.. TOP ... 情報1 ... 株とか ... ケチ術 ... 驚き ... 笑い1 ... 笑い2 ... 掲示板 ... メール ... リンク ...


スポンサードリンク




フレッツ光申込みで工事費割引+月額無料期間あり!
更に≪最大40,000円キャッシュバックキャンペーン中!≫申込全員対象


スポンサードリンク 2

株ブログ速報検索

株プラス(ミニページ)

音声英語 

食べ物で健康

1秒という時間の長さはどのようにして決めたのですか?

1mという長さはどのようにして決めたのですか?

1gは?

カシオデータバンクの操作方法

































スポンサードリンク 3







驚く話とか、ナルホドと思われる話とか、役立つ話とか(健康・ダイエット編)。

なお、その他のジャンル
(健康関連以外のすべてのジャンル。例えば、生活・科学・政治・経済・買い物など)はTOPページにあります。 箇条書きで書きます。下の方ではかなり重要な情報がありますが、文章がやや長いです。「●」の数が多いほど驚くっていうか重要。


●●顔を揉むとかマッサージするとかは逆効果。シワやたるみが逆に増える。何もしない方が良い。やるなら、専門家の指導のもとでやるべきです。 「顔マッサージ 逆効果」で検索するとよい。

●眼球体操は逆効果です。目をこすったりすることも目にはよくない。「眼球体操 逆効果 深作院長」で検索してください。

●ガムを噛むとか食事でよく噛むとかすると、緑内障の予防になる。(眼圧が高いと緑内障になりやすい。ガムを噛むと眼圧が下がる。また、正常眼圧緑内障でも、眼圧を下げれば緑内障の進行が抑えられることが確認されている。)。詳細は→リンク 

●ガムの話題がでたので、ガムの効果を列挙します。
ガムの効果:
 唾液を促し、口の中を洗浄し、抗菌作用があり、虫歯予防になる。
 口臭予防。
 ガムを噛むと、笑う時などに使われる表情筋が鍛えられるため、シワやたるみ、ほうれい線の予防になる。
 ガムを噛んだ時に出る唾液には、新陳代謝をアップする唾液ホルモンが含まれており、老化防止に役立つ。
 噛む回数が増えることで満腹中枢が刺激され、血糖の調節機能が働いてお腹が空きにくくなる。=食べ過ぎ防止効果。<「今日こそはよく噛んで食べるぞ!」と思って食べ始めても、無意識に以前と同じくすぐに飲み込んでしまうことが多い。これは誰でも経験しているはず。その場合は、食前に予定した量を食べたら、たとえもっと食べたくてもその時点で食事を終了する。同時にガムを食べ始める。すると、満腹になって「もっと食べたい」と思わなくなる。>
 よく噛むことで顎の筋肉や骨が強くなり、歯ぐきが丈夫になる。
 歯並びもキレイになる。
 子供の視力低下はスマホやゲームのやり過ぎと思われているが、咬合力(噛む力)の低下のほうがもっと大きな原因である。宮崎教育大学の島田章夫教授(当時)の記事。
 緑内障の予防。(再掲)。
 ガムを噛むと脳の血流量が増加し、脳が活性化するので集中力や判断力・記憶力が増すといわれている。
 噛むことによる刺激は認知症の予防にも効果があると言われている。
 脳が刺激されることで眠気の防止にもつながる。
 リラックス効果。すなわち、ストレスがある時にガムを噛むと、脳の扁桃体という部分が働きストレスが解消される。
 ガムを噛みながら玉ねぎを切ると涙が出ない。(おいらの場合は、換気扇を回す。すると、台所に気流が起こって玉ねぎから目に空気が行かなくなり、涙が出ない。)
 ガムを噛むと唾液が出るため、インフルエンザ予防になる。池袋大谷クリニックの大谷義夫院長によると、唾液にはウイルスを除去する成分が多いという。ガムの他にも、のど飴も効果的。(2018年2月15日放送のハナタカより)
 セロトニンの分泌が増える。(セロトニンはやる気、積極性、痛みの緩和、などの効果があり、幸せホルモンとも言われる。セロトニンの分泌を増やすには→ 咀嚼、太陽光を浴びる、ウォーキングなどの運動)
 軟らかい食べ物が多い時代なので噛む機能が低下しているのだが、ガムを噛むことで噛む機能が高まる。
   注意:噛みすぎて顎や頭が痛くなる人がいる。その場合は、当分ガムを噛まないでいるとか、噛む回数を減らしたりする。いきなり、顎の筋肉を使ったことが原因かもしれないので、しばらくガムを噛む事を中止し、その後、徐々に噛む回数を増やすとか自分なりに加減する。
 この詳細情報のリンク

●●足上げ腹筋運動をすると健康どころか逆効果。腰痛の原因になったり、腰痛の人は悪化したりする。この運動は誰もがやった経験があるはず。仰向けの状態から脚部を上に上げて体をL字型にする運動のことです。上体起こしやクランチも同じく逆効果。
おいら、これを知らずにダイエットのためにこの運動をしていた。そして、なんと数年間も、腰痛になっていた。最近やっとこの腹筋運動が逆効果だと気づいてやめた。その後は治っている。
だめな理由→
http://www.skincare-univ.com/article/010405/
では、適切な腹筋運動は何かというと→https://xn--web-box-6q4fib8r9a1d.com/2016/01/21/archives/3570
おまけ的情報→ 同じ筋肉量を増やすためにスクワットなら15回ですむのに、腹筋運動だとなんと500回。「腹筋500回=スクワット15回」→出典元URL 
●インフルエンザの人がくしゃみやせきをすると、インフルエンザウイルスは重みで下にたまる。なので、たまに換気をしたほうが、感染しにくい。部屋の湿度は高いほうがインフルエンザが死ぬ。
●●ダイエット中の人のために、冷蔵庫を設定した時間まで開けなくして、食べ過ぎ防止をする方法がある。当然、冷蔵庫は電源が入ったままです。リンク ← 買いだめしておいた大量な缶ビールとかお菓子とか果物とかのように、冷蔵庫に入りきらない場合に対しても、このリンク先に解決策が書いてある。

●筋トレは毎日やると逆効果。スクワットなどの筋トレは毎日やると逆効果(強度や回数や部位や「筋肉痛が出るか否か」にもよるが)。特に筋肉痛になる場合は筋肉痛が治ってから再開すべき。筋肉の部位にもよるが1日おきや2日おきなら、効果が抜群。毎日筋トレをするなら、前日とは別の部位の筋トレをするのがベスト。この筋トレの方法・考え方を超回復という。
http://www.kintore.info/kintore/cho.html
https://power-hacks.com/chokaifuku-jikan/

●年齢の高い男性ではトイレに行った直後に尿もれがするという人がいます。その解決法です。2とおりあり、即解決する方法 と 体質改善で3ヶ月かかる方法 とがあります。高齢の方だけでなく、若い方にも有益なことが書いてあります。では本題です。
今すぐというか次回のおしっこから即解決する方法:
「快尿!おしっこトラブル 全部解決の5秒ワザ」という「ためしてガッテン」のまとめページ(
http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20161019/index.html
)の04番(このリンク先ページの最後の項目)のとおりです。
また、この尿もれ自体がなくなる体質にするお尻体操(1ヶ月で効果が出る。3ヶ月で改善)もこのリンク先ページの01番に書いてあります。
また、トイレの回数が多すぎる人の解決法も書いてあります。
追記:
週刊現代の2018年1月20日号の161,162ページで完璧な解説が図入りで書かれています。おいら、これを読んだが、「これはほんとに完璧な内容だ」と思った。この雑誌は通常は図書館では置いてない。dマガジンでは週刊現代は過去12週分が見れる。ネットの古本でも探せるかも。または、バックナンバーを扱っているサイトからこの号だけ買う。あるいは、会員になって毎月500円でネットでバックナンバーも見れるらしいが、おいらは利用してないので詳細はそのサイトで。。

