Apple Store
.. TOP ... 情報1 ... 株とか ... ケチ術 ... 驚き ... 笑い1 ... 笑い2 ... 掲示板 ... メール ... リンク ...
年齢・干支の早見表

言語矛盾の事典 etc

SFの出来事は現実でも可能か?(宇宙 時間 空間 の Q & A)
↓詳細ニュー↓
透明人間は可能ですか?可能なら、その仕組みを教えてください。

タイムマシンは可能ですか? 

タイムマシンの因果律問題 

タイムマシンにおける到着空間の物質の重複化および出発空間の真空化問題
 

タイムマシンで移動の際、天体運動のために到着場所が異なる問題 

パラレルワールドって何ですか?

未来へ行く方法

過去へ行く方法

ワームホールと親宇宙・子宇宙・孫宇宙

重力のある宇宙船(人工重力)の仕組みを教えてください  

真空でロケットを噴射しているのに噴射の煙がなぜキノコ型なんですか? 

反物質とはなんですか?

SFで、なぜ宇宙人は地球人と会話ができるんですか?英語や日本語は宇宙の共通語ではないのに。

SFでなぜ、地球人が他の星に行っても、酸素ボンベ付きの宇宙服なしで呼吸ができるんですか?

宇宙には生命がいますか?

光速に近い速度で飛ぶと石などは光速に近い速度で宇宙船にぶつかりますね。宇宙船は危険じゃないんですか?

SFでは人間とほぼ同じ形の宇宙人が登場するけど、どうして?

人類の滅亡はいつですか?

なぜ、宇宙船は自爆する機能がついているの?

英語のドラマでリスニング

英会話

新語の辞書

アナウンサーは原稿をまったく見ないのに、長い文章を正確に言える理由

オープンオフィスのダウンロードインストールの仕方

ポータブルMDレコーダー(SJ-MR50)を買って使った報告

ホームページの印刷で右端が途切れなくする方法etc

ホームページ画像を拡大する方法(追加ソフト不要)

パソコン画面に目印を付ける方法(追加ソフト不要

お気に入りを別ウインドウで開く方法

バナー広告の動画を簡単に止める方法


当サイト名はスーパーポータルです
SFの出来事は現実でも可能か?(宇宙 時間 空間 の Q & A)


以下の質問のリンク元をクリックすると、ページ内の回答へ飛べます。
なお、当ページ内容は真面目です。ジョークではありません。


透明人間は可能ですか?可能なら、その仕組みを教えてください。

Q
透明人間は可能ですか?
A
可能です。

Q
透明人間の仕組みを教えてください。
A
これは意外と簡単な仕組みです。完璧な保護色を使うのです。
砂漠は一面が茶色ですね。透明になりたい人間が観察者に向けて茶色の盾を立てれば、透明に見えます。
砂漠ならこのように簡単ですが、町の中などではこうは、いきません。そこで、液晶ディスプレーを使います。まず、下記の図を見てください。

背景ーーーーーカメラーー人間(透明人間)ーーーー液晶ディスプレーーーーーーーーーーー観察者

まずカメラが、透明になりたい人間の後ろの背景を撮影します。それをディスプレーで映します。観察者はディスプレーの映像を本当の背景だと誤解します。この場合、ディスプレー映像の輪郭部分は全体の景色とズレが生じることがあるので、内蔵コンピューターで画像処理をして、常に観察者から不自然に見えないようにします。
さらに、液晶ディスプレーを改良して、風呂敷状のディスプレーにします。風呂敷はよれよれであっても、画像処理・調整をするので観察者からは自然に見えます。さらに、衣服をディスプレーにします。手袋も靴も、帽子もマスクも同様にディスプレー化します。怪獣ドラマのウルトラマンの着ぐるみみたいなものでもいいでしょう。この技術は現在でも、十分可能です。


Q
●タイムマシンは可能ですか?
A
タイムマシンは過去や未来に行ける器械ですね。3つ問題があります。

問題点1: 因果律問題(過去に戻って自分の親を殺すと自分は存在しないことになるという矛盾)

問題点2: 到着空間の物質の重複化および出発空間の真空化問題
タイムマシンで到着したとき、「もともとあった物質」 と 「タイムマシンとその乗組員」 が同時に同じ空間に存在するという問題。 

問題点3: タイムマシンで移動の際、天体運動のために到着場所が異なる問題
タイムマシンは時間の移動機械です。空間移動の機械ではありません。地球は常に動いてます。タイムマシンで未来や過去に行った場合、行き先が真空の宇宙空間だったりします。

順番通りでなくてすいませんが、まず問題点3から説明したいと思います。
タイムマシンで移動の際、天体運動のために到着場所が異なる問題
Q
もしタイムマシンがあって、未来や過去に行くとします。でも、地球は固定していません。未来や過去に行ったとき、宇宙空間に放置されませんか?すなわち、地球は1日に1回転自転し、一年に1回転公転しています。さらに、太陽系は銀河系の中心を軸に約2億年で一回転の公転をしており、銀河系はアンドロメダ銀河方面に移動しています。さらに、大宇宙はビックバンの時から膨張し、現在は加速膨張しています。これでは、タイムマシンで未来や過去に行っても、とんでもない宇宙空間に放り出されてしまいませんか?
A
大変よい質問です。でも、周辺ロックをした状態で、時間移動するので大丈夫です。

Q
周辺ロックって何ですか?
A
周辺ロックとは時間の移動の際、周辺の固定物の未来または過去の位置から常に等距離・同方角で存在するようにすることです。この技術は時間移動の技術と比べると大変容易なものです。

Q
周辺ロックの際、家の取り壊しとか木の伐採とか土地の造成とかがあったらどうするんですか?
A
この答えは簡単です。バラバラにならないという条件とたとえば半径10キロメートルという周辺をロックしますから。地殻変動でこれもロックできなくなったらどうするか?その際は代替ロックという手段をとります。関東で時間移動を始めたら時間移動中に関東で地殻変動が起こったという場合です。その場合は、北海道とか中国あたりに代替ロックします。北海道とか中国から等距離で同方位の位置にタイムトラベルで到着するということです。

Q
それでも時間移動する人は命がけです。時間移動で到着するやいなや、トラックにひかれてしまうというような場合です。このようなことを避けるために何か良い方法があるんですか?
A
あります。時空間モニタリングをします。時間移動する前に移動先を確認することです。これはSFのスターゲートでよくやることなんですが、簡単に言えばロボットを前もって送ってロボットが様子を見た後、現在にその様子を報告することです。

タイムマシンの因果律問題
論理的な考察では、過去には行けないということになります。これは因果律の問題です。
Q
タイムマシンで因果律の矛盾とかいうのがありますよね。子供が過去に戻って子供が生まれる前の母親を殺したら、子供は現在において存在できなくなるっていうようなことです。この矛盾はどうなるんですか?
A
これはパラレルワールドという解釈で解決します。

Q
パラレルワールドって何ですか?
A
パラレルワールドとは、一瞬一瞬が枝分かれ(分岐)されて新たな世界が生まれることです。よく、生物の進化の系統樹という物がありますね。魚が魚のままと両生類への進化と2通りの進化をたどる。両生類は両生類のままとは虫類の進化の2通りの進化をたどる。は虫類はは虫類のままと鳥類の進化の2通りの進化をたどる。こんな具合で枝がどんどん分かれている木の図ができます。この進化は実は子孫が生まれるたびに細かい形質がどんどん枝分かれしているというのが実際です。さて、これと同じようなことが実際の時間の進行に起こっているのです。しかも、子孫が生まれるたびに枝分かれするのではなく一瞬一瞬に枝分かれしているのです。もうこれは枝という物ではなく扇です。隣の枝との境目がない枝分かれが常に発生しているのです。
パラレルワールドを直訳すると平行世界。上記の説明でもいんですが、平行世界という単語のとおり、世界が平行して、同時進行していると考えてもいいでしょう。たとえでわかりやすく説明しましょう。縦10cm横5mの細長い画用紙を100枚用意します。その100枚に年表を書きます。でも、その100枚は年表の初めはお互い同一だけれど、あるものは中頃から、またあるものは終わりの頃からお互い異なってしまい、初めの方は共通部分があるけれど、どれも最後の部分はお互い異なっているという年表にします。それらの紙の年表を積み重ねます。この一枚一枚を一つの世界とみなしてください。そうするとこれらの年表はお互い平行です。これが平行世界をわかりやすく説明したたとえです。実際のパラレルワールドは年表の紙でなく3次元に時間の次元が加わったものです。100枚でなく無限です。これがパラレルワールドです。
くどいようですが、今パラレルワールドの説明を2つしましたが、どちらも同じもので説明の仕方が違うだけです。

