.. TOP ... 情報1 ... 株とか ... ケチ術 ... 驚き ... 笑い1 ... 笑い2 ... 掲示板 ... メール ... リンク ...

●●●年齢・干支の早見表
●●●年齢・学年の早見表


Yahoo!ショッピング



Yahoo!ショッピング




  
●●●言語矛盾の事典
●●●宇宙 時間 空間 の QアンドA
●●●英語のドラマでリスニング
●(英会話単語帳)   
●英会話
映画で英会話(リンク集)
●新しい言葉の辞書
●●●なぜ、アナウンサーは原稿をまったく見ない
●●●オープンオフィスのダウンロードインストールの仕方
●MDレコーダー(SJ-MR50)を買って使った報告
●掲示板
●MDレコーダー(SJ-MR50)を買って使った報告パート2
●●●ホームページの印刷で右端が途切れなくする方法etc
●●●ホームページ画像を拡大する方法(追加ソフト不要)
●パソコン画面に目印を付ける方法(追加ソフト不要)
●●●お気に入りを別ウインドウで開く方法
●●●バナー広告の動画を簡単に止める方法
●●●常に日本語入力ONにする方法(OFFも)
●●●ホームページビルダーで細線の枠を作る方法
●●●WILLCOM03の電池を使った充電器

当サイト名:スーパーポータル












 ↓広告

合宿免許の総合ポータル免許取るネット!教習所や格安プランをご紹介。




 新ページができました。
LibreOffice Windows, version 3.6.3日本語版をインストールしてみた。インストールの画像付き。
ができました。こちらです。2012-11-12




下記すべては前身のオープンオフィスで、更新は停止しました。なので、もはや見ても無意味です。







オープンオフィス3.2.0のダウンロードとインストールの作業を画像付きで説明
PS: ver.3.2.1について下の方に追加記入しました(2010/07/23)。

これは、旧バージョンからバージョンアップをするという形のインストールです。でも、私の見た限りでは、バージョンアップでない通常のインストールも殆ど同じだと思います。
このダウンロードインストールはwindows XP professional の場合の事例です。
それから、ここでは 簡略表現として、「オープンオフィス = ooo」と書くところがあります。openoffice.orgの略ですね。
3.2をインストールすると、設定を引き継ぎながら、自動的に3.1が削除されます。とうぜん、インストールする時は3.1は閉じて置きます。
注意: 以下の画像および記述は2010年3月15日の時点での情報です。
コメント: ver.3.2.1で修正した脆弱性についての追記(2010/06/10)

では本題です:

googleにオープンオフィスと入力して検索する

検索結果の上のほうに ja.openoffice.org/ というページがでるので、それをクリック



するとこういうページが出る。左上の「最新版(3.2.0)ダウンロード」をクリック



ダウンロード というアイコンをクリック




windows用(JRE付属)推奨147MB というところをクリック


このようなダイヤログが出る。これからダウンロードとインストールをするので、なるべく開いているソフトは閉じた方が良い。おいらは閉じなかったけどね。




実行をクリック。すると、このようにダウンロードが始まる。(保存というボタンがあるが、これは、他のパソコンにインストールする場合に押すのだと思う)



ダウンロードが終わると、このような画面になるが、インターネットは切断した方が良い。セキュリティソフトが自動ダウンロードとかすると混乱するし。
そしたら、「実行する」を押す。



次へ を押す。


保存先がこれで良いなら、展開ボタンを押す。おいらはそのまま展開ボタンを押した。


・・・・しばらくお待ちください とか出ているので待つ。



次へ を押す。



おいらはこのパソコンを一人で使っているし、他人がこのパソコンを通常は使用しないので、そのまま 次へ を押した。もし、パソコンを家族とか友人とかと共有していて、特定の人しかこのソフトを使えないようにするには、「USERのみ」の方を選択するのだと思う。




すべて を選択して、次へ



デスクトップ上にスタートリンクを作成した方が(つまり、ショートカットをデスクトップに作った方が)、便利だし、邪魔なら削除すれば良いのだから、そのまま、
インストールを押す 