●ポッコリお腹の改善方法。やることが簡単。
ポイント: @ 3秒で吸って7秒で吐く。 A おしりにえくぼを作る感じで閉める。この@とAだけです。

ロングブレス:

「1セットが2分で1日1回」ってこの動画の冒頭に書いてある。表現を変えて言うと、
「1セットが2分で1日1セット」(1日の合計時間が2分)
でも、簡単だしどこでもできるので、おいらは、1日5セットぐらいやっている。
最初は当然やり方を知るために、上記の動画を入念に視聴するべきです。でも、その後はこの@とAだけの情報でやや自己流で構わないからとにかくやる。なぜなら習慣をつけることが重要だから。で、たまに、この動画と一緒にやれば、やがて詳細なやり方が身につく。詳細と言っても、やってみればものすごく簡単。
厳密にやることよりも、このポイントをおさえて毎日続けることが重要。再生回数もかなり多いし、コメントでも高評価。おいら、最初バカにしていたけど、なかなか良さそうです。簡単だしどこでもできるので、おいらは1日5セットぐらいやっている。
あくまでおいらが思ったことだけど、ダイエット、ポッコリお腹改善、腰痛改善、腹式呼吸でリラックス、尿もれ対策(理由はこちらの骨盤底筋体操の説明のとおり。すなわち、このロングブレスと骨盤底筋体操はほぼ同じ体操と言える)、 痔の予防改善、に効果がある感じ。
29秒目から始まります。初めての方は0秒から見てください。
----
これと全く同じことをパーソナルトレーナーの松井薫氏も週プレの記事でこう言っている。「腹式呼吸の逆バージョン、つまり息を吸いながらお腹を引っ込め、息を吐く時にお腹にぐっと力を入れる呼吸法」。そのように多くの専門家がこの方法を推奨している。
----
上記とは別物で、ドローインというものだけど、参考になるリンク:
動画→https://www.youtube.com/watch?v=vuefjsJFybU
ドローイン効果をアップさせる肛門の引き締め
文章で説明→http://deepmuscle.info/basic/6265/

追記(2018-06-09):上記の貼り付けた動画の後半部分(3分15秒目から)で、「肛門に力を入れて閉じながら、腹をへこませることをキープする」(=吸う時も吐く時も、お腹を凹ませたまま呼吸)というのがある。私見だが、エレベーターを待っている時間とかの、ちょっと時間があったらいつもこれをやることにすれば、ぽっこりお腹が凹むと思う。

●当然のことだが、目には長時間紫外線を当てたり、強い紫外線を当てたりしないほうがよい。なぜなら、
1.目の健康にかなり悪い(白内障・緑内障・加齢黄斑変性などに悪い。白内障は程度の差はあるが40歳代で45%、80歳以上で100%の人が発生。) 
2.目に紫外線があたると、目が脳やホルモンを通じて肌に対して、メラニン色素を出して肌を黒くしろという指令を出す。
で、対策だが、
@ メガネをかける。普通のプラスチックやガラスでさえかなり紫外線をカットする。まあ、UVカットとうたっている眼鏡ならなおさらいいわけだが。特にプラスチックはほとんどと言っていいくらい紫外線を通さない。プラスチックとガラスとUVカットプラスチックの紫外線透過率のグラフ(リンク先の一番下のグラフです) リンク2。  おいら、zoffっていうメガネ店で2010年頃にオプション無しの標準メガネを買ったんだけど、当時の過去ページでわかる通り、標準でUVケア機能がついている。なので、現在はもちろんだが、たぶん、他のメガネ屋さんも同じだと思う。
 ところで、ブルーライトについては、「380nm〜495nm。可視光線。目に悪い。紫外線(=UV)とは違う。紫外線は10〜400nmでブルーライトの隣の波長帯に位置する」ということです。おいらはこの対策として、パソコンを使うときは100円ショップのブルーライトカットのメガネを使っている(100円ショップのものも、数千円するものも、どちらも透明ならばおおむね50パーセントカットである。黄色っぽいブルーライトカット眼鏡ならば100−セント近くブルーライトをカットできる。アマゾンのレビューを見たら、黄色っぽいやつは目が疲れなくなったというコメントがいくつかあった。おいらは、さほど長時間PCやスマホを見続けるわけではないから、この黄色っぽいほうのは使ってないが)。あるいはルテイン(「ルテイン ブルーライト」をgoogle検索。 
A 黒いサングラスをかけると瞳孔が広がるので、ちょっとの紫外線でも目が受け取ってしまう(被爆)。なので、UVカットでない黒いサングラスは逆効果。早い話が、透明なUVカットメガネのほうがよい。
B コンタクトレンズもガラスやプラスチックで出来ているのだが、目の端っこには紫外線が入る。なので、メガネの方が良い。
C 若い人はほとんど気にしなくても良いが、年齢が高くなればなるほど目の健康に悪い(白内障・緑内障・網膜症などに悪い)。
D 室内照明よりも夏の晴天の光のほうが100倍も照度が強いので、夏の晴天ではメガネを掛けたほうが良い。100倍についての根拠ページ 。まあ、うんと明るいと瞳孔が狭くなるので、被爆量は100倍よりも少ないだろうが。(光の波長の違いは無視するものとする)。
E 熱帯に長期旅行とか滞在とかをする場合。日本人は熱帯の人よりも紫外線に順応や進化をしていない。熱帯は真上から太陽光線が来るので通過する大気の層が薄い。なのでなおさらメガネを掛けたほうが良い。(南極や北極はオゾン層が少ないが、熱帯もやや少ない。温帯のオゾン層が一番厚い。これについてはwikiでオゾン層を検索。)
F ルテインは白内障や加齢黄斑変性などの目の病気の対策に良い。ケールやほうれん草に多く含まれているが、サプリでも良いだろう。(ルテインは人の体にも存在し、主に眼底の網膜の中心部や水晶体、皮膚、乳房、大腸に存在している。ルテインは紫外線やブルーライトを吸収する。 リンク)  (再掲)
G 生活習慣病にならないこと。具体的には: 食事に気をつける。ウォーキングとかの運動をする(運動はものすごく重要で、食事やサプリメントよりも重要)。
H よくパソコンやスマホはUVが出るので気をつけろ、と言われるが、普通の眼鏡だけでもかなりUVカットとなる。なので、おいらは普通のメガネまたは100均のUVカット伊達メガネを使ってる。(再掲)
○ まとめ: 目の健康のためには、晴れの日の外出にはメガネを掛ける(UVカットメガネとうたってないメガネでも良い)。黒いサングラスは逆効果。
ーー
 ほうれん草を食べすぎると尿路結石になりやすいのは有名である。→解決法→ 尿路結石は酢を摂ると予防できる。参照リンク 。
 酢の取り方について: 調味料や料理の味付けとして摂る。直接飲む場合は、喉や食道や胃を荒らすのを防ぐために、水で薄めて飲む。具体的には、酢:水=1:10で飲む。飲む場合は、口の中に長く入れていると歯を荒らすので、すぐに飲み込んでお茶や水で口の中をきれいにする。当然、過剰摂取はダメなので、1日大さじ1杯〜2杯が適量。大さじ1杯=15ml=15cc=5cm×3cm×1cmの箱と同じ容積(ちょっと大きめの消しゴムぐらい)。
ーー
 酢の過剰摂取について: 冷え性の人が酢を飲みすぎると体調が悪くなることがある。内蔵型冷え性の人は水で割らずお湯で割って飲むとよい。また、酢にはドロドロの血液をサラサラにする効果があるが、過剰摂取し過ぎると赤血球を破壊して”溶血性貧血”の原因になる可能性がある。酢の1日の摂取目安として15〜30mlが良い。(出典元リンク