Q
すごいですね。こんなにどんどん枝分かれしているんだったら、これがもしパソコンのロールプレイングゲームだったら、すぐにメモリーが足りなくなってフリーズしてしまいますね。現実の世の中でも、このフリーズみたいなことが起こってしまわないのですか?
Q
フリーズはあるかどうかわかりません。でも、宇宙ができて120億年とも150億年ともいわれています。宇宙は最後にはいくつかの巨大ブラックホールに集約され、さらに一つのブラックホールになりそのブラックホールも蒸発し、もはや何もない空間だけが残るとされています。これについては別途解説します。
A
でも、自然界にはこんなに巨大なメモリーというか時間・空間の未使用容量があるなんて信じられないです。何とか納得できる類似物はないですか?
A
あります。個人の思考です。世界には100億近くの人がいますが、その一人一人が記憶・思考しています。一人一人が人生というものがあります。もしこれをコンピューターにやらせるとすぐにコンピュータがパンクするでしょう。

Q
それは思考でしょ?空虚なものは例としては適さないかも。もっと良い例はないの?
A
あります。宇宙です。この宇宙は現在、膨張しています。しかも、光の速さをはるかに超える速さで膨張しています。それだけではありません。なんと加速膨張しているのです。どうです。まいりましたか?
Q
まいりました。

A.
それだけではありません。私たちの宇宙は子供を作っています。さらにその子供は孫を作っています。さらに、いとこの宇宙。遠い親戚の宇宙があります。すなわち、宇宙自体が無数にあるのです。これは空想ではなく、ちゃんとした理論にもとずいています。まあ、一つの学説なんだけど、有力な学説なんです。


Q
因果律の問題に戻ります。パラレルワールドの解釈ではどうして、因果律の矛盾が起きないんですか?
A
もし、子供がその子供の妊娠前の母親の時代に戻って母親を殺したとします。子供が妊娠前の母親の時代に戻った瞬間から、全く新しい枝分かれが始まるのです。もし、子供が時間旅行する前の時代まで2度と時間旅行をしないで生活していても、決して、時間旅行前の場面にはなりません。

Q
母親を殺さずにずっとそのまま暮らしていたらもう一人の自分が生まれませんか。そうなると自分が2人存在しますよ。
A
自分が2人といっても、これはクローンと見なせます。というか、クローンそのままです。クローンは現実に存在します。現実に存在しえる物なら、因果律に矛盾しないという証拠物件ということになります。


未来へ行く方法

■冷凍人間方式
人間を5度ぐらいに冷やすと体の代謝がほとんどなくなり年をとりません。しかし、これは問題がいくつかあります。
 数時間、長くても数日しかこの状態にできない。その後は腐敗する。
 元の体に戻すのにかなりの医療行為をしなければならない。すなわちかなりの危険が伴 う。

これらの問題は今後医学が発達すれば可能になるかもしれない。

人間をマイナス数百度に冷やす。これも現在は問題があります。
 人間が凍ると体内の水が結晶化し、その結晶が体を物理的に傷つける。
解決策として、結晶化しない形で冷やす技術が今後必要となる。
または、未来に解凍する際に結晶で傷ついた体を元に戻す技術が可能となることを期待して、見切り発車的に冷凍させる。おそらく、マクロファージュを改造した物とかウイルスとか体の再生システムとか万能細胞とかを使うでしょう。

■クローン人間方式
自分の遺伝子と記憶情報(記憶・信念・考え方は記憶に集約できると思います。)を前もって記録しておく。次に未来になってそれを元にクローン人間を作る。その際、記憶情報を何らかの方法で入力する。

■ウラシマ効果式
ウラシマ効果とはこうです。光の速さに近い速さで動く物は時間が遅れる。これは一般相対性理論で証明されているし、実証もされています。

■ブラックホール式
ブラックホールの近傍では時間が遅れます。それどころかブラックホールの超近傍の事象の地平線では時間が止まります。それを利用するのです。

過去に行く方法

Q
過去に行く方法を教えてください。
A
ホーキング博士は時間が逆転すると言っています。
時間が逆転すると言っても、観察者も時間が逆転しているのでSFみたいには行きません。わたしたちはドラマをビデオで見ますね。巻き戻し再生のビデオの中の登場人物を考えてください。その人はたぶん時間が逆行しているとは意識しないでしょう。ビデオ視聴者だけが逆行していると思うだけです。


過去に行けるのか否か
Q
まず過去へ行けるはずはないという考えがあります。どんな理由ですか?
A
過去に戻って自分の母親を殺したら、過去に戻る前の自分が存在できないことになります。でもこれは前述したとおり因果律問題はパラレルワールドで解決できるということでした。そこをもう一度、読んでください。

Q
ああ、そうでしたね。でも、まだ、過去に行けるはずはないという理由がありますよ。それは
もし、過去に行けるのなら、未来からタイムマシンに乗って現在に人がなぜ来ないのかと言うことです。未来ならばタイムマシンはできていると仮定しましょう。ならば、未来から、現在に未来人が来てもおかしくありません。でも、未来人に会ったという話は聞いたことがありません。だから、タイムマシンで過去に行くことは不可能なのではないですか?
A
たしかに説得力のある反証ですね。でも、パラレルワールドの解釈ではそうともいえません。すなわち、一瞬一瞬が枝分かれ(分岐)されて、世界ができているので、そのすべてに未来人か来るほど未来人は暇なのかということです
もう一つの理由として、時間規則とか時間法律とかが未来にできて、過去に行くことを制限したり、過去を変えることを禁止したりすることの制度です。
Q
ちょっと待ってくださいよー。何が規則ですか。子供のかくれんぼじゃないんですよ。私は物理学の質問をしているんですよ。それを、規則だなんて。たしかにSF映画では時間規則とかタイムルールだとかで「過去を変えてはならない」ってよく言いますが。
A
何度もいいますが、わたしは冗談でこの話をしているのではありません。また、SFだって冗談で制作しているのではないですよね。時間規則というのはそれなりに意味があるんですよ。君は時間規則に対しての罰則を重視していないからですよ。罰則はとんでもないかたちのものだと推定されますよ。
Q
じゃあ、その罰則とは何なんですか?
A
まず、死刑以上のものでしょうね。たとえば、その人の全パラレルワールドの存在を自然な形で消去するとか。これでは意味がわからないでしょう。私も、どういうことかわかりません。でも、過去に行って歴史を変えることを躊躇させるほどのことでしょうね。
Q
でも、変ですよ。歴史を変えるといっても、歴史書などにかかれた内容を変えるだけが歴史を変えるということではないと思いますよ。過去に起こったことのちょっとしたことを変えるだけでも、その後の世界に影響するのだから。
A
ワケが分かれなくなってきたので、今 論争していることを整理します。
@タイムマシンで過去に戻って過去を変えてもパラレルワールドで説明がつくので矛盾・混乱は起きない。
Aパラレルワールドはどの時点からも無限に世界が増えているので、そのすべてに未来人が立ち寄ることはできない。むしろ、未来人が立ち寄る世界はまれである。
BSFでは時間規則がある。しかし、こんな規則がなくても、パラレルワールドがあるので矛盾・混乱は起きない。よって、この規則は不要である。なのに、なぜSFでは時間規則があるのか?
このBがわからないということですね。
Q
そうです。Bを説明してくださいよ。
A
私ははっきり言ってわかりません。すべてのタイムトラベル関連のSFに一貫性があるのなら喜んで研究・説明しますが、SFはどれも独立しているのですべてについて、納得のいく説明は誰もできないと思います。
でもこれだけは言えます。
SFの中には論理的に滅茶苦茶の物もあるし、そうでなくてもその傾向のある物もある。すべてについて統一的に説明するのは無理です。
それ以上追求するのはやめましょうよ。

