WOWOW
.. TOP ... 情報1 ... 株とか ... ケチ術 ... 驚き ... 笑い1 ... 笑い2 ... 掲示板 ... メール ... リンク ...
安売りチェーンの店舗一覧など

安売りチェーン店の店舗一覧(パート2)

安売りチェーン店の店舗一覧(パート3)

安売りチェーン店の店舗一覧(パート4)


安売り店情報(東京都と新宿)

新宿の安売り店・中古製品店・無料店情報

新宿の安売り店・中古製品店・無料店情報(パート2)

中野・その他の安売り店
100円ショップの品

築地の取材報告

名刺自販機画像

チケット屋の場所

コムサイズムの店舗の場所

ブランド服店の全国店舗一覧 

業務用スーパーについて
▼製品別の買う技▼

いろいろな製品

洗濯機・洗濯乾燥機

電話なしでインターネット


Micro Button黒_logobmb




















3歳からのバイリンガル英語学習法















いろいろな製品の買い物のコツ

買ってから後悔しないポイントです。
私は以下の物の購入経験者でしかも購入時には徹底的にしらべます。だから、かなり参考になります。

ラジオ
●一発選局ができるものが良い。たとえば、TBSラジオを聞きたいときは、前もってTBSラジオとしてラジオに記憶させておいたボタンを押せば一発でTBSラジオが出る機能。AMだけで7局前後あるので7つボタンがある機種が良い。この場合、FMに切り換えるとFMも7つの局が切り替わる。
●時刻表示付き
あると何かと便利。
●−重要− 明かりが点灯する
ラジオという物は夜眠れないときに聞くことも大いにある。いちいち部屋の明かりを付けて選局なんぞしていれば、眠気が飛んでしまう。眠れないからラジオを聞いているのに。
●−重要− オフタイマー付き
自動的にスイッチが切れる機能。
これもかなり必要。電池がもったいないことよりも、上記のように眠れないとき使う場合、せっかく眠りについたのに安眠妨害となって、深い眠りにつけないから。
●電池付きの場合は電池が長持ちをする物が良い
機種によって電池寿命が10倍以上違う物がある。この違いは大きい。電池の節約にもなるし、それよりも、電池がいきなりなくなって、代わりの電池が見つからないこともあるから。

□ラジオは泥棒よけになる。
どういうことかというと、家を留守にするときに自宅の入り口付近にラジオを付けっぱなしで置いておく。帰ってくるまで付けっぱなし。どういうことかもうお判りですね。泥棒はまず、入り口に来て「ごめんください」とか言って、返事がない場合は「人がいない」と推定する。しかし、ラジオの音が聞こえれば、人が聞いているはずなのだから、留守でないと推定する。しかも、ラジオの音が邪魔するので「ごめんください」と言っても聞こえないんだな、と推定するから。


ビデオデッキ
総括として、まだ従来型のVHSビデオデッキのほうがお勧め。なぜなら、安い。機能はかゆいところまで手が届いている。ハイファイビデオ(2カ国語・音声多重対応)機能付きでケーブルテレビ・BS対応・早聞き・テープ一本で10時間連続録画可などの機能が付いていて一万円前後で買えるんだから。
●一度に何番組を予約できるかという点が重要。多ければ、たとえば、2週間に一度予約設定すれば済むのだから。

ラジカセ型オーディオ機器(MDラジカセなど)
●MDが付いていること。MDは現在は4倍モードの機能が付いているので、最大で5時間20分(80分ディスク × 4倍 = 320分 = 5時間20分の録音ができる。厳密に言うと、HI−MD(HI−MDについてはここをクリック)といって、もっと長く録音できる機種が最近出てきたが、まだ高価だし、普通のMD機器ではHI−MDの機能が使えないので、私は前述の4倍速のを使っている。
●NHKの英会話等の語学番組を録音して語学学習に使いたい場合は、予約録音(ビデオデッキでテレビ番組を予約録画するのと同様に、何日の何時何分に何々放送局の番組を録音するという機能)の機能がある方が良い。

電気ポット
●魔法瓶タイプ(魔法瓶機能付き)のほうを買ってください。電気代が数倍違います。こちらのほうは価格が高いけれど、電気代が安いので1年前後でもとが取れます。
●周りの温度が低いと保温が追いつかなくなって、再沸騰をかってに自動的にしてしまうものが昔はありました。そうなると、エアコンとか電子レンジが同時に働いているとブレーカーが飛んでしまいます。最近の機種は先ず大丈夫だけれど、買うときはその点もチェックしてください。