●スマホが目に悪いことのおいら的な対処法:
 家にいるときは、パソコンを使う。
 文字情報を長時間読まない。 それでも、読みたい(特に長文)なら、スマホ用の読み上げアプリ(おすすめアプリはこちら)を使う。
 外出していて暇な時は、ポッドキャストを聞くか、YouTubeで音声がメインの番組を聞く(その際は、YouTubeの解像度を144pにする)。
 スマホは天気予報や地図やちょっとした検索やちょっとした確認をメインに使う。ちなみにおいらはゲームは昔はやったけど、今は全くやらない(理由は簡単で上記の音声を聞くほうが楽だし内容が興味深いから)。

●血液だけでガン検査。初期の癌が発見できるんです。初期ですよ。すごいですよね。
「血液だけでガン検査」というキーワードでgoogle検索すれば詳細がわかります。
おいら、すでに実用化しているAICSという検査を受けたことがある(通常は1年に一回なので、おいら、3年連続で通算3回受けた)。1回あたり18000円ぐらいだった。肺がん・胃がん・大腸がん・膵臓がん・前立腺がん(男性)・乳がん、子宮がん・卵巣がん(女性)の早期発見ができる。電話で予約して、予約日(早ければ1週間だが、人気があるので2ヶ月ぐらい後のこともある。)に行って、注射器で2cmぐらいの血を抜いて、1ヶ月ぐらいで、結果が郵送される。おいら、3回やったうちの1回は大腸がんの可能性が高い判定だった。判定が良くても悪くても、結果について医師が相談とかコメントとかをしてくれる。なので、おいらは相談の後で後日、大腸内視鏡検査を受けた。その結果、ポリープはあったものの、異常なしだった。まあ、こんな流れですね。もう、こういう時代になったんです。

●前述の内容と方法論的に矛盾(目的は同じ)していることを書きます。おいらは、現在はがん検診や健康診断は受けていない。なぜかというと、まあ、人には色々な考えがあるが、次のリンク先もその理由の一つである。健康診断は受けてはいけないという本のアマゾンのレビュー
 運動や食事などでガンにならない対策をいつも行なっている人は、ガンであることがわかっても、ガンでないことがわかっても、いずれの場合でも、運動や食事などでがんにならない対策をする(特に、抗癌剤治療を希望しない人)から、というのも理由になると思うし。
 ガンの早期発見はしないほうが良い。ガンに対しての手術・抗がん剤使用・放射線療法の割合の日米比較をみると、日本が極端に多い上に、効果が少ないというか逆効果→ youtubeリンク
 例えば、大腸内視鏡検査をしたらガンらしきものが見つかり、それを内視鏡でつまみとって顕微鏡などでガンかどうかを調べる(生検)。これをやるとガンの一部が他の部位に飛び散って(転移)そこで新たなガンが成長するというようなことをこのリンク先の動画の18分46秒あたりから言っている。乳がんの検査でも、注射器で吸引して生検をするが同じことだそうです。

●●テロメアは寿命のクーポン券と言われ、寿命とともにだんだん短くなっていく、ということはご存知だと思います。で、本題ですが、
テロメアは簡単に伸ばすことができる。その方法や説明が以下のリンク先
まとめ版 詳細版 詳細な説明(根拠となる学術的データの出処が明記されている) 

●運動が良い理由:
 体温を上げてくれる(体温が低いと免疫機能が不活発になるし、ウイルスは逆に元気になってしまう)。(よく、食べ物で手足の冷えを改善するという方法を聞くが、中には、体の表面はあたたまるが、体の中は温まらないとか逆に冷えるというものもある。なので、運動のほうがベター)
 ウォーキングなどの運動を習慣として続けると、食欲を抑えられ、体重の増加を防げる
 ストレスの解消になるというか、ストレスが少なくなるので、健康になる。
 運動をすると脳の海馬が発達する。「運動 神経新生」でgoogle検索すると説明がでる。
 まとめ:運動をすると筋肉から健康に良い物質が分泌される。→リンク  

●●ウォーキングが楽しくなるというか、待ち遠しくなってしまう方法があります。
 ショッピングが好きな人は、ショッピングモールだとか商店街とかを歩く。それだけです。なーんだそんなことかと思われそうだけど、ショッピングが好きな人は、実際、楽しいので、ウォーキングが待ち遠しくなります。当然、そのショッピングモールが遠い場合は、車や自転車でそこに行くのが良いでしょう。あるいは定期券の区間ならその区間のいろいろな場所へただで行けるし。今日は新宿、明日は渋谷、明後日は代官山っていう感じで。浪費癖がある人は、やらないほうがいいですが、単にショッピングが好きなだけなら、念のため、カードを持たないで最低限の小銭だけを持って行けば衝動買いがないし。
 ショッピングは一つの例です。街歩きが好きなら、その町まで、車や電車で行って、歩く。美術館が好きなら、美術館まで車や電車で行って、美術館の内外で歩く。

●よく、「牛肉や豚肉やハムやソーセージなどは多く食べると癌になるからほとんど食べない。でも、魚はDHAが含まれていて頭にもいいし癌になりにくいので、魚は食べる。」。このように言う人がいる。でも、「牛肉や豚肉やハムやソーセージ」を食べても、簡単にDHAを取れる方法がある。その方法は当たり前すぎることだが、このリンク先の通りのことをすれば良いのです。おいらはこの方法をとっているので、適度な量だが、ほとんどためらいなく「牛肉や豚肉やハムやソーセージ」を食べている。
追記: 10倍に薄めた酢を大さじで1日2杯飲むこともおいらはやり始めた。外出中は持ち運びに便利なように梅干しとか梅干し純(商品名)を食べる。これはがん予防よりも糖尿病予防のため。

●サラダ油よりもオリーブ油を使った食事のほうが、人生全体スパンで言えば、圧倒的に得をする(説明リンク)。(ついでに言うと、酢も食べ物に加えると良い)。一般に飲食店やコンビニの食べ物の食材としての油はオリーブ油をめったに使わず、ほとんどがサラダ油である。なので、せめて家にいるときはオリーブ油を使うべきである。
 
●買ってきたマヨネーズ(卵黄型がよい)にオリーブ油と酢を少し混ぜるとよい(できれば自分で作るとよい。作り方: 卵黄と酢と塩とオリーブ油を混ぜるだけ。動画リンク)。スパゲティやラーメンやお惣菜にも酢やオリーブ油を加える。
 ちなみにマヨネーズは意外にもGI値がかなり低い(GI値の一覧表 ←マヨネーズを焼豚やプリンなどと比べてみるとかなり低いことがわかる)。