追記:
過去に行けることは未来人が一度でも現代または過去現われれば証明できます。しかし、過去に行けないという証明はそう簡単ではありません。

Q
UFOや超常現象は未来から来たひとが現れた証拠となりませんか?
A
証拠とはなりませんが、可能性がないとは言えませんね。
未来人は過去に行くと歴史矛盾が起こってしまう。これはまずいと思ってなんとか取りつくろう。だから現代人がそれをみるとワケのわからないUFOや超常現象が見られるとも言えますね。


Q
転送は可能ですか?
A
大まかに言えばファックスと同じです。
こちらの紙をスキャンして、あちらにスキャン情報を送り、あちらの紙で印刷する。これを人間や物体で行うのです。
Q
でも、人間を転送すると同じ人間が2人になりませんか?
人間や生物などのたいへん複雑な物は量子力学のレベルでスキャンする必要があります。量子力学とは簡単に言えばこうです。
物は分子ででき、分子は原子でできています。原子は核と複数の電子(水素を除く)でできています。その核と複数の電子の位置関係は不確定なのです。観測の仕方によって、Aという位置関係にもなり、Bという位置関係にもなり,Cという位置関係にもなります。いくらでもあるといえます。原子という質量と原子のエネルギー保有量が観測の仕方によって違うのです。このようなことを研究する学問が量子力学です。これ以上の説明は説明も理解もたいへんなのでやめましょう。
さて、話を戻します。結果として、原子を観測した時点でその原子の状態は変化します。ということはスキャンすると元の生物は死にます。しかし、スキャン情報を使って再生すれば生き返ります。

Q
再生しても、記憶は残っているの?
A
[記憶] = [脳細胞と脳の神経ネットワーク] という説もあるし、それに加えて、[未知の物(一般にいう霊とか魂とか)]もあるともいわれています。

ワームホールと親宇宙・子宇宙・孫宇宙

Q
ワームホールというものを聞きましたが、そんな物は本当にあるんですか?
A
ワームホールには3とおりのものが考えられています。ところがこの3つは全く異なった物です。SFではこれらを混同している場合が多いのです。

@一つはわれわれの大宇宙内のワームホールです。大宇宙とは、すなわち銀河系・アンドロメダ島宇宙・またそれらを含む銀河団・さらにそれらを含む超銀河団・さらにそれらすべてを含むものことです。
この大宇宙の内部で存在するワームホールをいいます。「この大宇宙にワームホールの出入り口の片方があり、もう片方はこの大宇宙でないところにあるという形態のワームホール」は次のAに該当するので、この@には含めません。
このワームホールはSFでは登場するけれど、現実は存在するのかどうかは私はまだわかりません。

Aもう一つは親宇宙・子宇宙・孫宇宙などの間でつながっているワームホール。インフレーション理論によれば、親宇宙・子宇宙・孫宇宙は存在するといわれています。@のワームホールはAの入り口付近を応用すれば作れないことはないともいえます。理解しやすくするためにこう考えてください。すなわち、東京から大阪に行く場合、通常は自動車か列車で行きますが、地球と火星を往復するシャトルでいったん東京から乗って大気圏外に出て、大気圏へ再突入して、大阪へ行くこともできます。これを1次元増やして考えて見ましょう。

Bそして、別項で説明したパラレルワールドとこの世を結ぶもの。このパラレルワールドではワールド間にはワームホールという概念はありません。物・生物・情報はワールド間で行き来できるか否かについては不明です。


以上をまとめますと、Aが理論的(比較的有力な説)に存在しえます。だから、答えとしては本当にあるかどうかはわからないけれど、有力な説です。
ではこのAについて考えてみましょう。

Q
はい。この親宇宙・子宇宙・孫宇宙の間でワームホールがあるようですが、人間はこの宇宙間を移動できるんですか?
A
その前に言っておきますが、親宇宙・子宇宙・孫宇宙だけでなく兄弟宇宙・いとこ宇宙もあるといえるでしょう。さて、ココを人間が通れるかどうかですが、一言で言えば、簡単ではないが不可能ではないといえます。

Q
ワームホールでの移動について教えてください。
A
ワームホールはこの宇宙にいくつもあるといわれています。でも、たいへん細いのです。これを人間の技術で将来広げることができるかもしれないといわれています。

Q
このような他の宇宙への旅行についてもっと教えてください。
A.
私たちの宇宙は前述したとおり、やがてブラックホールだらけになって、そのブラックホールも消滅すると書きました。そうなれば、もし人類が永久に存続するなら、他の宇宙に移動する必要がありますね。他の宇宙に移動するにはワームホールを使います。

Q
他の宇宙はどういうものなんですか?
A
他の宇宙はこの宇宙と全く違った宇宙です。プランク定数自体が異なっています。プランク定数が異なっているとはどういうことかといえば、わかりやすくいえば、原子自体の大きさ・質量・周回電子の速さ・その他が現在の宇宙と異なっています。だから、星も、光の速さも、全部異なっています。

Q
こんな宇宙じゃあ、ワームホールで人間は移動できませんね。人間自体が存在できないじゃないですか。
A
まあ、そうなんだけど、人間を改造して、行き先の宇宙に適応できるようにして移動できるかもしれません。

Q
改造ってどういうことですか?
A
基本的に次の4っつを持っていればよいでしょう。脳と手と感覚器と足(移動手段)です。
脳というのはコンピュータと同じとみなして良いでしょう。コンピュータは0と1の信号のやりとりだから、プランク定数の違った世界でも使えるでしょう。ただしこれはソフトウェアーの点でという話です。ハードウェアーはいろいろな他の宇宙を十分調査して、その宇宙専用のものを作らなければなりません。手はどうでしょう。これは前述のハードウェアーの開発と比べればすこぶる簡単なことです。
足は同じ理由でもっと簡単です。
感覚器は?我々の宇宙では目・耳・臭い・触覚・温・冷・圧などです。しかし、われわれの宇宙では機械を使えば電磁波・放射能・磁力・電力・超音波・可視光線以外の光なども、脳のハードウェアーと同じく各々の宇宙を十分調査して、その宇宙専用のものを作らなければならないでしょう。

重力のある宇宙船(人工重力)

Q
宇宙は無重力なのに,SFに出ててくる宇宙船内はなぜ重力があるんですか?
A
たいへんよいことに気づきましたね。本来は宇宙船の中でも、無重力のはずです。でも、SFでは人工重力発生システムを使っているのです。

Q
人工的に重力を発生させるんですか。どういう仕組みなんですか?
A
仕組みは以下のとおりいくつかある。
1.加速減速方式
この方法は宇宙船を重力加速度と同じ加速度で加速する方式です。目的地の半分の空間で宇宙船を180度回転させて噴射はそのままにすると、減速で同じ重力が生じて速度がゼロに近づいた頃は目的地の近くに行ってます。
2.スピン方式
ドーナッツ型の宇宙ステーションで主に使用されます。自転車の車輪みたいにスポーク(直径の線に沿って棒を付けて軸と車輪を支える物)型の通路を作ると軸の位置に行け、そこでは無重力を味わえます。
3.周回方式
宇宙船の横っ腹にワイヤーを付けます。ワイヤーの先におもり(当面不要な道具・予備部品・備蓄など)を付けます。宇宙船がワイヤーに直角に噴射をすればおもりと宇宙船の共通重心を中心に宇宙船が周回を始めます。すると、宇宙船内で重力が発生します。おもりにも逆方向に噴射させる機能を付ければもっと効率よく回転し重量が発生します。
以下は問題点があるが可能な方法です。
4.磁性体利用方式
鉄製のつなぎ服を着ます。床を磁石にします。疑似重力ができます。

以下の5・6・7は現在の科学では実現できないか、できたとしても問題のある方式です。ですから、ここに記述すべきでないかもしれません(このページの品位にも関わる)が、こんな考えもあるという意味であえて載せました。

5.超質量物体の利用
質量がある物は周囲に重力が発生します。しかし、宇宙船ほどの質量ではほとんど重力は発生しません。そこで人工中性子星を作ります。中性子星では1立方センチメートルあたり6000万トンの質量があり、周囲に大きな重力を発生させます。この人工中性子星を宇宙船に付けておけば宇宙船内は重力が発生します。この方法は天体の軌道に影響を与えるので、こんなものを作って良いのかと思うかもしれませんが、どんなものでも何らかの欠点はつきものです。

6.ヘモグロビン磁化方式
血液はヘモグロビンでできています。ヘモグロビンは磁石には反応しないが化学的に改造して、磁石に反応するようにします。そんなことができるかどうかは不明。床を磁石にします。疑似重力ができます。健康に被害が出るかもしれません。

7.重力子(グラヴィトン)利用。
重力子自体がまだ存在確認されてないので説明は控えます。

Q
スタートレック・ディープ・スペース・ナインでは宇宙ステーションがドーナツ型です。でも、窓がドーナツの一番外側の壁に着いています。この部分は上記の2の理論だと、床になるのではないですか?
A
あれでいんです。通常は他の方式の重力発生装置を使っているので。なお、人工重力システムに不具合があったときなどの緊急時には宇宙ステーションをスピンさせて2の古典的人工重力を発生させます。その場合は窓が床になります。

真空でロケットを噴射しているのに噴射の煙がなぜキノコ型なんですか?

