.. TOP ... 情報1 ... 株とか ... ケチ術 ... 驚き ... 笑い1 ... 笑い2 ... 掲示板 ... メール ... リンク ...
スーパーポータル

E南極エコ

FわらしべSF

スーパーポータル > 驚き > 南極エコ

南極エコ
要約:
今後、地球温暖化で悪いことが増加するが、南極や高緯度地方はよいことが増加。いままでは南極は世界地図にも載らない上、経済活動も皆無であったが、今後は無視できなくなる。今後の南極への対応によって人類の歴史が大きく変わる。

詳細:

良いこと
要約:
南極大陸や寒帯冷帯の温帯化→居住および経済活動可能地域になる(
人類の居住地や経済活動地域が高緯度へシフト)

予想できる具体的事象:
@南極航路(海・空)の増加
A南極での地下資源開発
B南極での耕地面積拡大
C南極への移住の増加
D南極での経済活動が量的質的に旧大陸と同等レベルになる
E熱帯性の病害虫がない唯一の大陸となる。
F南極を取り囲みながら周回するジェット気流がエアーカーテンの働きをするので、万一の核の大惨事が起きても南極にはすぐにはその影響はない。
G南極大陸は平均1500mの氷におおわれている(大陸全体の平均)→今後水が世界的に不足する→南極で溶けたばかりの水はそのまま海に流してしまうのはもったいないので集める→長さ数百メートルの流線形の袋に水を入れる(→船で引っ張って世界各国に輸送する(石油と違って、事故などで漏れたり破裂したりしても、環境破壊にならない)→その水をハイクオリティーな南極の水として、主に飲料に使う。   南極の氷を解かしているのではない。溶けた貴重な水が海に流れてしまうのは資源の漏出なので、人類のために有効利用する。もし、その水を利用できなければ、蒸留、脱塩、濾過などで代わりの水を作らなければならず、そのためのエネルギーや資源が無駄づかいとなってしまう。
なお、この流線形の水袋はさんまの形をしている。むなびれ、背びれ尾びれも付いている。これらのひれは緊急停止時は進行方向に対していきなり垂直になる。緊急衝突回避の場合は尾びれや胸びれ(むなびれ)が右または左へ方向転換するべく、それなりの動きをする。場合によっては水面から離れて深く潜って、衝突を回避する(流体力学上は通常航行時も完全に水に潜った方が航行のためのエネルギー消費が少ないが、潜ったままだと航行以外の面で支障をきたすので、通常は潜らない。)。まあ、衝突をしても、タンカーの衝突と比べて大した悪影響はない。あとで袋の修復などのちょっとした経済的損失があるぐらいだ。さらに、この流線形の水袋は太陽電池が付いていて、これらのひれを動かし、サンマとおなじ動きをして泳ぐ。つまり、この水袋はサンマと同じ運動と船のけん引で動く。この巨大さんまにはカメラと画像解析装置およびエコーによる周辺感知装置が付いているので、その点でも、衝突の恐れはほとんどない。
また、太陽電池および氷が解ける際の温度差発電(実を言うとこのサンマ型の袋は水に氷を含ませている]で発電するが、航行では電気が使いきれないので、その電気は電気分解で水素を作り、自動車の燃料として販売する)(また、南極から氷のまま運搬する方法もある。その氷は南極の氷としてオンザロックとかにも使うが冷房にも使う。


悪いこと
ひとことで言えば、地球温暖化とオゾンホール拡大。
@海面が上昇→各大陸の面積の大幅減少
A砂漠化地域の増加→現在の居住および経済活動可能面積の大幅減少
B気温上昇→熱帯性の病害虫が全世界へシフト。電力消費量増加。
Cオゾンホール拡大→サングラス・紫外線遮断製品(服・ローション)の使用拡大。
D気象ゆらぎの増大→かんばつ・集中豪雨・巨大台風の頻出
E中国・インド等の人口の多い国々の食料・モノの消費量拡大→資源枯渇・公害地域拡大








 ■