●たとえば、今月、医療費が100万円かかった場合、役所に申請をすれば、8万円支払うだけで済む。これは高額療養費制度と言われている。8万円が上限ということである(所得によって金額に違いがあるが約8万円である)。これを知らない人が意外に多く、初めて聞いた人はまず信じない。「高額療養費制度」でGoogle検索すると良い。
ところで、これは、国保または社保などの保険に入っていることが条件だが、入っていない場合は、その場というか、その時に役所に行って、国保に加入すれば良い(おいらの聞いた話では、病院に掛かる前にさかのぼって加入できる。というか、引っ越しとか、退職とかをした場合などで国保に加入しないでいた場合、その引越や退職の時期まで遡って加入し、保険料もその時期からの分を納付する)。
で、この制度を利用しなくても、保険証を提示するだけで、その場で、3割負担なら、100万円が30万円になるんですよね。2割負担なら、20万円ですね。それが、高額療養費制度を利用すれば、8万円で済むということです。

●●●口臭の予防・虫歯の予防・歯周病(歯槽膿漏や歯周ポケットなども)の予防を簡単に行う方法がある。
それは、新ビオフェルミンS錠を食後に口に溶けるまでしゃぶるだけ。噛み砕いても良い。この新ビオフェルミンS錠は本来は整腸を目的とした善玉菌の錠剤なのだが、歯の健康にも良い。値段についてだが、量により当然値段が違う。540錠入りが割安。ネット通販だと、約3000円だが、安いドラッグストアーだと約2000円。新ビオフェルミンS錠の公式ページにも歯への効果が同様に書いてある。おいらは2017年から利用を開始し、毎食後や間食の後はかならず1錠しゃぶっている。まあ、毎食後でなくても、寝る前はかならずしゃぶっている。この商品とは別に他のメーカーから「口内環境を改善する専用のタブレット」というものが売られているが、おいらの調査では、新ビオフェルミンS錠のほうが効果が高いし値段も遥かに安い。
しっかし、こんな商品を売られては、歯医者さんは仕事がなくなっちゃうっていうか、すでに歯医者さんの過当競争時代になってるし。
追記(2017-12-08): もう一つ良い点がある。無駄食いをしなくなる。つまり、「せっかくこの錠剤を摂ったのに、また何かを食べるのは、錠剤がもったいないというか、また摂るのがめんどくさいので、間食をやめよう」ということになる。

●歯は食事して何分後に磨くといいのか?大きく次の2つの主張がある。
 食後の歯磨きは逆効果。虫歯を促進させてしまう。その詳細説明のリンク先
 食後すぐに歯を磨いたほうがいい。その詳細説明のリンク先
この2つは矛盾するのだが、現にこの2つの主張がある。じゃあ、どうすればいいのかというと

ほぼどちらの主張にも言えることをすれば良いのである。すなわち、少なくとも食後は口の中に酸や酸の素になるものを入れておかない。具体的には、食後すぐに水やお茶を口の中に入れてグチュグチュと口の中を洗って、飲むなり吐き出すなりすれば良い。おいらは飲んでいるが)→おいらの結論→食後すぐにお茶を飲み、30分したら歯を磨く。(極論を言うなら、食後にお茶か水で口をすすぐだけでいい。歯は1日1回磨くだけでいい。)

ーーーーー
さて、次から、「歯のみがき方」と「食べ物のカスや歯垢の除去の方法」を説明します。
●●歯のみがき方。
 (これはおいらの場合の話なのだが、食後すぐには磨かない。30〜60分後に磨く。なぜなら、食後すぐ磨くと食べ物の酸で歯が傷つくから。食事して30〜60分後までに唾液がエナメル質の傷を修復してくれる。)
 歯磨き粉を着けない。歯磨き粉は研磨剤が入っているし。
 おいらはたまに口の中の香りを良くしたり、清涼感を得たい場合は、歯磨きの後に歯磨き粉を口に入れて水を少し口に入れて、ぐちゅぐちゅとして、最後に吐き出す。
 磨く形というか動作はどういうものかというと、このリンク先動画でよく説明している。 このリンク先動画も良い説明(サンスターの動画らしいが歯磨き粉については書いてない)。
 おいらも歯医者さんから聞いたのだが、鉛筆を持つ感じで軽く押して磨けば良い。50gから70gぐらいの力でいい。それを確認するために、おいらの歯医者さん(歯科衛生士さん)は実際にキッチン計りを使って歯ブラシを50gから70gで押し付けて、「このくらいの強さですよ」と言いながら説明してくれた。

↓次は、歯間ブラシとかデンタルブラシより良い方法を書きます。

●●歯間ブラシやデンタルフロスで歯間を磨くと、食べ物のカスが取れたり、歯垢が取れたり、歯の匂いがなくなったりします。でも、うまくやるのは難しいし、特にデンタルフロスはすごく大変です。
ところが、もっと簡単で、もっと多くの効果がある方法があるんです。それは、下記の動画のとおりです。
つまようじ法の磨き方CG版
で、通常は次に示すAの歯ブラシを使ってつまようじ法を行うのだが、おいらはBとかCとかの歯ブラシを使っている、または、使う予定です。
A つまようじ法歯ブラシを使う
B 子供用または柔らかめで普通の歯ブラシを使う。
C 子供用または柔らかめで普通の4列の歯ブラシをハサミで2列分を切って残った2列の歯ブラシを使う
くわしく言うと、おいらは、Bの歯ブラシでいつもやっている。今度、試しにAの歯ブラシを使って見る予定なので、アマゾンで注文しているところ。それと、Cの歯ブラシでも試しにやってみる予定。で、ABCで総合的(効果・便利さ・経済性の点で)に比較検討する予定。なので、後にその結果をここに書きます。→ 結果 → おいら的には、Bでなんとかなる。なので、おいらは今はずっとBでつまようじ法をやっている。普通の歯磨きもこれでやっている。
上記リンク先の動画の説明では1回に付き6から7分かけ、1日に2回やるというのだが、おいらは1回に付き2から3分かけ、1日に1回やるだけ。なぜかというと、3分ぐらいならやる気になるから。やる気にならなくて、結局やらなったということになるより遥かにマシだし、おいらは数年前までは、全く歯間の手入れをしなかったので、それよりマシだから。ところで、おいらのこの感想としては、「これを行うと、口の中が爽やかになった気分になり、気分的にも良い。面倒な作業をやるという気持ちにはならず、逆に、はやく、このつまようじ法をやりたい気持ちになる。」ということです。まあ、本当のつまようじで歯をきれいにするのがクセの人がいるけど、このつまようじ法もそんな感じである。
歯肉にも良い:
つまようじ法による歯肉強化論
おいら、現在、歯肉炎です。なので、このつまようじ法を続けることで治療されることを期待しています。その後の経過をここで書きます。
くどいようですが、これはすごい方法だと思う。今は歯間の手入れは「つまようじそのもの」か「歯間ブラシ」か「デンタルフロス」が当たり前です。でも、おいらの予想では、数年後にはこのつまようじ法が当たり前の世界になってしまうんじゃないかって思っている。だって、簡単だし、爽快だし、歯の病気の対策にもなるんだから。
●●追記(2018-07-04):
2017年の11月頃に、歯科に行って歯石除去をしてもらった。そのときに、「あなたは、歯槽膿漏にもなっていないし、歯周ポケットもないです。でも歯肉炎の初期になっています。」と言われた。なので、その後(というか実際は2017年の夏頃から)おいらは、下記のような磨き方をした。
   ーーー
 食べたあと、特に、甘いものや酸のあるものを食べたあとは、必ず、お茶を飲むのだが、同時に、そのお茶で口をゆすぐ。
 歯は3日に1回磨く(毎日とかでないのでかなり少ないが、後述するとおり、この方法で良い)。歯磨き粉は付けない。磨き方は、最近推奨されている磨き方、すなわち、歯と歯茎の間を軽く(約70gの力)5回から10回往復させるだけ。
 その歯磨きの際は、同時というか直後につまようじ法(当ページ内で解説)を行う。
 つまようじ法は歯に食べ物が詰まった場合にも行うと簡単に除去できる。その際に、ついでに全部の歯に対してつまようじ法を行っている。なので、つまようじ法は前述の場合を含めると、1〜2日に1回行っている。
 歯ブラシは普通の硬さまたは柔らかめの硬さの普通の歯ブラシを使っている。
 新ビオフェルミンを寝る前に2錠飲んでいる。それと、なるべく食間(例えば、昼食と夕食の間)にも2錠飲んでいる。
   ーーー
 で、その7ヶ月後の2018年6月下旬にも歯石除去の予定になっていたので、そのときにも当然歯科衛生士さんと歯医者さんと話した。そしたら、嬉しいことに、なんとこう言われた。
 「歯肉炎は前回と比べて改善しています。」(歯科衛生士さんが言った)
 「ちゃんとよく磨いていますね。」(歯科衛生士さんも歯医者さんも言った)
と言ってくれた。でも、実際は、3日に1回しか磨かないし、磨くときは、必ずつまようじ法でも磨いている。なので、論理的に言って、今後も同じ方法でいいということですね。すなわち、3日に1回ぐらい磨けばいい。磨いたときはつまようじ法でも磨く。なお、おいらは、そのときに歯医者さんや歯科衛生士さんになんと答えたかと言うと、「歯科衛生士さんが磨き方を教えてくださったので、そのとおりにやったら、こうなりました」とお世辞みたいなことをおいらは言った。3日に1回とか、つまようじ法とかについては、この歯医者さんとの付き合い上、あえて言う必要性というか言う意味がないので言わなかった。話は戻るが、この事実は、つまようじ法が効果的だという証明というか事例になると言えるだろう。