Q
SFの映画ではロケットの噴射の場面がよくありますが、噴射の煙の形がキノコ型に近い形をしています。すなわち、噴射をすると先に噴射した煙の部分が減速して滞留または横広がりをし、同時に後から噴射される煙に追いつかれて噴煙全体がキノコ型になります。でも、真空なのだから、煙は放射状に拡散し、キノコ状にはならないと思うんですが。
A
確かに君の理屈では正しい。しかし、君は2つ見落としがある。一つは船外にも漏れている人工重力による引き戻し。もう一つは高速宇宙塵対策の船外シールドの影響。
まず前者の説明。人工重力は船外にも発生してます。上記の4以降の理論を採用した場合に生じます。いったん噴射物が飛び散っても人工重力の影響で船の方向に戻るということです。
後者の説明。宇宙船には隕石が多く飛んできます。大きな物は予測が可能なので宇宙船がよけたり、隕石を破壊したり、隕石を軌道変更させたりします。ところが、塵ほどの隕石は数がものすごく多いです。しかも、スピードが秒速数キロメートルというのがあります。そのような物はたとえ小さくてもう宇宙船に穴を開けます。これを防ぐために宇宙船を盾(シールド)で覆う必要があります。人でいえば雨合羽と同じです。兜みたいな雨合羽も良いですが、もっとソフトな物はもっと良いでしょう。スキンクリームとか。宇宙船では周囲に気体・液体・固体(ジェル状の物・粘土状の物)・プラズマなどを使います。厚みも数メートルになる物があります。そのような厚いシールドでは噴射の一部が噴射しきれずに減速されキノコ状の煙を構成させます。しかし、ほとんどの噴射物は遠くに飛び散ります。飛び散る物はその性質上ほとんど目に見えません。だから、それ以外の残り物がキノコ状の物として見えるのです。くどいようですが、ほとんどの噴射物は飛び散ります。そうでないと噴射の目的が果たせませんから。
もう一つ考えられるのが、噴射のスピードが、ある時は速く、またあるときは遅くなる場合があるから。たとえば今ロケットエンジンを噴射し始めたとします。初めはわざと遅く噴射させます。そしてすぐ後にロケットがどれほどスピードが増したかをモニターします。コンピュータがこの噴射ならこの推進力だとわかり、これを元にこの時点での必要で十分な噴射を計算します。すると、たとえば先ほどの噴射の力の1.3倍が必要で十分な速度だと予想します。だから、1.3倍の力の噴射をします。少したつと先ほどの1.3倍ではもはや大きすぎることがわかったとします。だから、こんどは1.1倍にします(この繰り返しの制御をフィードバック制御といい、工学ではたいへんよく使われる制御方式です。)。すると最初の噴射の煙(粒)は遅いので、あとから噴出された煙(粒)にぶつかって、四方八方に方向が変わります。この状態がキノコ状の煙(粒)の原因なのです。

Q
エイリアンという映画を見たんですが、宇宙船の自爆のシーンがありました。そのときの爆破の映像が放射状に拡散するのでなく、水平の放射状なんです。風船が急にふくらむように立体的に爆発するのでなく、水面に波紋が広がるように水平に広がるんです。どうしてこうなるんですか?
A
答えは簡単です。人工重力発生装置が働いたからです。重力というのは一点に集中するものですが(地球でいえば地球の中心)、宇宙船の人工重力の場合は一点に集中しないのです。もし一点に集中するようにしてしまうと乗組員の動作に不便が生じるからです。


●タイムマシンにおける、到着空間の物質の重複化および出発空間の真空化問題

Q
タイムマシンで到着したとき、「もともとあった物質」 と 「タイムマシンとその乗組員」 が同時に同じ空間に存在することになりますね。その場合、到着した瞬間に物理・化学反応が起こるはずです。たとえば圧力の急上昇や化学反応や核反応が起こり爆発するとか。また出発した際に、タイムマシンが瞬時に消え失せるのでそこが真空になりますね。これはどう解決するんですか?
A
まず、到着空間の物質の重複化について話そう。
タイムマシンが到着したとき、もともとあった物質の原子核と到着したタイムマシンの原子核が同じ空間に存在してしまうと、核融合反応が起こるかもしれません。これを避けるためには以下の方法が有効と思われます。
・タイムマシンの到着空間にもともとあった物質をタイムマシン到着直前に消す。消す方法は反物質の利用がある。反物質と通常の物質が反応するとどちらも消えてしまう。この瞬間にタイムマシンが到着すれば重複化を避けられる。反物質と物質が反応するとき莫大なエネルギーが生じるがこのエネルギーはタイムマシンの次の移動の際に使えばよい。そのためにエネルギーを蓄えておく必要がある。蓄え方法は反物質化でよい。説明が複雑になったので整理しよう。

タイムマシンで出発する際にタイムマシンに反物質を積んでおく → 到着する直前に、もともと到着地にあった物質と先ほどの反物質を反応させる → もともとあった物質が消えると同時に膨大なエネルギーが生じる → エネルギーとなる前に別の反物質を作る → 新たな反物質は次回の時間移動の際に同様に使う。

Q
もう一つの問題の出発空間の真空化についての解決法も教えてください。
A
これはさほど問題ではありません。いきなり真空化すると回りの空気が集まってきて、それでおしまいです。密閉した空間ですと急に気圧が低くなりますが、ちょっと気圧が低くなるだけです。それでも心配なら、窓を開けるなりふたを開けるなりして密閉させない状態でタイムトラベルを始めればいいことです。

Q
反物質とはなんですか?
A
まず簡単に説明しよう。1gの鉄に1gの「或るもの」をぶつけるとどちらも消滅し、同時に膨大なエネルギーが出ます。この「或るもの」が反物質です。
さて、詳しく説明しよう。物質は原子でできています。原子は陽子と中性子と電子でできています。そして、世の中には陽子と衝突すると消失し同時に莫大なエネルギーが出るものがあります。それを反陽子といいます。同様に反中性子もあり、反電子もあります。これらは原子のようにもなります。それを反原子と呼び、原子と衝突すると消失し、同時に莫大なエネルギーが出ます。この反原子が集まると反物質となります。反物質が通常の物質(私たちの体もすべて通常の物質です)に触れると、大きなエネルギーが生まれ、同時に反応した反物質と通常の物質が消失します。反物質の存在は未確認ですが反陽子や反電子は、実際に加速器を用いて実験的に人工的に作られています。