掛け時計、柱時計
●秒針が1秒ごとに「カチッカチッ」って音がする物がある。人によっては気になって眠れないことがあるので、秒針がなめらかに動く物を勧める。でも、機種によっては半年ぐらいすると微かに「ギーーー」と音がしてくるものがある。そうであっても「カチッカチッ」という音よりはマシである。なぜなら、「ギーーー」という音は微かな音だし、冷蔵庫やエアコンなどの生活騒音でかき消されてしまうから。

目覚まし時計
●電波時計式が良い。絶対に狂わないから。ただし、私が以前買った電波時計は突然狂ったりリセットしたりした。ワゴンセールで格安のものだった。だからその時計は信用できなくなり、その時計ともう一つの時計を見て正しい時刻を確認していた。そんなんじゃ、時計の意味がない。それ以来、時計はちゃんとしたところで買うことにした。
●スヌーズ機能付きがお勧め これは目覚まし時計で目覚ましの音が鳴って、ボタンを押して音を消しても約5分後に再び鳴る機能。それでボタンを再び押して音を消しても、されにまた5分後になる。これを30分ほど繰り返すので、ほぼ必ず起きれる。
●月日と曜日を表示する。さらに、24時間式とam・pm式を選べる。

エアコン
●インバーター式にしてください。電気代が安いし、音が静か。インバーター式でないと周期的に「ガクンッ」と音と振動がする。これは騒音にもなるし、ラジオ等へのノイズにもなる。
●冷暖の両方の機能がある方が良い。よく、「暖房はいらない。ストーブがあるから」と言って暖房機能のあるエアコンを買わない人がいるが、大きな間違え。エアコンの暖房は電熱器を使っていません。外の空気の熱を取り入れているのです。だから、電気代は同じ能力の電気ストーブと比べて電気代が断然安いのです。それに、機械の内部の温度もさほど高くならないので、火事とかの事故になりにくい。

電球
●電球型蛍光灯という物があります。これは従来の電球より消費電力・発熱量約1/4、寿命約3倍。値段は1000円ちょっとするけど。値段が高いけど、長い目で見ると安い。とくに、発熱が1/4なので、火災の危険が低い。

電気釜
●オンタイマー(スイッチが指定した時刻に入るタイムスイッチ)が付いていると、とても便利。ねる前にセットしておくと朝食の30分前にちょうどできあがっている、という技が使えるから。で、今はほとんどの電気釜にこの機能が付いているが、注意することがある。たとえば、3時間・6時間・9時間という選択しかない物がある。できればもっと細かい設定(たとえば4時間20分後にスイッチが入るようにできるとか、あるいは、am6:25にスイッチが入るようにできるとか)ができる物が良い。
●IHの機能があるとおいしいらしい。

体重計(ヘルスメーター)
●最低単位が100グラムの物が望ましい。安い物は500g前後が最低単位だが、そんなのでは毎日の微妙な体重の変化が見えない。NHKのためしてガッテンで、「ちょっとでも体重が低くなると嬉しくなってダイエットのやる気が持続する」と言っていた。
さらに、毎日の変化(成果)をグラフにし、それが長期的にも体重減少の傾向になっているとますますダイエットのやる気が持続すると言っていた。脳内のやる気とか満足とかのホルモンが出てダイエットのやる気が持続し、3日坊主にならない。具体的には余計な食欲が出なくなるそうだ。
●コンクリートの上と畳の上とでは計測の結果が異なる。理由は物理学の話になるので割愛するが、常識として、昨日コンクリートの上で計って、今日畳の上で計るというようなことをして、一喜一憂しないように。

テレビ
●音声多重の入力端子が付いていること。安いテレビはモノラル(非音声多重)の物が多い。ビデオからテレビに接続して音声多重番組や2カ国語番組を楽しむ時になって初めて気づき、後悔することがある。通常は 黄色 白 赤 の穴がテレビの後ろや前面に3っつならんでいる差し込みようの穴が付いている。その黄色は映像信号用で、白は左の音用、黄色は右の音用です。このように3つ穴が並んでいるなら、安心。ところが、黄色と赤の2つだけだと、やばい。それは映像用とモノラルの音用だからだ。そうとは知らず、この2つを右の音用と左の音用だと勝手に思いこむ人がいる。そうならないように注意すること。

加湿器
●超音波式と沸騰式がある。沸騰式は値段が高いし電気を食うが、超音波式のように細菌を部屋にまき散らすことがない。だから沸騰式がお薦め。ところで、なぜ細菌をまき散らすかというと、たとえば3〜4日使用せず、しかも、水を入れたままにしておくと細菌が繁殖することがある。超音波式の場合、細菌は死なずに部屋にまき散らされる。