●ゆっくりスクワット
目的:
若返りホルモン、マイオカイン分泌を促す
方法:
(1)肩幅くらいに足を広げる
(2)膝をつま先の上に下ろすつもりで、ゆっくりとしゃがんでいく
(3)太ももが水平になるくらいまでしゃがんだら、
(4)ゆっくりと立ち上がっていく
◇ポイントは、できるだけゆっくり。特に立ち上がるときは、5センチくらいずつ段階的に立ち上がるようなつもりで意識するといい。
◇これを1日10回(例えば、夕方に10回行ったらその日は完了)。
以上の出典元URL→   (同一の先生(提唱者)が1では1日10回だけと言い、2では15回を1日に2回(合計30回)と言っている。で、その先生は1で1日10回で十分とはっきり言っている。なので、慣れてきたら2でやればもっと効果があると解釈すればいいだろう)
腕はバランスをとったり椅子や机につかまるために使えば良い。ゆっくりやるのだが、目安(めやす)としては、1回あたり30秒かけてやるなら1日10回。1回あたり15秒かけてやるなら1セット15回で1日2回。まあ、これは目安なので自分にあった時間や回数でいいだろう。上の2のほうの動画ではしゃがむ時に吸って立つ時に吐くと言っている。
  外見上は下記動画のとおり。腕組は不要。時間とか回数とかは上記の通り。もし、痛かったり無理な感じがしたりするならば、足の角度をゆるくしたり回数を少なくしたりすること。←かなり重要。

(再掲)余談だが、同じ筋肉量を増やすためにスクワットなら15回ですむのに、腹筋運動だとなんと500回。「腹筋500回=スクワット15回」→出典元URL 

●筋肉を2倍効率的にアップさせる方法:
まず、結論から書きます:
 やっとのことで10回できるという程度の負荷の筋トレをやる。具体的には、ゆっくりスクワットを1セット10回1日2回行う。(やり方は今見ている当ページに書いてある)
 1日おきにやったほうが筋肉がアップしやすい。(その理由は今見ているページで超回復でページ内検索。)
今度は、その根拠を書きます:
強い負荷の動作を複数回繰り返すと乳酸の蓄積量が増大。→乳酸は成長ホルモンの分泌を盛んにする。→その成長ホルモンは@臓器の細胞分裂を盛んにする。A筋肉を増量する。BPFC(タンパク質と脂質と炭水化物)の消費を促す。
おまけ:
3分程度の筋トレの後30分以内にタンパク質と糖質を食べるといっそう効果が高まる。
すなわち、
筋トレの30分以内。
タンパク質・・・例えば、牛乳200ml。ヨーグルト1個。チーズなどの乳製品でも良い。
糖質・・・例えば、どら焼きを半分。プリンを1個。アイスを1/2カップ。ジュースをコップ1杯
参考ページ(ただし、仰向けになる腹筋運動は不要だと思う)

●●●簡単で効果的な運動。これだけでよい。本当にこれだけで効果があるのかと思われそうだが、このページに書いたリンク先のとおり、実際にスポーツの教授とか専門家が十分な研究をした上で推奨している。
おいらが推奨する毎日行うべき運動 (Aは最も重要。BCはなるべくやったほうが良い):
A 一番上の「3分速歩健康法」で、(3分速歩 + 3分ゆっくり歩き)を1日3回。(外出したついでにやれば良い)・・・約20分/日。外出したついでに気軽にやれば良い。
B 上から2つ目の動画のロングブレスを行う。・・・「1セットが2分で1日1セット」(1日の合計時間が2分)。待ち時間についでにやれば良い。例えば、エレベーター待ちとか、レンジで温める時間待ちとか。
C すぐ上の動画のスクワットを行う。・・・1セット10回を1日1セット(なので、スクワットの回数が1日10回という意味です)(約5分/日)。ただし、階段をうんと登るような負荷が大きかった日などは翌日はやらないほうが筋力アップする。 待ち時間を利用すれば良い。電車やバスの待ち時間とか。
ーー
追記: おいら的には、たとえば階段を3分間連続して登るとかすれば、AとCをまとめて効率的にできると思う。
ーーー
上に書いてある「筋トレ」の話でおいらは「同じ筋肉を毎日トレーニングすると逆に筋肉が弱くなる」と書いた。なのでBのスクワットは、例えば50回とかのようにたくさん行うなら、1日おきの方が良い。1日10回程度なら毎日やっても問題ない。(傷つく筋繊維が少ないので)。

●●使い捨てカイロは簡単に温度調節できる。例えば、熱すぎる場合は、この方法を使うと、自分の好きな温度にでき、しかも、低くなった分だけエネルギーが節約できるので、長時間使える。その方法はこちらのページに出ている。

●毛細血管を増やす食べ物として、シナモンがあるが、実はもっと簡単に毛細血管を強くしたり増やしたりする方法がある。では本題です。
ーー
運動によって筋肉を鍛えると、
@毛細血管が新生されて血液の通り道が増える。
A運動で上昇する体熱によって血中の老廃物が燃焼され、血管内を流れやすい血液になる。
Bストレスが解消される。
C交感神経が抑制され、副交感神経が亢進される。
D心機能が向上する。
という効果が認められています。
引用元リンク)←このページはやや長文だが、良いことがいっぱい書いてある。
ーー
マイオカインは筋肉を動かすことで分泌されるホルモンです。
マイオカインは運動をすることで分泌されるホルモンで、筋肉で作られ全身に巡って様々な健康効果を引き出す物質の総称です。運動と言っても、今見ているページのウォーキングやスクワットで良いのです。
マイオカインの中に毛細血管を増やす作用があるホルモンも出ます。
マイオカインにはまだまだいっぱい効果があるので、マイオカインの効果を列挙しましょう::
・うつ、不安の抑制
・アルツハイマー型認知症の予防
・脳卒中の減少
・心疾患の予防、改善
・動脈硬化の改善
・骨密度の増大
・血圧の安定
・免疫機能の亢進
・糖尿病の予防、改善
・肝機能、膵臓機能の亢進
(脂肪を分解してくれる、血糖値を下げる)
・癌発生率の低下
・若返り効果(老化の予防)
引用元リンク