SFで、なぜ宇宙人は地球人と会話ができるんですか?英語や日本語は宇宙の共通語ではないのに。

A
地球からは多くの電波が飛び交い、宇宙に漏れています。特にテレビの電波は映像付きの音声が発せられています。幼児向けの語学番組もあります。これで簡単に地球のことばを学べます。学ぶのは時間や忍耐がいるので、学習機能付き自動翻訳器を利用します。自動翻訳器は現在でも、かなり高精度の物ができています。現在の自動翻訳器は論文や記事のような言葉はかなり正確に翻訳できますが、会話となると不正確になります。たとえば、アメリカの映画を自動翻訳器で訳すと誤りが多くなります。なぜなら、会話では口語・俗語が頻出したり、一つの単語にいろいろな意味があったり、ニュアンスがかなり必要になったりするからです。でも、これらの欠点をカバーする方法があります。
@まず、人間が話しているできるだけ多くの話とその翻訳(人間が翻訳しておく)をコンピューター(学習機能付き自動翻訳器)に前もってインプットしておきます。
A次に、実際に会話がなされた場合、もっとも類似した文脈・背景・ニュアンスで、しかも頻度が高い言語データ(学習機能付き自動翻訳器内の過去ログ)に瞬時にアクセスします。
B既に、@で作った学習機能付き自動翻訳器内の翻訳データベースに照会して外国語に置き換えます。
CこのAとBを繰り返します。
この翻訳システム(学習機能付き自動翻訳器)を使うには@の膨大な量のメモリーが必要です。でも、将来はメモリーはかなり高密度になるので問題ありません。
スタートレック・ディープ・スペース・ナインではこの学習機能付き自動翻訳器を超小型にして耳の奥に入れています。銀河系のほぼすべての言語に対応しています。対応していない言語でも、その場で徐々に文法を分析し、過去ログを蓄え、数時間の会話を学習機能付き自動翻訳器に聞かせるだけで、ほぼ完璧な翻訳機能を果たすようになります。また、スターウォーズでは翻訳ロボットが通訳します。

言語に関するポイントを以下に列挙します。

  • 論理は世界共通語です。
  • 言語というものは論理とほぼ同じものと見なしてよいです。とくに異文化・異国語同士の会話では言葉の正確さよりも論理の方が重要です。
  • 論理は言語を使わないと表現できません。
  • 言語という物は 一単語だけで表現できます。たとえば、赤ん坊が「おしっこ」というだけで、十分に意味が伝わります。さらに主語 と 述語(動詞) にします。これだけでかなり表現できます。さらに論理的にします。論理的というのは単語の順番だけでよいのです。たとえば、「自動車を運転するので鍵をください。」という意志を伝えるには 「私 運転 自動車 おねがい 鍵」 これだけでだいたい意志が伝わります。  

近い将来(かなり近い。来年ぐらいかもしれない。)、この方式の携帯電話ができます。すなわち、
@日本人がアメリカ人に携帯電話で電話をかけ、日本語で話しかける。
A日本語の音声は携帯電話会社の交換器に行き、さらに、翻訳器を通して英語に変換される。
Bアメリカ人はその英語を聞く。
Cアメリカ人が返事をする。
D英語の音声は携帯電話会社の交換器に行き、さらに、翻訳器を通して日本語に変換される。
E日本人はその日本語を聞く。

コンピュータと通信インフラを使うのでこれら@〜BやC〜Eまでの作業は一瞬で行われます。携帯電話を使うので目の前の外人と話すときも携帯電話で(しかも、各々の母国語で)話すことになります。その場合は、これはもはや携帯電話と言うよりも、携帯通訳器といった方が適切といえるでしょう。


SFでなぜ、地球人が他の星に行っても、酸素ボンベ付きの宇宙服なしで呼吸ができるんですか?

@前もって、地球人がその星を地球と同じ環境に造り替えたからです。これをテラフォーミングといいます。以下にその方法を書きます。
・気温の変更
現在、人類は二酸化炭素、フロン、メタンなどの温暖化物質を放出し、森林を破壊しています。テラフォーミングはこれの逆をやればいいのです。その場合、核爆弾、微生物などを使います。たとえば、気温が100度を超えるぐらいの星ならば、核爆弾を使って、火山活動を起こし、その星を黒い雲で覆います。それだけで、気温が下がります。逆に零下の寒さでしたら、極地方のドライアイス(極地方がドライアイスの星は多い)を溶かし、二酸化炭素を大気に放出して、温暖化にさせます(二炭化炭素は温暖化物質だから)。

・気圧の変更
気圧を下げるならば固定を促せばよい。固定とは生物などを使って気体を固体にすることです。たとえば、現在の地球の気圧を下げたいならば微生物を使って、硝石(=硝酸カリウム=KNO3)にすればいいのです。気圧を上げたいなら、その逆をします。すなわち、既にある気体元素入りの化合物を生物等を使って分解して気体にします。
・地球と同じくらいの分圧の酸素と他の無害の気体で構成する大気に変更
酸素は比較的簡単に作れる。たいていの物質は酸化物だから、それを生物・触媒等を使って分解して酸素を作ります。無害な気体は窒素が理想的。窒素の化合物を生物や触媒を使って、分解すればよい。

A宇宙には無限の星があります。その中で、酸素の分圧が地球とほぼ同じで、かつ大気圧が1気圧前後という星はあるはずです。SFで他の星へ行った場合、宇宙服を着る場面と宇宙服を着ない場面があります。他の星へ行った場合、地球のように酸素が約20パーセントで窒素が約80パーセントで1気圧ならば、宇宙服を着る必要がないですよね。

B小型酸素ボンベ
口と鼻の中に小型酸素発生器を入れておきます。

C人間をシールドで覆い、内側を空気で満たします。
オーラみたいな物で人間を包み、その中を空気で満たします。オーラタイプの宇宙服(オーラは説明のためのたとえです。本当のオーラは未だ非科学的なのでここでは扱いません。)。まるで何も着ていないように感じる宇宙服っていう感じです。


宇宙には生命がいますか?

Q
宇宙には生命がいますか?
A
います。かなり高い確率でいます。

Q
その根拠を列挙してください。
A
@ウイルス・微生物の中には真空中でも生きれるものがある。
A卵の形でならば多細胞生物でも生きれるものがある。
B100℃を超えても死なない菌がある。
C高温・高圧でしかも酸素無しで生きれる生物が実際に地中や海底にいる。
D火星から地球に生物(死んでいるかもしれないが、タンパク質の形で)が隕石に乗ってやって来ている。
E生物(たいてい死がいだが生物発生の材料になる)はむき出しでは宇宙では存在できないが、化石の形では分解されずに存在できる。惑星間飛行はおろか太陽系間飛行も不可能ではない。
F木星や土星は高温・高圧だが、その衛星は地球に比較的近いものがある。


光速に近い速度で飛ぶと石などは光速に近い速度で宇宙船にぶつかりますね。宇宙船は危険じゃないんですか?

A
たいへん危険です。ちょっとした石でも、光速に近い速度でぶつかると宇宙船は破壊されます。でも、その対策がなされています。

Q
対策を教えてください。
A
以下のとおり場合分けして説明します。

・巨大な物体(例: 直径10m以上)の場合:

宇宙船はルートを少し変えて衝突を回避します。大きい物体は前もって観測されているので、衝突をかなり前から予測できます。

・小さい物体(例: 直径10cm〜10m)の場合:
これも、比較的早く探知できるので探知・チェックをした後、高出力レーザーで破壊します。

・微少な物体(例: 直径10cm未満)の場合
宇宙船シールドで守ります。シールドについての説明はココ

Q
2番目の小さい物体の場合、宇宙船も光速に近い速度なので、レーザー光は届くのが遅くなりませんか?
A
相対性理論により、レーザー光の進む速さは宇宙船に対しても光の速度で放たれ、光の速度で物体に衝突します。

Q
このような対策でも、何らかの事情で、宇宙船に衝突したらどうしますか?
A
宇宙船に穴が開く場合:
宇宙船に穴が開いた場合は小さい穴の場合は放置しておくだけで、自然に穴が塞がれます。宇宙船の外壁の一部の層にジャムみたいなものがあって、宇宙船の内部の気圧で外に流れ、真空になると物理・化学変化で自然に塞がれるのです。チューブ入りの接着剤みたいな物質を宇宙船の外壁に入れておき、万一、壁に穴が空いた場合に穴へその接着剤が流れ、すぐに固化するのです。
もっと大きい穴の場合は自然に塞がれません。その場合、気圧センサーと自動システムが酸素ボンベを開き、気圧の減少をくい止め、同時に他の部屋への退避を警告します。退避した後で、宇宙服を着て手作業で穴を埋めます。
大きい穴の場合はいきなり真空になります。真空になっても、人間は10秒ほど意識があり、しかも何とか動くことができます。そんなはずはないと思われる方がいると思います。しかし、このNASAのサイトによるとそれは本当らしいです。話を戻します。真空になると、既に着ているスエットスーツ型の緊急用宇宙服が機能します。これは常時肌着のような感覚で着ているものです。つなぎの服やスエットスーツのようなものです。ただ、顔と頭はそれに覆われていません。このスエットスーツにはジャンパーのフードのようなものが首の後ろに垂れ下がったいます。このフードのようなものが気圧センサーと自動回路により自動的に顔と頭を覆います。自動車のエアーバッグみたいに爆発的に作動して、顔と頭を覆います。全身が密閉したら、直後に酸素が注入されます。

