クロウ−天国への階段−のあらすじと背景と登場人物(アメリカのドラマ)


クロウは第一話とその背景を知っているとどのエピソードも理解しやすくなるので、
第1話 と 登場人物 と 背景 を以下に記す。

クロウのあらすじ。
第1話(第1話は若干わかりづらいが、登場人物の説明のための話だから、仕方がないかも)
主人公はロックミュージシャン。恋人と二入で家にいたところ、3人のごろつきにおそわれ、2人とも殺された。
主人公の友達(幼い女の子)は悲しんで、墓参りをする。
主人公は一度死んだが、よみがえる。
そして復讐をする。
幼い女の子の母はそのごろつきとつきあっている。でも、薬をうたれてだまされてつきあっているようだ。
刑事はごろつきを捜査している。ごろつきは職務質問されるがシラを切る。
ごろつきは主人公らを殺したときギターを盗んでおり、質屋に売ってしまう。
よみがえった主人公は質屋で、自分のギターを見つけ、店に行って取り返すのだが、暴力的な取り立てをしてしまう。
以上、第1話。


登場人物
主人公 = エリック・ドレイヴン = クロウ
主人公の恋人 = シェリー
刑事 = ダリル・アルフレッド
幼い女の子 = サラ
その母 = ダーラ

背景
現代のいろいろな悪に対し、主人公が立ち向かう。
主人公は一度死んだが生き返る。といっても、普通の身体に戻ったのではなく、ピストルに打たれても死なない不死身の身体となる。一緒に死んだ(殺された)恋人は、幻想みたいな感じでたまに現世に現れるが、主人公に忠告をするために現れる程度。
刑事と主人公は初めは敵同士だったが、いがみ合いながらも、やがて協力し合う関係になる(第3話前後から)。
幼い女の子〔小学生くらいで性格は男みたいな感じ〕は主人公と仲良しで、事件を解決しようとして出過ぎたことをしてかえって周りに迷惑をかけたりするが、事件の解決に貢献したりもする。
サラの母親は、だらしない生活をやめて真面目になる(第3話ごろから)。刑事の紹介で警察署で受付の仕事を始める(第4話ごろから。たぶん)

見どころ
一見つまらない感じがするが、実は面白い。
また、一見ストーリーがむずかしいと思いがちだが、かなりやさしい。
格闘シーンがたいへん面白い。初めは殴られたり蹴られたりするが(でも、上手にかわしたり、受け身をしたりする)、見事にかわして反撃に出て優位になるところが感動的に面白い。

英語の発音

意外と聞きやすい。