●コリンはアルツハイマーの予防になる。コリンはレシチンに含まれている。レシチンは納豆や卵黄に多い。余談だが、納豆は血栓を溶かすので血栓の予防にもなる。

●おいら的な認知症予防法(若年性認知症も)
 運動をする。
 オリーブ油を毎日大さじ1〜2摂る。
 卵(生の白身は食べない)か卵黄マヨネーズを食べる(マヨネーズは意外にもGI値がかなり低い)。納豆を食べる。DHAを摂る。
 砂糖などの血糖値が高くなる食べ物や高GI値の飲食物を食べたら、お酢や梅干しを摂る←食後1時間後頃に血糖値がピークになるので、食後に運動をするのも良い(すぐ後に詳細説明あり)。
 甘い飲食物やくだものやパンを食べると、1時間前後に血糖値が上がることを示すグラフが見れるページ→ こちらのページ 
ーー
認知症については、もう一つ情報がある。それは、
頻尿の薬や降圧剤は認知症になりやすい効果もある。
 頻尿の薬について: ほとんどの頻尿の薬は抗コリン作用がある。抗コリン作用のある薬は認知機能を低下させるリスクがある。では対策を書きます。抗コリン作用のない頻尿薬もあるので、お医者さんにそういう薬にしてくださいと言う。これが対策です。(週刊現代2018-06-23日号41ページから数ページに出ていた)。おいらはこれ以上は記述しませんが、気になる方はネットや図書館で調べたりや主治医さんに聞いたりしててください。
 降圧剤について: ちょっと昔は高血圧の基準値が厳しすぎていた。すなわち、「降圧剤を出す必要がないレベルの高血圧の患者にも降圧剤を処方していた」。そういう報道が頻出したので、最近(2015年ごろから)は本当に降圧剤が必要な患者にだけ降圧剤を処方するという当たり前のことをするようになった。その当たり前なことをしないお医者さんもまだいるようなので、自分の血圧や症状をもとに自分で調べるとか、セカンドオピニオンをしてみるとかするとよいだろう。そもそも、年をとると血圧はある程度は高くなるのは当然というか、身体的に必要性があるのです。なのに、年令に関係なく一律に「この血圧なら降圧剤が必要」って感じで処方していた。詳しくは、「降圧剤 副作用」あるいは「降圧剤 認知症」で検索してください。
ーー
血糖値の話が出たので、次の項目から血糖値の話をします。
血糖値が日常的に高いとか、一時的に急上昇するとかだと、長い目で見ると、すべての血管の内側が厚くなって血液が通りにくくなり、すべての臓器に悪影響が出てきます。これすなわち糖尿病です。さて、健康の人でも発生しうることとして、血糖値スパイク(食後血糖値急上昇)があります。
血糖値スパイクの対策について以下で述べよう:
● (この10行ほどの項目は、やや特殊事例なので、飛ばして読んでも大丈夫です)
砂糖入りコーヒーのコーヒー中毒の人がいる。特に、甘さのせいで血糖値の急上昇が起こる人が多い。これに対する対処法というか実体験的ブログがある(本人的には大成功って感じである)。具体的対処法は→エスプレッソよりもちょっと濃い砂糖入りコーヒーを通常の1/3の量だけ、3口ぐらい飲む(こういう習慣のある人の対策です)→薄めた酢を飲み→お茶を飲む。→この繰り返し。繰り返しって言っても立て続けに飲むのではなく、数10分かけて飲むのです。数10分かけなくっちゃって義務感を持たなくても、実体験として、自然と数10分かかってしまうので気にならない。
この説明だけでは、理解も納得も困難だろうから、この出典もとページを見てください。特に、そのページの追記に良いことが書いてある。


血糖値の急上昇(血糖値スパイク)を避けるには薄めた酢を飲む。
おいら的にはGI値の高い飲食物を飲食したら、食後に水で10倍に薄めた酢を3口ほど飲む。 おいらが日常的にやっている対策は、薄めた酢を事前にペットボトルに入れておいて、砂糖入りコーヒーを飲む時に飲む。外出先では梅干しを乾燥させて錠剤にしてある梅干し純というものをしゃぶる。当然、お菓子やラーメンなどの他の高GI値飲食物に対しても、同じ。 ラーメンに酢を掛ける場合とかけない場合の比較グラフが見れるページ。 注意:最後になるべくお茶や水を飲んでください。さもないと口の中に残っている酸(酢)や食べ物の残りで、虫歯になりやすくなってしまいます。

ここまでは、砂糖入りコーヒーでしかもおいらの場合を中心に書いた。

下記も血糖値についてですが、もう少し一般的というか、多くの場合に当てはまる形で説明します。
●●●
食後の血糖値上昇を避けるには:
 ★野菜を先に食べる。野菜やタンパク質(納豆や魚や肉)が先。その後に炭水化物(米・小麦)や糖分(果物や砂糖入りコーヒー)を摂る。
 ★10倍に薄めた酢を飲む。1日あたり合計で大さじ2杯分の酢の量なら過剰摂取にならない。
 ★食後に運動をする。理想は毎食摂取開始30分後に1分運動+30秒休憩×20セット)だが、ここまで厳格でなくて良い。具体的には、食事をして30分経ったら、ウォーキングやスクワットなどの中強度の運動をする。当然、肉体労働をしている人は、仕事の合間にコーヒーやおやつを安心して飲食できる。
血糖値についての食事と運動 このリンク先では、いろいろな条件で試して得た結論として、「食事の15分後に、15分間、15w(ジョギングとウォーキングの中間くらい)の運動が効果的」と書いてある。
いろいろな食物の食後血糖値のグラフ群(再掲) ←コーラは砂糖入りコーヒーの3.5倍ぐらい血糖値(グラフ上で血糖値と時間の面積で比較。平常血糖値以上の面積を比べた場合です。)が上がる。おいらは、コーラをたまに飲むのが大好きなんだけど、重労働をしなくちゃならない直前にしか飲まないことにしている。重労働とは、例えば、緩やかな坂道を10分ぐらい自転車で登らなければならない場合です。

この運動について。上記とほぼ同じ意味だが、別の説明の仕方、もっと具体的な説明の仕方をしてみましょう。
食後と言っても、食後何分目から何分目がいいのか?および、食後どのくらいの運動の強さならいいのか? → こちらのリンク先のグラフを見れば一目瞭然(食事を始めて30分後から1時間後までの30分間ということを示している。例えば、7:00に食事をはじめて7:15に食事を終えた場合、7:30に運動をはじめて8:00に運動を終える。あくまでこの表による) → 弱い運動でもかなり下がるが、強い運動なら食前と同じレベルまで下がる。 → 前述の酢を飲むのよりも遥かに血糖値が下がる(軽い運動と酢を飲むのはだいたい同じレベル))。
追記: 食事時に牛乳をコップ1杯飲むと、血糖値の上昇を抑えられる。しかも、血糖降下薬と同じレベルの効果。出典元リンク(比較グラフ付き)
追記:このように運動の強さや時間を完璧にするなら、当然、食べる順序や酢を飲むことは不要。運動が完璧でないなら、それなりに組み合わせる(少なくともおいらの場合)。