Q.SFでは人間とほぼ同じ形の宇宙人が登場するけど、どうして?
A
いくつか理由が考えられます。
理由1 地球と似た環境なら、人間と似た動物が生まれると思われる。
理由2 すでに高度に発達した高等生物が人間の植民や培養をした。

理由1について:
・生命は水素・酸素・炭素・窒素の元素でできている有機物が材料となるケースが一番可能性が高いと考えられる。水素・酸素・炭素・窒素の材料 → アミノ酸 → タンパク質 → ここまでは可能性がかなり高い。ココまで来ると、このあとは単細胞生物 → DNA構造 → 多細胞生物 → という風になる。これ以外のパターンもあり得るが、このパターンが一番環境に適すると思われるので、これ以外のパターンが、始まったとしても、後に、このパターンが登場するやいなや、環境適応がよいために、淘汰されてしまうだろう。結局、地球の生物と同じ進化をたどる。最後に、手が自由に使える動物が生まれる。これが人間である。水が液体の状態でいられる惑星ならば、どんな惑星でも、環境は似たり寄ったりである。ならば、地球と同じ進化をするはずだ。
Q
地球と同じ環境の惑星はいくらでもあるというのですか?
A
君は考え方が悪い。こう考えて欲しい。銀河系に太陽系のような惑星系が2000億個もあります。一億個の惑星系の中に一つぐらい地球と同じ環境の星があっても不思議ではありません。その場合は銀河系に地球と同じ環境の星が、2000個あるということです。まあ、いくら2000個あるといっても、今現在2000個あるというわけではありません。でも、太陽系ができて50億年たっているけど、多くの他の惑星系も同じく50億年たっていると思われる(これは私の推定だがすぐ後に説明するとおり、可能性は高い)ので、今現在、2000個あるというのは多すぎると思うが、あながち的外れとも言えないでしょう。これについてもっとわかりやすく説明しよう。

宇宙ができて、130億年前後といわれる。はじめは中性子・陽子・電子さえない。少し経つとそれらができるが物質はできていない。少し経つと物質はできるが、宇宙の密度が大きすぎる。このような事情でビックバンの後の数十億年は、どこにも惑星が存在してなかった。さて、我々の銀河系は100億年前にでき、我々の太陽系は50億年前にできた。ということは今現在、我々の太陽系と同じ年齢の惑星系はかなり多いということができる。
このことから、高等動物が生まれるタイミングは銀河系内では同じになるということだ。銀河系の直径は12万光年。文明の伝達は電波で可能。文明は逆戻りはしない。このことから次のことが導かれる。
銀河系内の高等動物は究極的にはすべて融合して、同じハイテクを保有することになる。これは銀河系文明といってよい。

理由2について:
これはたいへん面白い話です。以外かもしれませんが、現実的とも言えます。では話を始めます:

約100万年前に、銀河系の 或る星 に、高等生物が登場する。→彼らは銀河系じゅうのできるだけ多くの地球に似た星に高等生物を住まそうと考える。さながらスタートレックだ。→銀河系の隅から隅までいくのに光でも、10万年かかる。→だから高等生物の進化の元となる材料(遺伝子、進化の元となる善玉ウイルスなど)を積んだ全自動の宇宙船を数万隻作る。または自己増殖型(自己コピー型)宇宙船を数隻作る。→その宇宙船を銀河系じゅうに飛ばす。→約90%は事故などで脱落するが10%はうまく行く。すなわち数千隻はうまく行くはず。→その数千隻の宇宙船が銀河系のいたる所で地球に似た星を探し回る。探すには船内のコンピュータと電波望遠鏡が活躍する。→ついに地球に似た星を見つける。→人類の住めそうな環境(温度・湿度)の場所を特定する。→宇宙船はその場所に宇宙船ごと着陸する。(着陸船とかカプセルとかの形でなくそのまま着陸する。高等生物なので、そのくらいのことはできる。→地球とほとんど同じ環境にするためにテラフォーミングする。テラフォーミングには 核爆発・植物・バクテリアなどを使う。→1000年ほどで、地球と同じ環境になる。→その1,000年の間、宇宙船のそばでは隔離ドームを宇宙船のロボットがつくり、その中で地球と同じ生態系を作る。そのために宇宙船に乗せた遺伝子や進化の元となる善玉ウイルスや栄養などの材料を使う。なお、事故が起こるとすべておしまいになってしまうのでそれを避けるために、同じ隔離ドームを数百作る。→そうして、テラフォーミンが完成し、同時に人間を含めた動植物が隔離ドームから出る。→ドームから出た生物群は増殖を重ね、同時に人間も高等生物になる。→人間は彼らの元となる宇宙船を調べ始める。→人間は宇宙船内のデータを分析し、ハイテクを学ぶ→これらのことが銀河系じゅうの地球に似た星で起こる。→やがて、彼らは宇宙旅行をする。→ところで以上はすべて過去の出来事である(正確に言うと、100万年前から現在に至る期間の出来事である。→宇宙旅行をする彼らは私たちの地球を訪れる。→これが『SFでは人間とほぼ同じ形の宇宙人が登場するけど、どうして?』の答えである。

上のまとめとだいたい同じことを別のストーリーで以下にも書きます:
すでに高度に発達した高等生物が地球に似た環境の惑星を探し、そこに人間の植民や培養をした。すなわち、その高等生物が生まれた惑星に似た星すべてをテラフォーミングして、そこにその星の生態系コロニー(培養場、養殖場、牧場、自然動物園みたいなもの)をつくり、自然進化・自然拡大させ、そのまま放置しておく。地球も、その一つで、人間もこうして進化してできた。だから宇宙人は地球人に似ている。銀河系内の高等生物が行なったかもしれないし、銀河系外の高等生物が銀河系に来て行なったかもしれない。もし、後者なら、とてつもない文明を持っているはず。なぜなら、我々の銀河系のとなりの銀河系(大小のマゼラン銀河を除く)はアンドロメダ銀河なのだが230万光年の距離にある。そんなに遠ければウラシマ効果を加味しても宇宙船の中でとてつもない世代を経なければならない。しかし、宇宙船に生態系コロニーを凍結したものを入れて銀河系に送って銀河系内の地球に似た惑星に到着したら、プログラムにより、その星をテラフォーミング(微生物を使うテラフォーミングなら時間はかかるが作業は種まきだけで済む)をさせ、環境が整ったら自動的に解凍させる。もちろん解凍の際の医学的問題は解決されている。
あるいは生態系コロニーの環境の詰まったカプセルにその生態系全部の種や卵や高等生物に進化させるウイルス(ウイルスは遺伝子を書き換える。ウイルスは進化に大きく関わっている)や発育必需物質を入れ、自動プログラムにより銀河系に到着して、地球と同じ環境の星に舞い降り、自動プログラムにより前述の微生物型テラフォーミングを行ない、次にカプセル内の生命の元が活動しはじめさせる。やがてカプセルから生命が出てコロニーを広げ、時を経て高度な文明を持った動物が生まれる。つい最近アメリカは火星に2機の火星探査ロボットを送った。遠隔操作と自己判断にもとずく行動と両方できる。自己判断にもとずく行動というのはこの場合、前に進むときに障害物が少ないルートを選んで進むというようなことである。現段階ではこのレベルだが、あと数百年もすれば、前述のロボットぐらいはできるでしょう。
皆さんは、こんなことは不可能だ、可能だとしてもうまく行く可能性が低すぎるなどと思うかもしれない。しかし、このカプセルを何千万個も送れば、かなりの銀河系内の惑星に到着させ、テレフォーミングし、培養し、進化させることができる。


Q.人類の滅亡はいつですか?
A
絶滅する原因と考えらる事項を以下のとおり記す。

1000年以内に人類滅
亡が起こる可能性
条件
1.戦争  1%  核戦争・細菌・化学兵器使用戦争は除く(※)
2.核の惨事  20%  核戦争を含む
3.飢餓  0.01% 
4.疫病   4%  細菌・化学兵器使用戦争を含む
5.温暖化  0.5%
6.冷却化  0.1%
7.巨大隕石の落下  0.00001%
8.近傍での超新星爆発  0.0000001%