シェーバー(髭剃り機 ひげそり機)
●急速充電式または電池式でないと電気切れの時に困る。だいたい、ヒゲを剃るときは忙しいときだからね。そんなとき電気切れすると、焦るよ。

懐中電灯
●LEDのランプの物が良い。LEDならば、球切れの心配が全くと言っていいほどない。そのくらい長持ちする。消費電力も豆電球式と比べて極端に少ない。しかし、小型の懐中電灯ではLED式が普及しているが、中型・大型はほとんど無い。というか、たぶん全くないはず。

電卓
●たとえば、478+845=1323 という計算をするときに 普通の電卓は液晶画面には数字しかでない。ところが、+の表示が出る電卓がある(同様に、−÷×も)。こちらのほうを買った方が便利。なぜかというと、計算をする時は478を押したあと「いくつを足すんだっけ?」と考えたり資料を見たりしてそのあと845を押す。そのとき+をまだ押してなかったかもう押したかを忘れてしまうことがある。そんなばあいに、液晶表示に+が書いてあれば、既に押したと確認できる。

カセットテープ
●よく、ワゴンセールなどの安売りの売り場でハイポジションのカセットテープが安く売っていることがあります。そのとなりにノーマルポジションのテープがそれより高く売っています。「ハイポジションのほうが性能が良いはずだ。しかも安い。だから買おう!」という具合に衝動買いをしてしまわないこと。なぜなら、ハイポジションのテープはハイポジション用のカセットデッキでなければ使う意味がない。ノーマルポジションのカセットデッキでハイポジションのテープを使うと鮮明に録音できない。それだけでなく、旧タイプのデッキだとヘッドを劣化させる。

テレビ
●画面が真っ平らの物がお勧め。さもないと天井の証明を反射して、たいへん見づらい。
シャープペンシル
●0.5の太さの芯の物を買うこと。一番普及していて、いざという時、友達から、貸し借りできる。

冷蔵庫
●必ず冷凍庫付きにすること。食べきれなかったものなら何でも入れて長期保存できる。すなわち、食べ物の節約になる。また、全部食べきらないとけないと思って、無理して食べるのは、健康にも、ダイエットにも悪い。
●省エネタイプにすること。少し高いが、1〜2年でもとが取れ、その後は省エネで失わなかった電気代で金が余るという計算だ。

デジカメ
●起動が早い物がよい。ポケットから出して、すぐに撮影できるのでシャッターチャンスを逃さない。
●たとえば、電車で初めて降りた駅などでは、帰るときのために、時刻表の一部をメモすることがある。そんなとき、その時刻表を直接デジカメで撮影しておけば簡単。でも、時刻表の時刻の文字が細かくて見ずらい。そんなときのために、モニター画面(通常カメラの裏側にある液晶テレビみたいのもの)で、既に撮影した映像を拡大して見れる機能が付いている物がある。実は、現在はほとんどの機種にこの機能が付いている。しかし、拡大率が小さくて役に立たない物があるので拡大率が大きい物を選ぶと良い。

靴(クツ)
●良く、革靴などは蒸れることがある。それを簡単に防止する方法がある。サイズを1cmほど大きい物にすればいい。そうすると、空気が出入りして蒸れない。最初は歩きにくいし、少し危険かもしれないが、蒸れるのを防止できるし、水虫になりにくい。

眼鏡(メガネ)
●プラスチック製のほうが安いし、割れにくいし、軽い。

電子レンジ
●トースター機能やオーブン機能がある方が良い。独りで住んでいる人は狭い台所の場合が多いし、さほど頻繁に使わないので、このようにトースターやオーブンが付いていた方が良い。

電子辞書
●暗記帳の機能(パソコンのブックマークみたいのもの)が付いていると、ヒマなときでも簡単に呼び出せるので繰り返しによって、その単語を記憶するのに役立つ。

携帯電話
●カメラ付きが良い。なんでも、わざとらしくなく撮影できるから。ただし、プライバシーには十分配慮すること。

ティッシュペイパー
●かならず組数(または枚数)を確認して買うこと。安いからって買ってしまったあと、中身が150組(300枚)ということがかなり頻繁にある。通常は少し高くても、200組(400枚)のを買ったほうが、一枚あたりの値段が安い。

サングラス
●必ず、UVカット(紫外線遮断)の物を使ってください。もし、UVカットでないサングラスをかけるとサングラスをかけない場合よりも、紫外線を吸収してしまうんです。なぜかというと→UVカットでないサングラスをかける→暗く感じるので瞳孔がひらく→瞳孔からUVが通常より多くはいる  という理由があるから。