●糖化について。酸化も体に悪いが、糖化も体に悪い。
酸化は活性酸素によるのだが、それについては、よく知られているので、ここでは糖化について書きます。
 糖化は、簡単に言うと炭水化物を食べると体内でAGEs(終末糖化産物)が発生して健康を悪くする現象です。AGEsは前述したようにコーラや甘いお菓子などを食べたあと体内でできるということです。
 ところが、食べ物自体にすでにAGEsがある食べ物もあります。すなわち、AGEsは料理や加工でタンパク質と糖が加熱されることでも発生するのです。例えば、焼き肉とか、とんかつとか、フライドポテトとかです。で、ここで電子レンジが関係してきます。
 電子レンジでだいたい100度以上、たとえば200度、に熱した肉やフライドチキンなどの食べ物も当然AGEsが含まれているのですが、それをもう一度電子レンジで温め直すと、温め直すだけで、AGEsが今までより増えるのです。何回もあるいは何分も温めれば温めるほどAGEsが増えるのです。なので、電子レンジの追加的な加熱はしないほうが良いのです。そうは言っても温めたいので、その場合は、まあ、普通のガスレンジとかIHクッキングヒーターで温めるのが良いでしょう。ところが、で電子レンジであっても、ある器具を使うと、このガスレンジやIHクッキングヒーターと同じ効果が出る方法があるんです。その器具は→ マルチパンなどの商品です。

●AGEs対策関連:
 AGEs対策で最強なページ(おいらの知る限りでは最強)。以下は要約:
  お茶 豆乳・・・AGE化を防ぐビタミンB1やB6(豆乳)、カテキン(お茶)を摂る
  納豆。
  にんじん、トマト、ほうれん草、ブロッコリーなどの緑黄色野菜やジャガイモ・・・αリポ酸をたくさん摂取できる食品
  酢 玉ねぎ
  鳥の胸肉
  きのこ(ビタミンBやD)
  果物(ジュースはダメ。果物そのものを少し食べる。食べ過ぎは糖分のとりすぎなのでダメ)
  ご飯、パンやパスタにはオリーブオイルを混ぜたり一緒に食べたりすると良い。
  加熱が少ないほど良い。例えば、生・茹で・蒸す・煮が良く、焼きや揚げやレンジで焼いたり、レンジで再加熱したりすることは悪い。
 ---
 AGEsがつくられにくくする食品を表で列挙しているwebページ  例えば、入手しやすいて安いものもので言えば、
 紅茶や緑茶などお茶なら何でも良い チーズ 味噌 納豆 米酢 リンゴ バナナ
 「肉をローストする場合、予めレモン果汁や酢で 1時間処理することで、生成する AGEs を 1/2 にすることができる」(引用元ページ。このページの図3も見ると良い)
 ーー
 糖化を防ぐために食事の前あるいは食事の最初に食べると良いもの:
 ヨーグルト 豆乳 (どちらも糖分を加えていないものが望ましい)(出典のリンク
 食後は:
 お茶(カテキンに抗糖化作用がある)
ーー
 大豆製品(きな粉・豆乳など)を朝食に食べると、朝食だけでなく昼食でも血糖値の上昇を抑えられる。要約的引用元(ページ名:「朝の1杯で体内年齢−10歳、きな粉若返りドリンク」)
ーー
 パスタを食べると血糖値が高くなる。でも、オリーブ油たっぷりのパスタだと、血糖値の上昇を抑えられる。酢を加えるともっと効果がある。出典リンク。おいらパスタが大好きなので、頻繁に食べるのだが、いつもオリーブ油を大さじ1杯ぐらい入れている(パスタの量は1.5人分ぐらい)。今度、酢も入れる予定。→最近レシピが完成した。→ パスタ1.5人分をゆで→お湯を切り→オリーブオイルと酢とキムチを入れる。塩や胡椒は酢とキムチが代用するので全く不要。混ぜて完成だが、海苔や玉ねぎも入れるとベター。
 主食の血糖値問題はパスタだけではない。小麦が主成分のものすべてに言える。なので、ラーメン・うどん・パンにもオリーブ油や酢を加えると良い。うどんやパンに加えるのは若干違和感があるかもしれないけどね。
ーー
「筋トレすればするほど、血中の糖が使われて、血糖値が下がるのです。」「インスリン分泌が低下した糖尿病患者でも、効果が期待できます。」(出典元リンク) 
ーー
●グルテンについて:
 グルテンは老化や不健康を促進する。
 グルテンは小麦に含まれている。すなわち、パン・麺類・パスタ・お菓子に含まれている。
 米には含まれていない。なので、米・もち米・玄米には含まれない。こういう点でも、玄米は健康に良い。
効果というか悪影響:
 腸内環境の悪化(グルテンの分解酵素を持っていない人は、グルテン消化不良や便秘、下痢、さらにはアレルギー反応を起こす)。
対策:
 グルテンを含まない食事をグルテンフリーと言う。グルテンフリーは、同時に糖質をコントロールするとグルテン対策に効果が高い。ご飯に、味噌汁、野菜や海藻、豆類を多く摂取できる和食は、グルテンフリーにぴったり。和食の基本、「まごはやさしい」は、体にもやさしい。
https://www.olive-hitomawashi.com/column/2017/12/post-839.html

グルテンは小麦などの穀物に含まれている他、ありふれた添加物としてアイスクリーム、ホットドッグ、ソーセージ、マヨネーズ、ケチャップ、チーズ、シロップ、ビールなど多くの食品に使われています。
http://suzuran-maeyama.com/blog/archives/2015/08/post-37.php

小麦が次のような体の不調を引き起こすとされている(もちろん体質や生活等によるが)。
・慢性的なストレス、疲れ、頭痛
・不眠症
・下痢、便秘、腹痛、膨満感(消化器疾患)
・吐き気、嘔吐
・肌荒れ、シミ、くすみ、ニキビ(皮膚疾患)
・生理痛、不妊症、月経前症候群(婦人科疾患)
・認知症、アルツハイマー病、統合失調症(神経障害)
・ADHD(注意欠陥、多動性障害)
・自閉症
https://www.bookbang.jp/article/521160

●●●おいら的な、糖尿病対策=肥満対策=ダイエット≒血糖値上昇対策=糖化対策=ages対策(直接的な目的は食後の血糖値上昇を軽減することです):
  ーーーーーー
 きな粉ドレッシング(酢1、オリーブ油1、きな粉3、醤油0、5ぐらい)を小型ペットボトルに入れておく。
  ↓
 炭水化物を飲食したら、必ず、これを飲む(炭水化物とは、例えば砂糖入りコーヒー、コーラ、ジュース、シロップ、麺類、小麦や砂糖入りのお菓子、アイスクリーム、ご飯など)。
ーーー以下は注意事項ーーー
◇このドレッシングは飲食直前や直後や途中ならいつでも摂ってよい。大さじ1〜2杯ぐらい。ただし、この中の酢は酸なので歯や喉や食道を痛める恐れがる。なので、必ず水やお茶や麺類の汁などの飲み物で薄めて飲む。ついでに言うと、おいらは必ず最後に口内の洗浄を兼ねてお茶を飲んでいる。
◇ 飲食後にウォーキング10〜30分またはそれと同じぐらいの運動をするならこのドレッシングは不要。というか、食後はなりたけ運動をしたほうが良い。
◇ そのペットボトル入りの飲み物は外出時に持っていれば、砂糖入りコーヒーやその他の炭水化物を飲食したらすぐに飲めるので、おいらはそうしている。
◇ 酢、オリーブ油、きな粉、お茶はいずれも、血糖値上昇を軽減する効果がある。醤油は単なる味付けなので、塩でもよい。