※ 核戦争は次の2番に含める。細菌・化学兵器使用の戦争は4に含める。

1.戦争: 全面核戦争でない限り、戦争で人類が滅亡することはまずない。全面核戦争については次の2番で説明する。戦争は負けた方は絶滅もあり得るが、勝った方は絶滅しない。共倒れもあり得るが、世界大戦での全面核戦争でない限り人類滅亡はあり得ない。

2.核の惨事: 全面核戦争が起こると人類が滅亡する可能性はある。前世紀の冷戦で全面核戦争のおそれが現にあった。その冷戦で、もし米ソの全面核戦争が起これば多くても人類を500回滅亡できる計算になっていた。今後もこの可能性は高い。特に放射能を多く長期にわたって放つ結果となる核兵器の使用は危険度が高い。
コバルト爆弾を使われると放射能が大量に放出され、それを直接間接的に吸収した人は体内被曝で非常に危険なので、今の原爆の大きさで10発(私の推定)程度でも人類を滅亡に追いやる可能性がある。
精神的に異常の研究者の核爆発もあり得る。あるいはカルトもやりかねない。
  
3.飢餓: 飢餓は現在起きている。現在の世界人口が64億人。飢餓人口が8億人。世界人口の1/8が飢餓ということになる。富や食料は人類に均等に行き渡らないものである。幸か不幸かそれが幸いして、裕福な人は生き残る。よって、飢餓だけが原因で人類が滅亡することはまずあり得ない。

4.疫病: 国際航空の発達で、一日でウイルスは世界中に自然な形で、ばらまかれる。潜伏期間が長いウイルスは発症まで気づかれないので、それまでに世界寿はウイルスがばらまかれる。エイズの潜伏期間は平均して2から3年(人による。1年以内の人もいれば、10年以上の人もいる。)。狂牛病(これはウイルスでなく異常タンパク質)は人の場合10年ぐらい。潜伏期間の間は気づかれないので、これだけで人類の滅亡の危機が起こる。あるいはウイルスの進化のスピードも問題です。たとえばエイズなどの進化の速いウイルスはワクチンが数十日しか効かないので、ワクチンの開発が間に合わない。インフルエンザは既に特効薬ができたので、A・B型に関しては、もはや心配ない。今後心配なのは、エボラ出血熱のようにいきなり流行してワクチン開発が間に合わないうちに全世界に蔓延してしまうことだ。また、ナノテクノロジーの発達で、ナノ物質が一般化し、それを悪用するという形で、疾病が起こることも考えられる。

5.温暖化: 温室効果ガスが増えると地球は温暖化する。温室効果ガスとは二酸化炭素・メタン・フロンなど。両極の氷が溶けるので、氷は太陽熱を反射していた。しかし、その氷がなくなると太陽熱を吸収し、温暖化がさらに加速。それよりもすごいのはメタンハイドレードの気化。海底の地下や地上の永久凍土には高圧や低温で固体化していて、その環境で閉じこめられているメタンのことです。温暖化が進むとこれらが気体化する。メタンは温暖化物質なので温暖化が加速する。温暖化すると南極の氷が全部溶けるので海面が上昇し、陸が少なくなる。気温が上昇するので、熱帯性のネズミ、蚊、ダニ、細菌、ウイルスが温帯、冷帯、寒帯でも蔓延する。暑くて作物が枯れてしまう。こうして人類は滅亡する。しかし、超高温でなければシェルターを使用することにより完全滅亡は避けられるかも知らない。あるいは高緯度地域、数千メートル級の高い標高の地域は温暖化から逃れられるかもしれない。

6冷却化: 冷却化の原因は大気の温暖化物質の減少です。光合成する生物が温暖化物質の二酸化炭素を消費しすぎて起こるのが良い例です。また、地球の氷の面積が多くなって、太陽光線を反射し、地球が冷え、それがさらに、氷の面積を増やすという循環です。氷河期程度の冷却化なら、人類が実際に数回経験して、生き延びています。サハラ砂漠は現在の温帯の気候になります。だから氷河期程度では人類は大丈夫です。しかし、地球の全表面を氷で覆われるほどの冷却化(スノーボール化と呼び、現に6億年前と20億年前に起こっている)が起これば人類生存はシェルター(特に地中で生活する)でかろうじて生き延びるしか方法がありません。

7.巨大隕石の落下: 恐竜は巨大隕石で絶滅したと考えられています。恐竜は2億5千万年前の中生代の始めには虫類として発生し6千500年前の中生代の終わりに絶滅しました。古生代の始めも古生代の終わりも巨大隕石の落下が原因だといわれている。ということは約2億年は巨大隕石が落ちなかったという実績があり、現在6千5百年たっているがその間も巨大隕石が落下していないことになる。結論として生態系が滅びるほどの巨大隕石の落下は数億年に一度ということになる。

8.近傍での超新星爆発: 超新星や極超新星の爆発はたいへん稀れです。地球から遠くならば爆発が起こっても影響はありません。以下は私が複数のアプローチで出したデータなので、大筋では正しいと思っていいです。
超新星爆発について→地球の生態系が滅ぼされるほどの近傍(遠くても100光年)で起こるのは15億年に1回です。地球ができて、45億年だから15億年というオーダーは無きに等しいです。ちなみに、太陽系に一番近い恒星は4.37光年です。
極超新星爆発について→地球の生態系が滅ぼされるほどの近傍(遠くても1万光年)で起こるのは1000億億年に1回です。(宇宙ができて135億年だから皆無と言っていいでしょう)。ちなみに銀河系の直径は10万光年です。  


なぜ、宇宙船は自爆する機能がついているの?(4番目が面白いので期待してください)

1.宇宙船が航行の制御を失った場合、他の宇宙船や人口密集地に追突する前に破壊して、二次災害を避けるため。
2.船内でウイルスや細菌が汚染され、他の船や天体にも汚染されることを避ける。ただし通常はこの場合は近傍の恒星にカミカゼ突入する方法をとるので、船が操作・航行・制御を失い、かつ、緊急を要する場合に行なわれる。自爆するとかえってウイルスや細菌や有害物質を宇宙にばらまくこともあり得るが、真空・爆発時の高温・宇宙線などで、死滅・無害化することがはっきりする場合なら良い方法と言える。
3.機密の消去。大量のためまたはセキュリティーロックされているため削除不能の機密データを船ごと消去するため。証拠隠滅等、緊急に物・機械を隠蔽するためにやむを得ず船ごと破壊する場合のためもある。と言うより、このケースが一番多いのかもしれない。しかし、この場合、証拠隠滅という公表はせず、上記の理由で公表する。
4.宇宙船が乗っ取られた場合の抑止力・最後の手段。この場合はタイマー式自爆シーケンスを使う。
例: 自分の宇宙船に海賊みたいなものが来て船を乗っ取ったら、このように言ってやる→「この宇宙船はタイマー式自爆シーケンスが既にスタートしているんだ。おまえたちが、退散しない限り、10分以内にこの宇宙船は自爆する。これを解除するパスワードは私たちの一人だけが知っている。だれが知っているかは教えない。拷問しようとして私たちの任意の一人を拘束すると血圧等の変化をコンピュータがスキャンしているので、それが入力されて自爆シーケンスのスタートが早まる仕組みになっている。だから、拷問はできない。」
これはどういう意味かというと、乗っ取り犯は自分たちが死ぬのはまずいので、退散するか、拷問してパスワードを聞き出すかをしない限り自分たちも死んでしまう。だれがパスワードを知っているかを教えてもらえないので、一人も殺せない。そもそも、殺そうとするだけで、自爆が早まる。うまく騙して、だれなのか分かったとしよう。でも、パスワードを聞くために拷問しようとすると自爆が早まってしまう。だから、乗っ取り犯は自分たちも死ぬか、退散するかのどちらかしかない。タイマー式自爆シーケンスは外部の人との接触があると自動的にスタートする仕組みになっている。ところで、一人しかパスワードを知らないなら、その人が、死んだりしたらどうなるのか?乗っ取られてから死んだのなら、自分たちも退散しない限り助からない。乗っ取り犯が私たちを見捨てて退散しようものなら、「私たちは故意に血圧等の変化を起こすように振る舞って自爆を早めれるぞ、それがイヤなら私たちに緊急脱出用宇宙船に乗せろ。それだけでなく、おまえたちの船を今爆破し、おまえたちは別の緊急脱出用の宇宙船に乗れ。」と言って脅せばいい。乗っ取られてない段階で死んだのなら、他の人が知っているパスワードに切り替えるればいい(切り替えは自爆シーケンスがスタートしていなければいつでも可能)。


