索などで商品を特定 → 商品をクリック → すると値段の時系列グラフが見れる


追加事項 (2010年3月5日に追加)
私の場合の買い方
1 まず、アマゾンのサイトで検索などで探し、アマゾンのサイト内の買い物かごにとりあえず入れておく。
2 そして、そのまま何日も放置しておく。
3 後日、他の品物が欲しくなったら、前述の1と同じことをして追加する。
4 そして、すぐに欲しいものがあったら、また1と同じことをし、その時、買物カゴの中の商品をまとめて注文する。そうすれば、決済とか受け取りとかをいっぺんにできるので決済とか受け取るとかの面倒が省ける。

なお、アマゾンが必ずしも最安とは限らないので、アマゾンの買い物カゴを買い物リストのメモ帳とみなし、そのリストから商品を思い出して、他のサイトでもっと安いところをさがすという方法もある。前にも書きましたが、アマゾンの買い物かごは、たとえネットを切っても、その後いつでもアマゾンのサイトを開けば、その買い物かご内容が見れる。

トップページ > ケチ術 > 当ページ