●腹が減って我慢できないときはおいらはこうしている:
 卵黄マヨネーズ小さじ3 と オリーブ油小さじ1 と 酢小さじ1 をかき混ぜ、玄米ご飯と一緒に食べる。
 すると、空腹がおさまる。当然、栄養があるので健康的。よく、腹が減るとラーメンとかパスタとかお菓子とかパンとかを食べる人がいるが、健康面ではこの混ぜ玄米ご飯のほうが格段に良いはず。
 外出している時も、空腹時にはこれを食べる場合は、おいら的には、これをポリ袋に入れて、食べるときはおにぎり見たく食べる、っていうか、まだやったことないので、やって見る予定。作るのが簡単だし、材料も安いし。まあ、玄米ご飯は、まとめて作って冷蔵庫とか冷凍庫に置いて小出しにして使えば、簡単。玄米ご飯は、わざわざ暖めなくてよい。

●血糖値が食後に急上昇する体質や食生活になっているかどうかは、計測機器がなくてもわかる。その方法を書きます:
「「「
普段から食後血糖値を測るのは無理、と考える人も多いでしょう。でも、血糖値を測らずに推測できる兆しはあります。それは、食後2時間程度で空腹感を覚えて、その1〜2時間後に空腹感が収まったりしたことがないかどうかです。食後30分から1時間で血糖値が上がるので、インスリンが分泌されます。インスリンの作用で血糖値が下がるため、一時的に低血糖に陥り空腹感を感じてしまうのです。
」」」https://www.healthcare.omron.co.jp/resource/column/life/139.html←出典
  参考になるグラフが見れるページ(再掲)
●酢を摂ると痛風や尿路結石の予防になる。
 酢が痛風の予防になる根拠ページ
 酢が尿路結石の予防になる根拠ページ
 なお、血糖値上昇対策になることは、上の方で書いた。
  ーーー関連することなので再掲→ 「「「酢の過剰摂取について: 冷え性の人が酢を飲みすぎると体調が悪くなることがある。内蔵型冷え性の人は水で割らずお湯で割って飲むとよい。また、酢にはドロドロの血液をサラサラにする効果があるが、過剰摂取し過ぎると赤血球を破壊して”溶血性貧血”の原因になる可能性がある。酢の1日の摂取目安として15〜30mlが良い。(出典元リンク)」」」

ーーーーー 以下からはジャンルがちょっと変わります。ーーーーー

●●●●●1年に1回は風邪、特にインフルエンザにかかったほうが癌になりにくい。
まず、箇条書きでポイントを書きます:
◇ ガン細胞が増殖するのは35℃台。
◇ ガン細胞が死滅するのは39℃台。
◇ わざわざインフルエンザにかかってがん予防をする医者が多数いる。
◇ 体温が1度上昇すると免疫力は3〜6倍になる。(ここまでの出典及び詳細リンク)。
◇ がん患者のほとんどが低体温。
◇ 医療の現場では、抗がん剤、放射線治療をしても全く効かなかったガンが、肺炎などを併発し高熱を発してうなった後、なぜか、ガンが消えていたという報告が1万件以上ある。
◇ 平熱を1度上げることはそれほど難しいことではない。運動が適切。(出典及び詳細リンク→   )。
◇ 低体温を治すには、姿勢や下半身に関わる筋肉を鍛えると効果がある。この筋肉の基礎代謝で24時間体温を上げてくれる。(詳細ページ)。早い話が、約20行上に書いてあるABCをやればOK.
◇ 体温の中心温度が37.2℃が一番健康体と言われていますが、36℃台を下回り35℃台の人さえいます。1957年に公表された日本人の平均体温は36.89℃でした。しかしこれに対して近年は36.20℃とおよそ60年間で約0.7℃も低下しています。体温が36℃以下になってしまう事を一般的には低体温と言います。(引用したリンク先
◇ 風邪のひき始めはお風呂に入って体温を上げるという話を聞いたことがあるでしょう。海外では風邪のひき始めは運動をして汗をかくのがやや常識になっている。参考リンク
◇ 「最新の研究で、がん細胞は特に35度を最も好み、39.3度で死滅することが明らかになりました。」宇田川久美子著『薬剤師は薬を飲まない』(廣済堂新書)
上記を否定する記事もある→ 追記(2018-05-05@):エビデンスは不明だが、「一度発症した癌は高体温でも死滅しません。」(リンク
 追記(2018-05-05A): 「最近ではインフルエンザになった患者でも、熱が39度を超えなければ、積極的には解熱剤を使いません。体温が高いほうが、免疫が活性化することがわかってきたからです。」。週刊現代2018年4月28日号156ページで生命創生探求センターの富永真琴教授より。
---
 更に驚く事実がある。前述と全く矛盾する内容です(結論から言うと、若い人と高齢者は平熱については逆。高齢者は低いほうが長生き)。
「体温が低いほうが長生き」で検索するとわかる。事実として、100歳以上の人のほとんどが平熱が35度台。
おおむね65歳以上は体温が低いほうが良い。←おいらが週刊現代2018年4月28日号の内容を汲み取ったもの。下記は、同じ意味だがその詳細である。
「病気の他に性別や年齢なども平熱と関係していましたが、これらを全部合わせても平熱の高さの違いの8.2%しか説明できませんでした。では、平熱が高いか低いかの違いと最も結びついていたものは何だったでしょうか。それは死亡率でした。つまり、平熱が高い人ほど死にやすい傾向があったのです。平熱が0.149度高いと1年間の死亡率が8.4%高くなっていました。」(引用元は→平熱が低いほうがむしろ長生き?(アピタル・酒井健司2018年1月29日06時00分))
 元聖路加国際病院名誉院長の日野原重明氏も「私は起床時には35度あるかないかです」と100歳のときの講演ではっきりと言っていた。
 この矛盾をどう説明すれば良いのか。年をとると、省エネの体になるので、食事は少なくなる。若い頃は沢山食べるのが普通なのだが、その調子で約40歳以上になっても食べ続けると、肥満や生活習慣病になる。食事量が少なくても良い省エネの体である高齢者は、省エネなので熱が少なくなる。(生活習慣病→食べ過ぎなので消化や代謝で熱が出る)。
おいら的に調べた結果どうやら、熱が高いから細菌やウイルスやガンと戦えると考えるよりも、細菌やウイルスやガンと戦っているから熱が高い、という解釈も成り立ちそう。この矛盾の解釈については、現代医学でも、明確な結論は出ていない。
---
体温に関してのおいら的なまとめ:
日頃、適度に運動しているなら、平熱が低くても良い。インフルエンザになっても39度を超えなければ解熱剤を飲まない(ただし、医師のアドバイスのもとで)。1日のうちでは0.6−1.0度の体温の変化があるのが普通。起床時が低くて、体が活発な昼間は体温が高い。運動をすると体に良いし、夜よく眠れる。
追記(2018-05-05B):「細胞を攻撃する「活性酸素」が、高体温だと生じやすい」(リンク




下記はコメント欄とかです。

ご意見ご希望などがありましたら下記の掲示板に書いてください。
書き込み欄はスクロールして下の方を見ると見つかります。
別ウインドウで掲示板を見る場合はこちらをクリック
[書き込む]のボタンを押すとレイアウトが変わります。その場合はこちらをクリックすると直ります。



dddddd

┃┃
ままま