インストールに10分ぐらいかかった。インストールしているときは以下のような小ウインドウが出て、インストール状況を示す文や図(進行具合を表す温度計を横倒しにしたようなヤツ)がでる。
なお、この文による説明で書いてあるとおり、今までパソコンに入れていた旧バージョンを自動的に削除していることがわかる。



そして、ついにインストールが完了するので、完了ボタンを押す。
完了ボタンを押すと、このダイヤログが消え、デスクトップ上にウインドウがなくる。2,3分待ったが、何も始まらないので、デスクトップにできたオープンオフィス3.2のアイコンをクリックした。



ここにそのアイコンが見える。左から2番目で上から2番目のアイコン。

クリックしたら、約10秒後にこういうダイアログが出た。おいらは登録しないを選んで、OKボタンを押した。 (でも、本当は登録した方がいいのだと思います。なぜなら、たぶん、関連情報とか、



こういうウインドウが出た。


文書ドキュメント(すなわち、writer)をクリックしたら、ほんの10秒で起動した。なぜこんなに速いかというと、今さっきメニューのウインドウを起動したからです。すなわち、すでに見えない形で半分ほど起動していたからです。パソコンを再起動した後の場合はどれほどの速さなのか?についてはすぐ下のほうで詳しく説明を書きました。




●常駐 とか msconfig について:
常駐させない設定にしようとして、msconfigから見てみたら、すでに常駐が外されていた(この常駐とかmsconfigについての詳しい説明は前バージョンのページに書いてある)。この更新という形のインストールでは、設定だけでなく、常駐についても引き継がれているということですね。

●インストールを終えて、パソコンを再起動したあとの起動時間について:
比較のために、まず、3.1.1について書きます:
PCを再起動した後、オープンオフィス3.1.1を起動してみた。そしたら、28秒かかった。<<<PCが再起動し終わっても、念のために3分ぐらい置いてから、オープンオフィス3.1.1を起動させた。なぜ3分置いたかというと、パソコンと言うものは表面上再起動が完了したように見えても、裏ではまだ、再起動が完全に終わっていないことがあるからだ。完全に終わっていない状態で、オープンオフィスの起動時間を測るとかなり遅い不正確な起動時間になってしまうからだ。以下の記述の起動時間も同様に3分ぐらい置いてオープンオフィスを起動させた。>>>
しかし、それを閉じて再び起動を試みると(すなわち、パソコンの起動後の2回目以降のオープンオフィスの起動は5.5秒となる。なぜ、2回目以降は起動が速くなるかというと、1回目のを閉じても、常駐状態と同じになるからだ。まあ、こういうことは他のアプリケーション(たとえば、マイクロソフトオフィス)でも同じなんだけどね。
再び、pcを再起動して、ooo3.1.1のwriterを起動したが、同じく28秒かかった。その後の起動も同じく5.5秒だ。

さて、今度は本題の3.2.0の場合です:
ooo3.2のwriterをパソコンを再起動したあと起動したら、37秒かかった。3.1と変わらないというか、むしろ遅いですね。その後の起動はく5.5秒ぐらいなので同じですね。
念のために、もういちどパソコンを再起動したあとooo3.2のwriterを起動したら50秒かかった。
念のためにもう一度パソコンを起動させてから、オープンオフィスを起動させてみた。今度は33秒だった。更に、念のためにもう一度パソコンを起動させてから、オープンオフィスを起動させてみた。今度も33秒だった。
もう一度やった。今度は25秒で起動した。2回目以降は5秒

起動時間についてのまとめ:
オープンオフィス3.1.1と比べると、ほんの少し起動が遅くなっている。ネットのニュースの記事の説明では起動が速くなったと書いてあるのにね。でも、新機能とかセキュリティを解決しているとかなので、悪くはないと思うけどね。

超カンタン!OpenOffice3―〈世界標準〉高機能総合オフィスソフト…主要3ソフトの使い方! (I/O別冊)


おまけ:
●デスクトップ上に残った巨大フォルダーについて:
インストールが終わって、デスクトップを見ると OpenOffice.org 3.2 (ja) Installation Files という名の巨大フォルダー(160MBぐらい)が残っていた。これはインストールで使った材料であってもはや不要なので、とりあえず、ゴミ箱にいれるという形で削除した。一ヶ月ぐらいしたら完全削除する予定。 ←完全に削除(ゴミ箱からも削除)しました。削除しても全く正常でした。