もし台風が増殖すれば、生物と認定されます

生物の定義を言います。生物とは以下の3つを満たせばいいのです。
a..自分の身体で自己増殖をする。
b.エネルギー変換(新陳代謝)をする。
c.自分を維持する。

台風はどうだろうか。台風はbとcは満たすがaは満たさない。惜しい。生物ではないですね。でも、台風が、もし分裂して、分裂した台風が元の台風と同じ振る舞いをし、かつ、成長して大きくなったら、また分裂するなら、完全な生物と言えます。このケーススタディーは地球以外の生物をさがすヒントとなります。
核分裂の連鎖反応はどうだろうか。ウラン235→プルトニウム型の原爆や原子炉を考えてみよう。プルトニウムの増殖をするので、aを満たす。bも満たす感じがするが、それは自己増殖の作業の際にのみ行なわれるエネルギー変換なので、どうかなって感じです。cの自分を維持するについても維持とは言っても元素そのものの維持だから、果たして、cを満たすといっていいものか?
金属の錆はどうだろうか?錆は一部が全面に広がるので、自己増殖と言えるのでaを満たしています。エネルギー変換はどうだろうか?錆は酸化物です。酸化物は錆の形成時にはエネルギー変換をするが、酸化物になれば、エネルギー変換はせずにただそのままにあるだけです。だから、bは満たさないと言えます。cはどうか?酸化物はかなり安定した状態だから、維持するとも言えます。ですから、cを満たすかもしれません。と言うことで、錆は生物ではありません。
ウイルスは生物ではありません。aについて: ウイルスは他の生物の細胞を利用して自己を複製します。よってaに該当しません。bについて: ウイルスは遺伝子を含んでいるタンパク質です。巨大分子に該当します。この分子は変化しません(複製されたウイルスは突然変異という形式で元のウイルスと異なる場合がある。これはウイルスの進化ということになる。)。よってbにも該当しません。cについて: 物質なので、維持はしません。傷ができても、そのままです。よってこれにも該当しません。



地球以外の太陽系内の生物の可能性
・ガス惑星(木星・土星・天王星・海王星)に生物がいる。
・地球型惑星(ガス惑星以外の惑星)に生物がいる。
・惑星の衛星に生物がいる。
・小惑星に生物がいる。

ガス惑星に生物がいる。
ガス惑星は中心部は数百万気圧、数万度Kです。しかし、大気圏すれすれのところはゼロ気圧、マイナス100℃です。ということは生物が生きられる高度があるはずです。どういうことかというと生物はアミノ酸を主体として存在しているのだが、そのアミノ酸が破壊・凍結しない高度・環境ならば生物が存在できる可能性が出てくるわけです。もし、1気圧ならば30℃ぐらいが生物が存在できる環境です。もし、100気圧ならば1000℃ぐらいで生物が存在できるでしょう(この文の内容は確かめていないので必ずしも正しいとは言えません。参考程度にしてください。)。水素、ヘリウム、水、二酸化炭素、メタンがおもな物質です。

前者は高い気圧の星での生物の存在の可能性についての話でした。こんどは、低い気圧の星について。
低い気圧の星というのは木星の衛星のガニメデやタイタンやエウロパです。タイタンの大気はほとんどが窒素です。窒素がほとんどと言うことは地球と似ている。地球の大気の窒素は生物でできた。だから、タイタンも大昔、生物がいた可能性がある。窒素が大部分の惑星はなぜ生物がいたという理由になるか?窒素以外の大気が固体や液体になったからです。たとえば、二酸化炭素は植物によって酸素という気体と炭素の化合物(有機物)という固体を作ります。植物は窒素を栄養素として使いますが、大部分の植物は窒素を根から取り、大気からはとりません。このような理由で、生物特に植物がいる、または、いた星は窒素の割合が高くなります。ちなみにほとんど窒素だけとなると、植物は大気から栄養がとれなくなるので、絶滅します。でも、動物など窒素以外の気体を放出する生命が繁殖するならば、フィードバックによる安定となり、絶滅はせず、安定的存続ができます。

太陽系内で生物がいる可能性のある天体。
地球: 確率100%→理由: 言うまでもない
火星: 確率80%→理由: 過去に水が存在した。気温は−120℃〜20℃
木星の衛星エウロパ: 確率80%→理由: 表面100kmの氷で覆われている。潮汐現象(地球でいう潮の満ち引き)による摩擦熱のため深い部分は火山活動があるかもしれない。ならば、深い部分は水になっている。水があるので生物がいる可能性が高い。地球の新開も同様な現象が起きている。すなわち、深海の火山活動している部分の周りで生態系ができあがっている。この場合無酸素で代謝をしている。

●あなたのクローンを30世紀に作ってもらえる方法
何度も言っていますが、ココは真面目な科学的な内容です。決して、オカルトや精神世界の分野ではありません。さて、続けましょう。
Q
自分のクローン人間を何百年も後に作ってもらえる方法はありますか?

A
はい、あります。まず、アメリカに行って遺伝子銀行に自分の遺伝子を保管してもらってください。できるだけ多くの遺伝子銀行に保管して貰うといいでしょう。有料の場合もあるし、ノーベル賞クラスの人やオリンピックの金メダルを貰った人など人によっては対価をもらえます。
Q
それだけでいんですか?
A
はい、あなたのやることはそれだけです。ほっておくだけで、未来になれば、あなたのクローンを作って貰えるでしょう。
どうしてですか?
未来になると、人間が弱くなるからです。
・機械化・コンピュータ化で人は寝ているだけで生きていられるようになってしまい、運動をしなくなるから。
・赤ん坊は生まれてから10年間ぐらいの間に何回も予防接種します。だから、本来からだが弱くて死んでしまう人さえも生きられるようになるので、弱い遺伝子が受け継がれる可能性が高くなります。
また、農薬・添加物入りの食品、遺伝子組み換え食品の摂取で身体が弱くなって退化します。
交通の発達・機械化・コンピュータ化で身体を動かさなくなることも退化の原因でしょう。
このような理由で究極的には人類は退化します。そうなると退化していなかった時代の遺伝子が必要になり、先ほどの遺伝子の使用となるわけです。

●今の人類が滅んでも、新しい人類は今の科学技術の記述のある書物を発掘する。
Q
核戦争とか、巨大隕石の衝突とかで、今の人類が滅んでも、次に生まれてくる人類は今の人類の書物を発掘しますね。電気の技術とか機械の技術とかの書物を発掘して、解読すれば今の文明はすぐに生まれますね。
A
核戦争や巨大隕石の地球衝突や地球全球凍結では人類だけが滅びるわけではありません。程度にもよりますが、良くてもほ乳類野鳥類は全滅します。ですから、は虫類や魚類や昆虫までは生き残れると言えましょう。ただし、海中のほ乳類は生き残れるかもしれません。
さて、ここから新しい人類への進化が始まるのですが、それはどのくらい前の時代に戻るのかということを考えてみましょう。
恐竜が滅びたのが、巨大隕石の衝突という説が有力です。恐竜の絶滅ではネズミは生き残ったようです。それは中生代の終わりの時点です。次の時代は新生代です。新生代は6500万年前からです。オランウータンから人に進化したのが1500万年前。ここから現代まで、1500万年かかると言うことです。
説明をまとめます。今 人類が恐竜絶滅と同じ巨大隕石で絶滅すると、今の人類まで、進化するのに6500万年かかると言うことです。
新しい人類は科学技術の書物よりは自動車や自転車やめがねを発掘し利用しはじめるでしょう。道具を使うと人類はどんどん文明が発達します。だから、今の人類の発達よりも技術の進歩は早いでしょう。早いと言っても、この6500万年の末期に人類が登場したので、今の科学技術と同じレベルに発達するのもほぼ同じく6500万年かかるでしょう。

●■
Copyright 1998-2005 homepage3.nifty.com/super-portal. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.