●ダウンロードとインストールの意味について:
洗濯機を自宅に設置することに例えると、洗濯機を宅配便が家に配達するのがダウンロードで、洗濯機に給水や排水や給電やアースをうまく施して使える状態にして設置することがインストールである。
●オープンオフィスの動画マニュアル群:
http://superportal.blog17.fc2.com/blog-entry-110.html
●ウイルスに感染しなくする方法について:
極力セキュリティソフトでパソコンを守って置くようにすること。無料のセキュリティソフトも検索すれば一杯あるし。
●アップデートのお知らせとかアップデートのお知らせとかについて:
http://superportal.blog17.fc2.com/blog-entry-134.html

ver.3.2.1で修正した脆弱性についての追記(2010/06/10): ver.3.2.1が6月4日にリリースされました。あくまで、私事ですが、こちらのページで脆弱性について書かれているのですが、この程度なら、新たにインストールして、今までのを削除するという作業をするまでもないと思い、バージョンアップしませんでした。しかし、こちらのページのとおり、セキュリティソフトでは脆弱性をカバーしないようなので、こちらのページでたまにチェックしています。また、Java(JRE)は標準設定ではオラクルがポップアップ広告のような形でアップデートのお知らせを自動でしてくれると記憶しています。

追記:
2010/07/23にオープンオフィス3.2.1にマイナーバージョンアップをしました。その手順を書きます。手順と言っても、バージョンアップ作業をやったあと(ほんの10分後)に、これを書いたので、記憶を頼りに手順を書いたということですが。
要約:
ほとんど上記と同じです。すなわち、たとえばアドビーリーダーのマイナーバージョンアップは一部を差し替えるというような方式なので簡単だが、それと違って、オープンオフィスのマイナーバージョンアップはソフト全部を総入れ替えって感じです。ただし、設定とかは引き継がれます。このオープンオフィスの更新は15分くらいかかりました。そのくらいインストールに時間がかかるってことです。
詳細:
昔作ったwriterの某ファイルを開いたら右上にアイコンみたいのお知らせみたいのが出たのでクリックした → そしたら、バージョン3.2.1に更新できます、って書いてあった → そこにあったボタンを押した → そしたら、ダウンロード先とかが出たのだけど、自動で出たダウンロード先のままボタンを押した → そして、たしか、次へとかダウンロードとかいうボタンを押した → そしたら、ダウンロードが始まった → で、ダウンロードが終わった → で、今度はインストールのダイアログって感じでインストールとかいうボタンがでた → これでインストールをやろうと思ったけど、パソコン上に色々なソフトとかブラウザが開かれていたので、とりあえず、それらのソフトやブラウザを全部とじ、更に、インストールのダイアログもキャンセルにして、パソコンを再起動させた → 再起動後はデスクトップ画面に先程ダウンロードしたダウンロードファイルのアイコンが出ていたのでそれをクリックした → そしたら、インストールが始まった → たしか記憶によると、完全インストールかカスタムインストールかを選ぶというのが途中にあった(おいらは前者を選んだ)。あとは、次へ 次へ・・・をどんどん押して行った。すなわち、ほとんどこのページの上記の手順(3.2.0の手順)と同じような手順をやった。時間がインストールだけで15分ぐらいかかった。で、ダウンロードのファイルすなわちインストーラー(OOo_3.2.1_Win_x86_install-wJRE_ja.exe) とフォルダー(OpenOffice.org 3.2 (ja) Installation Files)がデスクトップに残った。邪魔なので、ゴミ箱へ入れた。こういうの(特にインストーラ)を削除するのは怖いんだけど、天下のoooがデスクトップという削除を予定しているという感じの場所に出しているのだから削除して大丈夫のはずと思い、構わず、ゴミ箱に入れるという形で削除した。一ヶ月後ぐらい後に、ゴミ箱のも削除(完全削除)する予定。<<<←追記(2010年10月2日):ゴミ箱の中に入れたものを削除(完全削除)しました。全く問題なかった。>>>
結果:
上手くインストールできた。今までのオフィスファイルもこれから作るオフィスファイルも調子よく動く。
■..■